こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

株投資家 一年生

株投資家 一年生です。株投資について前から興味がありまして今年5月から投資を始めました。

近所の本屋で株入門を購入し勉強して

株は実践だ!と友人に言われ実践につぐ実践で結果は文無しになりました。このままじゃ悔しいのでまた勉強してお金をためて再度、挑戦したいのです。

そこで、教えてほしいことがあるのですが、
(1)株式S高/S安とはどういう意味ですか?
 それにこのS高/S安を投資家さんたちは、どのように参考にして投資タイミングを計るのでしょうか?

(2)株式新高値/新安値とはどういう意味ですか?
 それにこの株式新高値/新安値を投資家さんたちは、どのように参考にして投資タイミングを計るのでしょうか?

投稿日時 - 2011-09-04 20:52:57

QNo.6989522

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ご質問の答えはすでに出ています。
その答えにある通りS高/安や年初来高値や安値の株には手を出さない方がいいです。

>実践につぐ実践で結果は文無しになりました

これは短期で買い売りをしたのですか?また文無しになったとは信用売買もしたのでしょうか?
現物買い/売りだけなら文無しになることは倒産でもない限りありえないはずですが?

>このままじゃ悔しいのでまた勉強してお金をためて再度、挑戦したいのです。

株投資には大きく二通りのやりかがあります。
1)中長期投資で銘柄に投資し値上がりをじっくり待つ
2)短期売買で利益を出していく

今の時代は1)が望ましいと考えますが2)をやりたいというのであれば
信用取る引きもできるようにして値下がりでも利益をだす(いわゆるカラ売り)ようにしておくことが
望ましいでしょう。
また2)で絶対必要なことは「損切り」をできるようになっておくことです。
これができるようになれば一流です。
今回文無しになったということですが、損切をした結果が文無しになったのですか?
損切りとはたとえば10%ダウンしたら損切をすると決めてそれを心を鬼にして実行することです。
普通はこの逆で落ちてくるともうそろそろ反転するだろうと期待して持ってしまうのです。

これが文無しになる元です。
株価が落ちるときに「半値、八掛け、2割引き」(半値まで落ちてもう底だろうと思うとさらにそこから8掛けまで落ちて
もう底だろうと思うとそこからさらに2割下がるという意味)は誇張でもなんでもなく本当です。
高値つかみをするとこうなります。

疑問があればさらにお聞きください。

投稿日時 - 2011-09-05 19:02:15

お礼

この度は、ご回答ありがとうございました。

まさしく私は、損切りで失敗しました。

この損切りは、頭では、分かっいても、気持ちがついていけい典型的な理由で文無しになりました。

信用取引については、やっておりません。

まだまだこれからです。またよろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-09-19 20:30:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

<株は実践だ!と友人に言われ実践につぐ実践で結果は文無しになりました

友達というのは他人ですよ 命の次に大切なお金を他人のたわごとで行動する
行為事態間違っていますよ,ご質問の事は株の教本とかに必ず書かれています。
一度も見たことがないというのは勉強されていないということです

(1)株式S高/S安とはどういう意味ですか?
何かの材料が出たときに買いが集中し気配値だけで株価が上昇していきますから
押し目には買いがどんどん入ってきますので冷静にさせる為一日の値幅が価格により
決められています,海外では決められていないのですからブラックマンディのような
大暴落が一日で起こります。

(2)株式新高値/新安値とはどういう意味ですか?
ある期間に対して例えば1年なら年初来高値とか年初来安値になります
テクニカル分析の指標の1つになりえる数値ですので注目銘柄として新聞
などに掲載されます。

投稿日時 - 2011-09-05 10:33:39

ANo.1

(1)日本では、前日の終値より一定以上離れた額では株式を取引することができません。そして、この限界まで値上がりすることをS高、値下がりすることをS安と言います。S高/S安は、何かしらのニュースが原因となって起きていることがほとんどですが、基本的にはS高/S安の時は情報量の少ない個人投資家に特に不利なので、その銘柄には手を出さないようにしています。

(2)一定の期間中で、一番高い/安い株価を更新したときに、その値段を新高値/新安値といいます。例えば、「上場来新高値」といえば、上場してからこれまでで最高の株価をつけた時の値段を指します。これも、情報量の少ない個人投資家には特に不利なので、その銘柄には手を出さないようにしています。

投稿日時 - 2011-09-05 01:01:18

あなたにオススメの質問