こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

留学する際の住民票?

留学するときに住民票を海外に移すか否かで何が違うのでしょうか?

異動しないと健康保険は帰国し、申請した際、7割を返してくれると聞きましたが、留学の保険に入るのが普通だし、大きなメリットになるとは思えません。

税制面についてはどうなんでしょうか?

大半の人はどのようにしているのでしょうか?
またこういう人は住民票をこうした方がいいということがあれば、ご教授よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-07-26 03:45:04

QNo.6899932

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私も近々海外に行く予定です。滞在期間は1年間。
参考になるサイトがあります↓
http://www.aicjapan.jp/manual/19.html
http://www.americaryugaku.net/nationalpension.html

住民票を海外に移すと、住民税・国民年金・健康保険は免除されます。
国民年金は加入期間が25年以上じゃないと受給できませんが、海外に行っている期間は支払い免除なだけであって、加入期間には加算されます。ただ、将来の支給額は減ります。

私は住民票を海外に移しますが、国民年金だけは払いたいと思っています。親に代理で払ってもらうか、日本国民年金協会に代行してもらえるようです。
親の代理でも良いんですが、自分で全額前払いも可能かどうか、区役所に相談に行こうと思っています。

投稿日時 - 2011-07-28 02:06:21

お礼

ご回答ありがとうございました。
URLとても参考になりました。
いろいろと役所を回ろうと思います。
助かりました!!

投稿日時 - 2011-07-28 22:15:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

日本を離れる期間によって判断は分かれるところです。数ヶ月だけならそのままにしても問題にはならないと役場で聞きました。
そのかわり、国民年金や健康保険はきっちり徴収されます。1月1日に日本にいるのなら、住民税も。

私も海外転出手続きをしていきました。
1年ぐらい日本にいないのなら、年金や健康保険分けっこうな金額を節約できることになります。その分は留学費用に回せると考えれば、していったほうがよいと思います。
手続きは、住民票と年金と健康保険。窓口は3箇所別々です。出国の2週間前ぐらいから市町村役場でできるはずですが、転出日は自由に決められます(証明となる航空券提示などは必要ない。でも市町村によって違うかもしれませんので事前に確認してください)。
住民票の転出日(月末とか月初とか)によっては、保険料をもう1か月分節約できたり余計にかかったりもしますので、よく調べて臨むことをお勧めします。

投稿日時 - 2011-07-26 11:24:41

お礼

ご回答ありがとうございます。
節約できるようにしっかり調べたいと思います。
ありがとうございました!!

投稿日時 - 2011-07-28 22:13:51

ANo.1

住民票をおいたままなら、住民税と、国民保険を払わないといけないのだったと思います。

1月1日の住民票がどこにあるかで住民税の支払い義務が決まるようです。

保険の7割というのは、海外で治療を受けた場合で、日本での治療費に換算した7割、です。
還付を受けるには、いろいろ手続きもあります。保険料自体は戻ってきません。

年金は支払い義務はなくなり、任意加入(加入してもしなくてもよい)となります。

わたしは転出届を出しました。
で、領事館(大使館)で在留届をしました。こちらに住んでいることが日本の政府にもわかり、
有事の際には家族へ連絡が行きます。

在外投票(海外にいても選挙に投票できる)にも転出届けを出している事が前提となります。

本来は、日本に住んでいない間は転出届を出すのが正当な手続きです。
日本に住民票をおいたままにするのはあなたの勝手です。

留学している人の話では、そのままにした人よりは、転出した人の方が多いように思います。

投稿日時 - 2011-07-26 07:20:58

お礼

ご回答頂きありがとうございます。
>保険料自体は戻ってきません。
戻ってこないのですか?10割負担ですか?

>日本での治療費に換算した7割
ということは、渡航先の治療費が10割負担で5000円だとして、
日本ではその治療は高額で10000円だとすると、
7000円の還付で2000円得をするということなのでしょうか?

投稿日時 - 2011-07-28 22:10:51

あなたにオススメの質問