こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

島田紳助と暴力団 芸能界引退の真意

島田は十数年前ヤーさんに助けてもらった事があり、それをきっかけに付き合いが始まったとのことですが、それだけで引退というのも不可思議な話です。島田は、なぜ引退せねばならないのでしょうか。

投稿日時 - 2011-08-30 02:39:32

QNo.6976885

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>島田は、なぜ引退せねばならないのでしょうか。

これには、吉本興業創業時からの暴力団との癒着問題があります。
ご存知か否か分かりませんが、吉本興業は「吉本泰三・せい夫婦が、大阪天満天神に興行小屋」を設けた事から始まります。
山口組2代目・山口登の時代、山口組は吉本興業の用心棒をしていました。

ところが、吉本夫婦が死去すると「せいの実弟である林正之助・弘高」が経営権を握ります。
つまり、吉本興業とは名ばかりの林興行なんですね。
林一族は、当時日本の裏社会を牛耳っていた山口組3代目と共同して興行を行います。
当時の関西では、松竹が天下を握っていました。
新規参入である吉本興業は、正攻法では松竹攻略が出来なかった訳です。
芸人の引抜でも、双方が抗争を繰り広げています。
昭和43年の兵庫県警「山口組壊滅作戦」には、「吉本興業摘発」という資料が14ページにも渡って載っています。
それによると、林正之助は山口組とはじっこんの間柄で「正之助は、山口組準構成員」となっていますよ。
昭和43年の西宮市マーキュリー事件では、林正之助が恐喝容疑で逮捕され吉本興業本社が家宅捜索を受けています。
「わし(正之助)が田岡親分(山口組3代目)に電話したら、300人もの兵隊が来て血の雨が降るぞ!」
当時1000万円程度の土地を、たった200万円で獲得しました。
(正之助は、吉本興業の株4080株を、田岡組長未亡人に謝礼として渡しています)
この林正之助と親密な関係があったのが、島田紳助なのです。
吉本興業の実力者に気にいられていましたから、色々と裏の世界との関係も引き継いだのでしようね。

2009年頃。
吉本興業経営陣と林家が「経営権をめぐって、血みどろの争いを始めます。
経営の近代化を目指す吉本経営陣VS吉本興業のオーナーでありたい林一族の戦いですね。
吉本興業側についた芸人は中田カフス。同年、堺筋で暴力団から拳銃銃撃を受けます。

話は変わりますが・・・。
島田紳助が「問題解決を、暴力団に依頼した」問題。
実は、山口組5代目組長渡辺芳則組長の代にも同じ事件がありました。
当時の吉本興業会長林裕章のスキャンダルをもみ消す目的で、林一族が動きました。
「事件は、繰返す」のです。

島田紳助との契約抹消。
近代的経営を目指したい吉本興業経営陣の意思表示でしようね。
浅草・難波千日前は、江戸時代は刑場・墓場であり穢民・非人と差別された方が多く住んでいた地域ですよね。
この地域には、多くの芸人が存在していました。芸人!と言う職業、身分差別の対象だったのです。
今では、誰もそんな事は思いませんよね。
吉本興業としても、近代化を図り一部上場企業としての道を模索し始めたのです。

投稿日時 - 2011-08-30 15:29:30

お礼

ご回答ありがとうございます。山口組と吉本興業の歴史的因果関係はよく分かりました。吉本側が山口組にピリピリするのもうなずけます。しかし、暴力団は法的に差別的な扱いを受けてはおりますが、その暴対法によって逆に組織の存在自体は禁止されていませんので、違法ではない、つまりは合法的な団体であります。合法的な団体の者とメールをしたところで、非難される筋合いのものではないように思われますが、もしかすると暴対法にある禁止事項である金銭的やり取りが行われており、それが自他共に暗黙の了解であったとすれば、バレるまえに処分するのも致し方ないようには思います。島田も極心連合も、共にビッグネームでありますから、静かなる着陸ができるかどうかは、警察がつかんでいる時効になっていない部分の証拠次第ということでしょうね。

投稿日時 - 2011-08-31 05:15:49

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

いち視聴者からの意見を申します。
なぜ、引退せねばならなかったか。
それは、観るほうも、出演(島田)するほうも、「飽き飽き」していたからではないでしょうか。
正直、何十年も、島田やさんまの同じようなトークを聞かされるのは耐え切れませんでした。
品がなくワンパターンで、飽きてしまったのです。
製作側も、何の努力もしないで(実際に、立案は島田やさんまにまかせています)、島田やさんまを使っていれば、そこそこ視聴率が取れると考えていたのでしょう。

世間では、ヤーさん事件によって、引退したようなことが言われていますが、本人は上岡龍太郎のように、引退する時期を模索していたに違いありません(実際、過去に上岡さんのように引退したいと言っていました)。
したがって、ヤーさん事件がきっかけになっただけのことです。
働かなくても、もう十分すぎる預貯金があるのですから、あとは悠々自適の生活を送りたいだけなのです。
そして本人もまた、現在の状況(環境)に飽き飽きしていたのです。

投稿日時 - 2011-09-01 09:37:16

お礼

ご回答ありがとうございます。見る側の立場からすると、島田のMCは、かなり面倒臭いですね。骨董品や法律など着目点は良いのですが、島田である必要性など微塵も感じられません。逆に島田に気を使ってか法律番組での弁護士の法に対する一貫性もありませんし、MC人事を代えた方が、より面白いものになるものと思います。惜しまれてやめた上岡龍太郎とは、比較にならないダメ芸人でしょう。島田作詞の曲のクオリティーの低さも、彼の知能指数をよく表わしています。

投稿日時 - 2011-09-01 22:40:49

ANo.7

元々警察がリークしたものでしょう?
そこがそもそもおかしな処ですよ
余計なことはせずに、一気に畳み込めばいいのではないかと思うんですが
どの事件もそうですが、影響力のあるデカい会社などの組織が絡んでる件に関しては、両者間やその他の様々な方面での駆け引きのようなものがあるのではないでしょうか?

投稿日時 - 2011-08-31 19:02:31

お礼

ご回答ありがとうございます。本当に警察がこの件に一口加わっていたとしたら、法の精神に反していますね。違法行為があったのであれば正式な取調べを、違法性がなければ守秘義務をもって、いらぬ騒ぎ起こすべきではありません、と私は思います。

投稿日時 - 2011-08-31 21:56:05

ANo.5

 吉本興業が言葉巧みに本人から辞めるように仕向けたと私は思っています。引退会見以降、吉本の動きから考えて、とにかく切り離したかったのではと。これ幸いに引退へ。 本人は問題が無いと考えて居たぐらいです。はいそうですかと納得しては居ないでしょう。吉本興業への評判が悪くなり経営が悪くなると当然後輩達にも迷惑がかかるとでも言われたのでしょうね。さすがにそこまで言われたら仕方が無いと思うでしょうから。
 終わってから、吉本興業から島田紳助さんに対して、助けられなかった、守れなかったなどのフォローするような声が見えません。むしろ事務的に清清した感じですからね。普段から嫌いだとかの苦情も多かったのかな。

 吉本興業として島田紳助を切り離したかった、本人も辞める時期を探っていた。多くの番組に出ているけど単価自体が安かった?

 多くの売れない芸能人や目立たない芸能人達が大変でしょうね。もしかして、この人達の人員整理もかねている?

投稿日時 - 2011-08-30 13:57:22

お礼

ご回答ありがとうございます。島田の単価は安くありませんし、メインで番組を持ち続けることは、不利にはたらくことなどないように思います。あせっていたのは、やはり吉本興業なのでしょう。興行といえば山口組。吉本にとっては島田の代わりはいくらでもいるのでしょう。

投稿日時 - 2011-08-31 04:38:46

ANo.4

私の予想では、数年後に政界進出。

投稿日時 - 2011-08-30 11:31:06

お礼

ご回答ありがとうございます。その可能性は今回の件で、0パーセントになったように思います。いったん復帰をしてからでないと無理ですよ。女のケツか何かを触って辞職した府知事もいますから。

投稿日時 - 2011-08-31 04:14:30

ANo.3

伸介が、その道のプロフェッショナルで動くのに芸能活動が邪魔になったのでしょう。

細木数子もそんな感じだったでしょ

引退してもそれ以上の収益があるのでしょ

芸能活動自体がすでに副業になっていて本業は別にあるので副業を辞めただけです。

そのほうが変に探られるよりいいと判断したのでしょう。

投稿日時 - 2011-08-30 10:25:47

お礼

ご回答ありがとうございます。細木数子が誰なのかが、よくわかりませんし、島田紳助という名も、この珍事で初めて知った次第です。ご協力に感謝いたします。

投稿日時 - 2011-08-31 04:07:44

ANo.2

スケープゴートです

投稿日時 - 2011-08-30 09:00:55

お礼

ご回答ありがとうございます。そんな感じではありますが、自分で自分の首を持って行くような節があります。島田が言う自分なりの美学って何なのでしょうね。

投稿日時 - 2011-08-31 03:58:50

ANo.1

今回は会社から島田側に引退を申し込んだのではなく、
 島田側から会社に引退を申し込み受理されました

尚これに関してやしきたかじんがTVにて興味深い発言をしています
 番組の冒頭でコラムニスト・勝谷誠彦さん(50)とすり合わせた情報がほぼ一致したとし、「一致した見解を話すと、炎上してドッカーンとなってムチャクチャになるのは間違いない」と問題の根深さをにおわせた。

 吉本興業所属の勝谷さんも「僕とたかじんさんが南の青い海に浮いてしまう」と苦笑い。
その上で「(渡辺二郎被告との)メールが出てきた時期が、ある所にガサが入っていろいろブツが出てきた時期に一致する。
しかしえげつないリークしますね、大阪府警も」と話した。
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110829-OHT1T00051.htm

 詳しく話すと山口組に消されますので話せないのでしょう・・・

投稿日時 - 2011-08-30 03:21:20

お礼

ご回答ありがとうございます。中途半端に喋るくらいなら、いっそ全部喋った方が国のおふくろさんも喜びそうですけどね。

投稿日時 - 2011-08-31 03:53:49

あなたにオススメの質問