こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

現実逃避からの脱却には?

高校1年の子供はネットゲームにのめり込み一分一秒も惜しんで毎日ゲームをしています。
中学時代もゲームはやっていましたが、高校に入ってネットゲームをやり始めてから、ゲームに異常に執着するようになってしまい、親の制止も忠告も聞き入れません。先日も(休日)、徹夜だけは体を壊すからするな、と言ってあったのに21時間近く連続でやり続けました。
高校は出たいと思っているようですが、行ったり行かなかったりで留年が迫ってきているのですが、今はゲームのこと以外頭にないようです。
自業自得とはいえ、成績も悪く友人もいない。
興味を他に分散させようにも本人にその気がない。
ゲーム依存の点以外にもADHD(ADD)に当てはまる項目が多く、現実逃避なのか病気なのか、ただの怠惰なのか判断できません。
ゲーム依存から立ち直った方、ADHDに詳しい方、怠惰な性格の治し方をご存知の方、アドバイスください。

投稿日時 - 2003-11-08 15:22:54

QNo.700366

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

息子さんがゲームだけにのめりこみ、学校にもあまり行かない、ということで親御さんとしては、とても気を揉んでおられると思います。このようなご家族の問題は、なかなか外部の人に相談もしづらく、途方に暮れてしまうことも多いんですよね。ネット上での相談で本質的な解決が出来ると僕は考えていませんが、胸に溜まったものを吐き出すことができたこと、文章に著すことで問題がいくらか整理できたことは、良かったのではないでしょうか?

さて、下で何人かの方が答えておられるようですが、パソコンを取り上げたり、ゲーム機を取り上げれば済む問題ではないように思います。アルバイトもできるなら問題はないですが、質問文を拝読した感じだと、少々、早いかな、という印象を受けました。というのも、現象としては、ゲームへの依存として現れていますが、根本的な問題は別のところにあるように思うからです。ゲームを止めさせれば良い、というわけではありませんよね?

もしADHDの症状があるように思われるのであれば、とにかくまず専門の医師に相談されるべきです。ADHDはれっきとした病気です。

ADHDの子は、知的能力が低いわけではありませんが、とかく学校的な学習場面は苦手で、「落ちこぼれ」と呼ばれがちです。落ちこぼれと周囲に見られていると、自分でもそうだと思うだろうし、当然のことながら、自己を肯定する感覚は低くなるでしょう(心理学では「ラベリング効果」と呼びます)。そのような子どもたちが、自分を落ちこぼれだと思ったまま、社会からドロップアウトする現象として、例えば非行であったり、最近話題のひきこもりであったりするようです。そして、fpcvさんのお子さんの場合は、どちらかと言えば、後者であるかも知れません。ADHDは、ある人の人生において、重要な意味を持ちますが、決定的ではありません。ADHDであることで、差別された人が、とある国立大の大学院で頑張ってらっしゃるという話を聴いたことがあります。障害を持った人の成育については、乙竹さんの話ではありませんが、環境の調整が大事である場合、とりわけ親御さんの意識改革が必要な場合が多いようです。

しかし、ADHDでない場合でも、今のままの生活を続けると、お子さんの体にも良くないし、お子さんが家でゲームばかりしている姿を見せ付けられる親御さんとしてもストレスでどうにかなってしまうかもしれませんね。前にも書きましたが、最近話題の「社会的ひきこもり」であるかも知れません。これも専門の相談機関(精神科や心療内科の医師や自治体の相談窓口)に相談なさるべきです。fpcvさんがお母様であるか、お父様であるか、僕には判断がつきませんが、このように心配してくれる家族がいらっしゃることは、お子さんにとって幸せなことだと思います。お子さんが会話に応じなくても、家族の間ではしっかり話し合って、協力体制を作り、お子さんその人をしっかり見ながら、臨機応変にコミュニケーションを展開されるといいかと思います。その際には、white-ledさんがNo.3で回答されているようなアナログなゲームも効果的かもしれません。

あまり悲観的にならずに、例えば、今日は少し前向きな話ができたからよしとする、くらいの気持ちで臨めばいいのではないでしょうか? 30代、40代になっても、部屋から出られない、ということで苦しんでらっしゃる方も、大勢、いらっしゃいます。大事なのは、お子さんは、単に「怠惰」で、そうなっているのではないかも知れない、という視点を常に持っていることです。

あまり、焦って、お子さんに辛くあたったり、御自分を責めたりなさらないでください。自分を大切にできない親では、子どもも大切にできません。親に大切にされた記憶がなければ、子どもは自分を大切にできません。もしかしたら、お子さんは、友達から、社会から、家族から、現実から、身を引き剥がし、自分をいじめているのかもしれません。自分を大切にすることを教えられるのは、やっぱり親御さんでしょう。まだ、大丈夫ですよ。まだ、お子さんからシグナルは消えてません。ご自身を育てなおすつもりで、お子さんにも接してあげてください。ゆらぎを失った人間に魅力はありません。親もゆらぎつづける一個の人間であるはずです。前世紀に生まれた発達心理学は、人間は生涯発達しつづけることを教えています。

投稿日時 - 2003-11-09 16:51:45

補足

iumeさんは教育学系の大学生とか。
先生になられる気はないのですか?
あなたのような方が学校の先生なら、悩める保護者や子供達の良き相談相手になれるのに・・・。

ゲーム依存から立ち直った方からのアドバイスは頂けないようなので、取り合えず締め切り、改めて「質問」してみます。また宜しくお願いします。

投稿日時 - 2003-11-12 19:27:34

お礼

ご丁寧なご回答有難うございます。
また、私共の精神面までお気遣い頂き感謝します。
気に掛かっているADHD等について精神科に相談するつもりでいますが、病院かクリニックか何処に行くか思案中です。思い通りにならないとすぐキレて暴れるので前頭葉の未発達かとも思いますので脳の検査ができる所に連れて行きたいと思っています。
病気ではないか?と心配する私共に、「自分達の子育ての失敗を病気のせいにしたいのだろう。病名がつけば自分達の気が楽になるからだろう。」と言われた方がいます。どこの世に自分の子供が「病気」だと診断されて嬉しい親がいるというのでしょう。
もし「病気」なら一刻も早く、少しでも良くなるように治したいと思っているだけです。
「病気」でないなら、原因を見つけて(それが親の関わり方の失敗かもしれません)カウンセリングを受けながら親子関係を修復していかなければいけないと思っています。お互いに幸せな日々を送る為に。

そしてもうひとつ、もし「怠惰」で、依存症とまでいかなくてもネットゲームに依存しているのなら抜け出す方法はあるでしょうか。立ち直った方のアドバイスがいただけないのが残念です。

投稿日時 - 2003-11-10 23:23:49

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

苦労しておられるようで・・。
下手すると、一家離散になるかもしれませんね。

防ぐ方法は、一家団欒(団らん)の環境を
整えるしかありません。
fpcvさん、一度、トランプやオセロ、
将棋で、子供と対戦してみてください。
オセロならすぐにルールが理解できるはずですし、
夢中になるはずです。
あ!ダーツ投げも良いと思いますよ!!
単純かつ面白いですから。

ともかく、子供さんの頭から、"ネットゲーム"を
離れさせることです。
ハイキングもよし、小旅行もよし、
父(母)とのトランプなどのゲーム対戦をしても
いいでしょう。
ご参考までに。

投稿日時 - 2003-11-08 18:14:59

お礼

ご回答有難うございます。
中学までは、親とイヤイヤながらも出掛けたり将棋などもしましたが、高校生になってからはしません・・というより、ネットゲームが忙しくてする時間が無いし、したくも無い、といった感じです。

投稿日時 - 2003-11-10 22:06:40

ANo.1

こんにちは。
高校一年生ということなのでアルバイトをさせてみては
いかがでしょうか。
最初はあなたの知り合いの紹介からでもいいですし
一番いいのは高校生くらいが多いところが
いいと思います。友達もできるかもしれません。
人との付き合い方も勉強になるでしょう。
留年が迫り、学校にも行かなくなり友達も少ないというのは
一番友達を作らなきゃいけない大切な時間を損してると思います。
知り合いの小学生の家庭教師とかでもいいので
自分がやりがいのあることを見つけさせるのも
いいと思います。
ただのアドバイスですので、
受け流してくださって結構です。

投稿日時 - 2003-11-08 15:50:02

お礼

ご回答有難うございます。
アルバイトも勧めてみましたが、残念ながら働く気はありません。そんな時間があったら一分でもネットゲームをやっていたい、と言う事です。
欲しい物でもあればお金が必要になるので、バイトをやる気になるかもしれませんが、ゲームをやる時間だけが欲しいようです。
思春期は悩みも多いですが、掛け替えのない友を得る事ができる時期でもあるのに・・・早くそれに気づいて欲しいと思っています。

投稿日時 - 2003-11-10 21:57:54

あなたにオススメの質問