こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

歴史が苦手

歴史が超苦手です。
今は授業で江戸時代をやっています。

江戸時代の前も含めて、何か覚えやすい方法はありますか?

投稿日時 - 2011-09-09 23:17:57

QNo.7000654

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは中2です。
僕も以前歴史は得意分野ではなかったのですが、あることを継続しているため、印では歴史のテストも常に95点以上をキープしています。

マンガを読むことは好きですよね。歴史が苦手…では、図書館などに行って歴史について書いてあるマンガの本を借りて読んでみてはいかがでしょうか?週に1~2つの時代を読んでいくペースぐらいのゆっくりさでかまわないと思います。そして、興味の持った人物のは、それもマンガを探して読んでいく。それで、その後が肝心です。

1つの時代のマンガを読み終わりました。そしたら、最初はおっくうかもしれませんが、歴史の教科書を読んでみてください。今まで理解できなかったところが、少しだけでも理解できるようになっていると思います。そして、教科書の内容をしっかりマンガを使って理解したら、学校で渡されたワークなり、買った問題集などで、実力を試してみてください。今までできなかった問題が多くとけるようになっていて、きっと歴史が好きになるでしょう^-^

あとは、この習慣を身につけていき、歴史が好きになったら、参考書なんかも買ってみるといいと思います。歴史の世界が、ぐっと広がるでしょう。

江戸時代の勉強と言うことは、あなたもおそらく中2ではないでしょうか?いずれにせよ、受験まで、まだ時間もありますし、あせらずゆっくり進めていってください。そして無理はしないように。自分のペースでゆっくりと。

では、頑張ってください。

投稿日時 - 2011-09-10 09:52:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

 どんな勉強でも興味が持てないものは頭に入ってこないものです。「歴史」のような、一見年号と出来事を詰め込むような教科はなおさらそうだと思います。

 まずは歴史についてイメージを持つことが大切だと思います。例えばワンピースという漫画がありますよね。あれが実際にあった出来事ならば「歴史」になります。ワンピースを読んでいる時に○○年にルフィが産まれて○○年にチョッパーが仲間になって・・・、という「覚え方」はしませんよね。自然に大まかにストーリーが頭に入っていると思います。

 実は歴史も一緒なんですね。自然と大まかなストーリーが頭に入れば苦手意識も克服できると思いますよ。まずは学研の漫画『日本の歴史』などで「勉強」としてではなく、1つのストーリーだと思って親しんでみてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2011-09-10 09:51:24

補足

ワンピースのマンガを読めば歴史がよく分かるようになると言うことですか?

投稿日時 - 2011-09-10 10:17:38

ANo.2

覚えるだけなら、読み込み作業を繰り返せばよいですね。
時間さえ掛ければ、覚えられます。
今日勉強したところを明日も勉強する。
明日の勉強は、今日勉強したところをやってから
進む。
明後日は、今日と明日のを読んでから、やる
という具合に繰り返せば覚えると思います。

一番楽なのは歴史を好きになることです。
宮本武蔵とか、新撰組とか、興味がある
事件、人物はいませんか?

もし有ったら、それをきっかけに好きに
なれますよ。

江戸時代なら八代将軍吉宗が、何故将軍になれたのか。
どうしてああ都合良く、立て続けにライバルが死んだのか、
など考えると面白くなると思いますが。
ま、こんなことは教科書には出てこないとは思いますけど。

投稿日時 - 2011-09-10 07:23:47

ANo.1

 こんばんは、質問者様は高校生ですか?。自己紹介欄を拝見して、機械いじりが好きとのことですので、機械と機械の構造に例を求めて話してみます。
(1)ある機械が故障した
(2)その原因を調べるために分解して中を覗いてみた
(3)するとそこに様々な基盤が並んでいてどれが原因かはわからない

 この様なときに質問者様はどの様な手段で機械を元の様に動く形に直しますか?。
(A)メーカーに連絡し状況を伝え修理を頼む
(B)メーカーに連絡し状況を伝えるが、その際に必要な器具と部品を尋ね、また同時に資料を提供して貰う
このうち(A)は全てを丸投げして答だけ求めるやり方、(B)は材料をアドバイスに従い、資料や材料を集めてその順序に従って対処する方法、です。
 歴史の勉強(といっても高校生の受験レベルの対処の仕方)ですが、「なぜ~なのか」と問うことが大切です。
例えば江戸時代の三大改革がありますね。享保・寛政・天保それぞれの改革ですが、それぞれの前後にも重要な事項があります。例えば生類憐の令に見られる綱吉の政策とその後の新井白石による正徳の治及び享保の改革に継承された政策、といったように「Aという事象が成立したのはなぜか」などと憶えるのではなく「考える」ことによって理解する姿勢を持つことが大切です。
 この様に「原因と結果」「Bという政策が出されたのはAという政策に不足点があり、それにより様々なトラブルがもたらされた」と一つ前と一つ後の問題を一つのグループとして纏めて考えれば理解しやすいでしょう。
 高校の教科書は僕らから見れば分厚い割には本質的なことがぼかして書かれていない不満もあります。手っ取り早く原始古代から戦後史までの流れと基本的事項を押さえるならば、NHK高校講座の「日本史」テキストを何度か読み返し興味のある時代に出会ったならば、中央公論社の『日本の歴史』や岩波新書から出ている『日本の歴史(全三巻)』などを紐解いても良いでしょう。
 憶えるのではなく理解することが大切です。

投稿日時 - 2011-09-10 00:43:51

補足

中学生です。
中学校の歴史が難しいです。

投稿日時 - 2011-09-10 09:13:37

あなたにオススメの質問