こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ダイオード終端の応用???

いつもお世話になります。

ある信号ラインの振幅が±15Vあります。
これを+15Vは5Vへ、-15Vは0V(GND)に変換して次段のデジタル回路に渡そうと考えています。
その際、ダイオード終端の回路構成にして+5V以上はダイオードを通してカソードが繋がる+5Vへ
-15Vはダイオードを通してアノードへ繋がるGNDへ逃がしたら?と考えました。

この回路構成でうまくいくものでしょうか?
心配な点は、
(1)ダイオードの順電圧分+5V+α、0V-αになるとおもわれるので、どの様な特性のダイオードを
  選んだらよいのか?
(2)+15Vを+5Vへ、-15Vを0Vへダイオードを通して接続して良いものなのか?
(3)もっと良い方法があるのではないのか?
といった点です。

どなたかアドバイスをお願いします。

以上

投稿日時 - 2011-08-30 11:45:40

QNo.6977381

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ショットキーダイオードでOKです。
エミッタフォロアを入力段に付けるなら、普通のシリコンダイオードでもかまいません。

投稿日時 - 2011-08-30 18:48:10

お礼

お忙しい中お付き合い下さいましてありがとうございました。
とても助かり感謝しております。

また機会がありましたご指導の程よろしくお願い致します。

以上

投稿日時 - 2011-08-30 19:31:27

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

通常のデジタルICなら大丈夫でしょう。
ただ、C-MOS ICの場合、マイナス電圧には厳格なものがあるので注意が必要です。
その場合は、5Vを電源としたエミッタフォロアを1段入れると万全です。

投稿日時 - 2011-08-30 13:23:07

お礼

イメージが湧いてきました。

話が戻ってしまい済みません。
ダイオードは順電圧が小さいショットキーを選ぶと言うことで考え方はあっていますでしょうか?
選定に関して見極めのスペック等があれば教えていただければと思います。

何度もすみません。
よろしくお願い致します。

以上

投稿日時 - 2011-08-30 16:27:11

ANo.1

接続した後ろの入力方式によります。
+5Vよりいくら高くても破損しないのか、0よりいくら低くても破損しないかによります。
余裕が0なら、保護回路が必要です。

投稿日時 - 2011-08-30 12:39:11

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
次段は通常のデジタルICですので、+5V+α(少し)、0V-α(少し)となりますので、ダイオード方式であれば順電圧を小さくショットキーあたりをと考えていました。
この考えは合っていますでしょうか?

ちなみに保護回路とは具体的にどの様な感じでしょうか???

ご指導下さい。

以上

投稿日時 - 2011-08-30 13:02:45

あなたにオススメの質問