こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

投資と資本の相殺消去

連結について勉強しています。少し理解があやふやなのでご教示の程、よろしくお願いします。

投資と資本の相殺消去と言うものは、親会社が子会社株式を買い取った際の払いだ額を子会社の資本に当てると思うのですが、連結した場合(のれんは考慮しないでおきます)親会社の払い込んだお金が子会社の資本として戻ってくると同時に、対応する子会社株式も無くなると言う意味で、相殺するんでしょうか?
ただの内部の取引になるので、出したものが元に戻っただけと捉えると、とても楽に理解できるのですが、この場合、子会社株式の存在は連結に記載しなくていいということなんでしょうか?
子会社株式を持っていることは、個別貸借対照表の方に記載するだけといった感じですか?

間違っていたら、申し訳ないです。

投稿日時 - 2011-08-31 14:35:24

QNo.6979963

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

理解はあってると思いますよ。

そもそも連結って親子会社を一つの会社としてみたらどうなるかって話ですから。

連結で子会社株式が無くなるのはそもそも親子で一つの会社ですもん。
支店に出資してるとか、支店株式なんてないですもんね。

投稿日時 - 2011-09-02 13:14:18

お礼

回答ありがとうございます。
とてもすっきりしました。

投稿日時 - 2011-09-04 15:58:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問