こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本語のプレゼンテーションで 英語

今英語のプレゼンテーションを、翻訳しているのですが
日本語のプレゼンテーション中に、同意味の単語を日本語と英文字、両方が存在するは
どうなのでしょうか?

問題の単語は、文字数が長い商標ぽい(30字くらい)ので、見出し等では英語で使用し
文中では日本語カタカナで記入しています。

この方が分かりやすいのかなと思い、そのようにしていますが
マナー的には同なのでしょう?

またこのプレゼンを日本語で論文化した時には、どのように扱えば良いのでしょう?
日本語の文中に長い英語が来るのはどうかとも思いますが、固有名詞なので
このまま使用したいと言う気持ちもあります。

お手数ですが、教えていただきたく
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2011-07-19 13:04:04

QNo.6885336

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

誰に、どういう状況でプレゼンするのか考えてみてください。

プレゼンをされる側が 初めて聞く単語であれば、英語と日本語、フルスペルと省略した語を同じと理解できる人は少ないです。

プレゼンを聞く側が、論文を読む人が、何を言ってるのか判らないようでは意味がありませんよ。
最低限、プレゼン資料の中では、一つのものに対しては同じ単語で統一するのが当然です。

投稿日時 - 2011-07-19 22:20:33

お礼

ありがとうございました。アドバイスから、全て日本語に統一いたしました。
やはり統一するのが基本ですよね。はい、決心できました。

投稿日時 - 2011-07-20 13:24:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>問題の単語は、文字数が長い商標ぽい(30字くらい)ので、見出し等では英語で使用し
文中では日本語カタカナで記入しています。

プレゼンでも、論文でも、相手に分かりやすく、正しく伝わることが基本だと思います。
私も、長い名前などは、一番最初にちゃんとフルネームで言って、以降はイニシャルとか、○○と略名にすると断ります。 
例:World Health Organization(以降:WHOに略)

参考まで。

投稿日時 - 2011-07-19 13:42:11

お礼

ご回答ありがとうございます。
はいそのとおりだと思います。今回問題があって、すでに略字が含まれていて、たとえば、

The WHO Relationship Solution Plan

というような形で、WHORSPもしくはRSPとかにするという事
ですね。いずれにしろ略語だらけで分かりにくいものに
ならないか不安です。“WHO”の所も一般的ではなく
新しい略語なので…

最初のプロモーションで使用するため、
日本語で書いた方が分かりやすいかな?と持った今そうしています。

しかしながら同義の単語が、このような形で同居するのが
一般的なマナーに反するのかどうかが
知りたかったため質問させて頂きました。

投稿日時 - 2011-07-19 14:37:30

あなたにオススメの質問