こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

オンラインゲームの有料アイテム販売の不備について

あるオンラインゲームの有料アイテム販売に関する不備について。
下記のような事柄の場合、消費者保護法やそのほか関係法令によるとどのような扱いになるでしょうか?


1回280円で購入する、中身がランダムのクジ型の商品。(レアからカスまでのアイテムが出る)
ゲームメンテナンス終了から10分間、その商品の中身を紹介するwebページが『古い情報』のままだった(=ゲーム運営会社の過失)ため、それに気づかなかったユーザーが購入。
ゲーム運営会社が不備に気付き、webページの訂正および公式HPにて謝罪と『返金条件』を告知。
『返金条件』の内容は、返金は受け付けるものの「対象期間内に獲得したアイテムを1つでも使用・破棄した場合は返金しない」というものでした。

しかし、本件のゲームの特性として、不要のアイテムを獲得した場合はすぐに破棄することがごく日常的に行われている点。
理由は、破棄することでマイルポイントが貯まり、マイルポイントを使うことで別のアイテムと交換ができるため。
本件では10分という短い間での出来事ですが、その間に、数千円~数万円を消費して、獲得した不要アイテムを破棄(マイルへ変換)することは、特別な行動ではありません。


本件では、このゲーム特性を踏まえた上で、返金条件である『破棄していない』が法的に適切かどうかをご回答下さい。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-07-31 23:39:58

QNo.6912847

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

いやぁ、今回の場合は使用許諾以前の問題じゃねーの?
感覚的には「富士山の水」とラベルが付いていたけど、中身は「山形の名水」でしたってのに近いべ・・・。
とくにハズレが共通品であったりしたら、外れた人は「正当な製品である」ことを客観的に判断できないわけですしね。
そもそも、「オフィシャルが間違っているかどうか」をユーザーに判別させるということになるわけだ。
その判断基準は出てきたアイテムだけなので、疑問を持ちながらも「ハズレなんだろう」と判断したとしても「おかしい」とは言えないと思う。
そもそも購入間違ったと思っちゃう人もいるでしょうに。
そして、その判断はそもそもユーザーにさせるべき質のものじゃない。

「追跡できない」や、「他のユーザーから文句が来る」というのは被害を受けた側には関係がないわけで、今回の理由にはならんだろう。
事前に間違いようのない判断がユーザー側でもできてたってもんでもないし。

個人的にNGだと思う。
消センとか相談してもいいかも?動くのかな?

投稿日時 - 2011-08-01 17:12:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

特に問題は無いと思います。

ユーザの間では特別な行為ではないにしろ、使用する破棄するという行為は、
日常で言えば、いわば、「利用許諾を了承して封を切った」と同義。
ゲームの特性云々とか、それはユーザ側の都合の話。要る要らないは個人の判断であり「共通性」は無い。
100%全員そうしているという事実が立証できれば、話は多少変わってくるかもしれないでしょうけど。

なので、そういった抗議をするのであれば、絶対的な証拠を立証できなければ、そこで回避されるだけ。

貴方の言い分は、極論的に、食いかけの物、使わずゴミとして捨て、ゴミ処理業者が持っていってしまった物に対して金を返せと言っているようなもので、一般的にもそういったものへの返金は認められません。

せいぜい、新たに同じ物で交換してくれるくらい。
でもデータですから交換した所で同じデータだし。

「勧誘購入」ではないので、クーリングオフも適用されないですし。
それらの措置としての返金措置ですから、完品に対してなら返金は受け付けるという措置になったのだと。

まぁ、ネットゲームの場合は、巻き戻しという手法もありますが、被害者は納得するかもしれませんが、
購入していない大多数が抗議をするのは必至。
どちらの方が処理しやすいかって言う部分もあるでしょうね。
システム的に追えないのかもしれませんし。


正直言って、謝罪して、返金対応するだけまだ良心的ですけどね。
大半は、そういう場合は謝罪文のみですよ。

投稿日時 - 2011-08-01 09:58:57

あなたにオススメの質問