こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

The conviction rate 99.9%

The conviction rate of the first instance in the Japanese criminal court is 99.9% (actually it is the highest conviction rate all over the world). It means that just one case of a thousand cases indicted by the Japanese public prosecutors may not be convicted in the criminal court. If it were the same around the world, we would not feel it so irrational. However, the conviction rates of the first instance in the other criminal courts are quite different. For example, it is approximately 78% in USA (of course,it is different in each state), approximately 98% in China, approximately 96% in France and approximately 90% even in the Soviet Union. Therefore, the conviction rate of the first instance in the Japanese criminal court is historically abnormal. It is presumed that the conviction rate 99.9% is far beyond even that of Nazi Germany according to overall examined information. Whoever seriously examined the conviction rate, they would regard it as definitely depending on totalitarianism.

Certainly, Japan has adopted the separation of three powers. The judicial branch, administrative branch and legislative branch should have mutually been checked and balanced. However, actually, the administrative branch has ruled and controlled other two branches and decided what should be guilty or not.In this respect, according to“Why Is the Japanese Conviction Rate So High?”,written by J. Mark Ramseyer (Harvard Law School) and Eric Rasmusen (Indiana University) as follows:”Conviction rates in Japan exceed 99 percent -- why? On the one hand, because Japanese prosecutors are badly understaffed they may prosecute only their strongest cases and present judges only with the most obviously guilty defendants. On the other hand, because Japanese judges can be reassigned by the administrative office of the courts if they rule in ways the office does not like, judges may face biased career incentives to convict. Using data on the careers and opinions of 321 Japanese judges, we conclude that judges who acquit do indeed have worse careers following the acquittal. On closer examination, though, we find that the punished judges are not judges who acquitted on the ground that the prosecutors charged the wrong person. Rather, they are the judges who acquitted for reasons of statutory or constitutional interpretation, often in politically charged cases. Thus, the appearent punishment of acquitting judges seems unrelated to any pro-conviction bias at the judicial administrative offices, and the high conviction rates probably reflect low prosecutorial budgets instead.”?」(http://ideas.repec.org/p/wpa/wuwple/9907001.html

By the way, the Japanese government has granted the point “Japanese prosecutors are badly understaffed they may prosecute only their strongest cases and present judges only with the most obviously guilty defendants”. The Japanese government and the public prosecutor’s office are proud of their superior prosecutors because it is regarded as being possible owing to their capacity. However, the criminal courts have only approved their decisions of guilt. It means that prosecutors actually monopolize the final decision of guilt in the criminal procedure. Also, the separation of three powers doesn’t function at all at least between prosecutors and criminal courts. This reality is quite similar to the relationship between Hitler’s government and its criminal courts in Nazi Germany. The separation of three powers between Hitler’s government and its criminal courts (the judicial branch) in Nazi Germany doesn’t function as well. In Judgment at Nuremberg, the judges of Nazi Germany have monolithically testified that they have never been informed of the atrocities of Hitler's government.Neverthless, they have finally found guilty.Similarly, the criminal procedure of Japan must be extremely risky.

投稿日時 - 2011-08-04 23:52:51

QNo.6922077

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

日本の刑事裁判所の最初の実例の有罪宣告率は、99.9%(実際に、それは世界中で最も高い有罪宣告率です)です。それは、日本人検察官によって起訴された無数の事件の単に1つの事件が刑事裁判所で有罪と判決されないかもしれないことを意味します。もしそれが世界中に同じならば、私たちはそれをそれほど不合理だと思わないでしょう。しかしながら、他の刑事裁判所の最初の実例の有罪宣告率は全く異なります。例えば、それは、ソ連でさえアメリカ(もちろん、それは各状態で異なります)、中国のおよそ98%、フランスのおよそ96%およびおよそ90%でおよそ78%です。したがって、日本の刑事裁判所の最初の実例の有罪宣告率は、歴史上異常です。99.9有罪宣告率%がすべての検討された情報によるナチ・ドイツのそれさえ越えていることが考えられます。ひどく有罪宣告率を検査した誰、それらはそれを明確に全体主義に依存すると見なすでしょう。確かに、日本は、3つの力の分離を採用しました。司法府、管理上の枝および立法部門は相互にチェックされ平衡を保たれるべきでした。しかしながら、実際に、管理上の枝は他の2本の枝を規定しコントロールし、有罪であるべきことあるいはnot.Inを決定しました、この尊敬、によって」日本の有罪宣告率はなぜそれほど高いですか。」J.マークRamseyer(ハーバード大学法学大学院)およびエリックRasmusen(インディアナ大学)によって以下のように書かれた:」日本の有罪宣告率は99パーセントを超過します--なぜ?一方では、日本人検察官が悪く人員不足であるので、それらは最も強い事件だけを起訴し、最も明らかに有罪の被告をのみ裁判官に提示するかもしれません。他方では、それらがオフィスが好きでない方法の中で規定する場合、日本人裁判官が法廷の行政機構によって再び委託することができるので、裁判官は有罪と判決するべき偏見的である経歴誘因に面するかもしれません。321人の日本人裁判官の経歴および見解上でデータを使用して、私たちは、それが判断すると結論を下します、彼らは無罪と宣告する、無罪宣告に続く、より悪い経歴を確かに持っています。より接近している検査においては、しかしながら、私たちが、検察官が間違った人を課したという理由で罰せられた裁判官が無罪と宣告した裁判官ではないことを知ります。もっと正確に言えば、彼らはしばしば政治上強烈な事件に、法令によるか憲法解釈の理由で無罪と宣告した裁判官です。したがって、裁判官に無罪と宣告するappearent罰は、司法の行政機構で任意の有罪判決支持バイアスと無関係に見えます。そして、高い有罪宣告率は恐らく代わりに低い起訴者の予算を反映します。」」(http://ideas.repec.org/p/wpa/wuwple/9907001.html))ところで、日本政府はポイントを与えました「日本人検察官は悪く人員不足です、それらは最も強い事件だけを起訴し、最も明らかに有罪の被告をのみ裁判官に提示するかもしれません。」それがそれらのキャパシティーへの可能に借りのあることであると見なされるので、日本政府および検察庁はそれらの優れた検察官を誇りにしています。しかしながら、刑事裁判所は、単に罪の決定を承認しました。それは、検察官が刑事訴訟での罪の最終決定を実際に独占することを意味します。さらに、3つの力の分離は、少なくとも検察官と刑事裁判所の間に全く機能しません。この現実は、ヒットラーの政府とナチ・ドイツのその刑事裁判所の関係に全く似ています。ヒットラーの政府とナチ・ドイツのその刑事裁判所(司法府)の間の3つの力の分離は、同様に機能しません。ニュールンベルクでの判断では、ナチ・ドイツの裁判官は、ヒットラーのgovernment.Neverthlessの残虐行為のことが彼らに通知されていないと単一体で証言しました、それらはとうとうguilty.Similarlyに見つけました、日本の刑事訴訟は非常に危険であるに違いありません。

投稿日時 - 2011-08-05 00:04:33

補足

mene' mene' teqel upharcin・・・

投稿日時 - 2011-08-06 14:28:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

裁判に持ち込む前に示談で終わるでしょう。

日本の裁判は長期すぎますから。

示談で出せない刑罰は、お上に出してもらわないといけないですから、確実に勝てるケースしか持ち込まないのでは。

投稿日時 - 2011-08-05 07:41:19

あなたにオススメの質問