こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

PC-VY21A/W-4の障害

NECのPC-VY21A/W-4を2台使っています。
2台とも標準のOSであるWINXP-PROをWIN7-ULTにアップして使っています。

ところが、2台とも突然シャットダウンし起動できなくなりました。
BIOS画面までいかない。
電源のON・OFFを繰り返す。

試行錯誤した末に判明したのは・・・

拡張メモリのスロット2か所のうち1か所が不具合となった。
判断理由は、そのスロットに刺さっているメモリを外すと正常起動する。
(もちろんメモリは別PCで正常を確認しています)

原因は不明ですが、2台とも放熱障害に陥ったかもしれません。
その時に部品が壊れた?

1台はフリーズに気が付かず、2日間位放置してしまった。
もう1台は、PC裏面の吸気口を塞ぐように書類を下敷きにしていた状態が2時間くらいつづいた。


しかし、考えてみると、これくらいのことで「同じメーカ」の「同じ機種」が「同じ個所」の障害に陥るものなのか疑問です。
(もっとも、「同じメーカ」の「同じ機種」だからこそ、そうなったとも考えられないこともない・・・)

WEB上で検索しましたが、このような事態の情報は見つかりませんでした。
一部のマザーボードに不良コンデンサを使用したため障害になったとの記事もありましたが、この機種は当てはまらないようです・・・

XPマシンをWIN7にしたことで負荷がかかりすぎて故障??

不良スロットを空けた状態でOSを変えて試しました・・・
1台はWIN7では全く起動せず→XPだと動く。
(DUALコアなので、OSの違いでこの現象はわからないでもないような・・・)
他の1台はWIN7でもOK(しかし、このマシンはいいのか・・・)


修理(?)方法や良い知恵、情報がありましたら教えてください。

投稿日時 - 2011-07-30 23:39:22

QNo.6910545

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

最小構成テスト、交換テストをしないと
問題を特定することは難しいんですが…

電源の劣化が原因の可能性もありますね。

スロット1,スロット2、メモリー1,メモリー2と仮に番号を降りますが…

もし、スロット2からメモリー2を取り除くことで起動するのであれば
スロット2を空にしてメモリー2をスロット1に挿した場合。
スロット1を空にしてメモリー1をスロット2に挿した場合。
この組み合わせを試すことで
問題が一方のスロットにあるのかどうかを判別できます。

もし、どちらのスロットも状況によって機能するのであれば
問題は電源の劣化によって、電源供給能力が不足していると考えられます。

そうでなければ、たしかにスロットが壊れたと判断できます。

保証期間が切れているでしょうから、修理するとしたら
どちらにしても高くつきます。
たぶん、マザーボード交換よりは電源基板交換のほうが安いんではないかと思いますが…
多くのノートPCが電源基板とマザーボードが一体化されています。


こういった専用部品化は、ノートPCや一体型PCの特徴で…
つぶしの効かない設計、2,3年で買い換えてもらうことを前提の設計です。


今後の買い替えには、延長保証で備えることも考えられますが…
延長保証はせいぜい3年くらいですから、それ以上の長期利用を考えれば
汎用部品を使ったデスクトップPCのほうが有利かもしれません。
(VersaProシリーズは標準で3年保証で…そこから延長はできないんじゃ無かったっけ?)


デスクトップPCやタワー型であれば、すべてが汎用部品というわけでもありませんが…
たとえば、EPSONのタワー型製品であれば
いざとなれば、電源やマザーボードを汎用品で代替できる機種が多いようです。

大企業ほど、デスクトップPCにも専用部品を使いたがりますから
NEC,SONYなどでは、汎用部品での修理ができない場合が少なく無いようです。


汎用部品は、つまり、いわゆる自作用パーツとして流通しているものですから
マザーボードも安いものは1万円弱からありますし
電源もある程度信頼性を期待できるものが8000円程度で入手できます。
静電気に注意して扱えば、だれでも交換できます。

むしろ、適合する部品を判別するほうが難しいかもしれません。
(理論だてて考えていけば、簡単なことですけどね)


もちろん、あまりにも長い年月を経ると汎用部品の入手も難しくなりますが
たとえばCore2Duoより古いPentium4用のSocket478マザーボードが
今でも、プレミアが付いたりすること無く、新品購入できます。
(Socket478の後継のLGA775が登場したのは2004年)

ノートPCであれば、部品代も高ければ、それだけを入手する手段が用意されておらず…
つまり、メーカー修理として、修理工賃まで支払わざるを得ません。

というかPC-VY21A/W-4より、もっと古い2003年あたりのノートPCなら
既にメーカー修理を断られることもあるんですよね。

でも2001年WindowsXPへの移行が進む中
最新鋭を誇ったSocket478マザーボードは今でも入手できるんです。
もうXPも買えなくなりましたから、修理部品としての需要しか無いでしょうけど
これが汎用部品の強みだと思います。
(常に、これほどの長寿命が得られるわけではありませんけどね)

投稿日時 - 2011-07-31 09:31:34

ANo.1

マザーボードがおかしいと思われます。工場出荷時の状態へ戻せない様なら修理を依頼するしか有りませんね。

投稿日時 - 2011-07-31 03:01:53

あなたにオススメの質問