こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

保険の切り替えで悩んでいます。ご意見をお聞かせ下さい

夫の生命保険で悩んでいます。
現在夫の生命保険はスミセイに加入しています。そろそろ切り替え(ライヴワン)をと勧められ、いい機会だからと私も少し保険について本を読んだりして勉強しました。
そこで思い切ってこの保険を解約して、全て掛け捨てにした方がいいのでは?と思い始めています。
月の保険料は今と同額で、以後10年から15年はほぼ同じ金額で済む計算になりました。
それでもレディのプランも今の保険を下取りする形でだいたい同じような保険料なんです。
確かに保険料は同額でも、その中には下取りが半分積立部分に半分利用されているので、手元には1円も戻ってきません。積立部分もしばらく解約できそうにありません。
その点、掛け捨てにすれば解約金約45万が手元に入ってきます。
ただ、私の中でスミセイへ後ろ髪引かれるのは毎月給与から引いてもらえるので、年末の控除の手続きは一切した事がないことや、転勤族のため引越しの際住所変更をする際もスミセイだけに連絡すれば済むこと、がんなどの場合は保険料の支払いが無くなること。
あとはやはり大手生命保険会社なので、支払いの幅が広いことでしょうか・・・。せっかく安く保険料を済ませても「この場合は支払いの範囲では無い」と言われてしまってはどうしようもありません。
どうか、ご意見をお聞かせ下さい。
ちなみに、掛け捨ては生命保険をオリックス生命、医療保険は全労災でと考えております。

投稿日時 - 2003-10-24 15:14:44

QNo.687934

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

15人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

#3の者です。
#7さんの参考URLが気になりましたので少々。紹介されてるものは、どこの監督下にも無いいわゆる「無認可共済」のものです。無認可共済の中では有名なものの一つですが、募集人=契約者(共済構成員)という特異な内容で、募集形態はMLM(マルチレベルマーケティング)です。
特定の団体を批判するつもりはありませんが、無認可共済の場合はある日突然破産(破綻ではありません)し、何も残らないリスクがあります。どこの監督下にも無いと言うことは、どこからも救済されないと言う事でもあります。
保険会社を監督する金融庁では最近、この様な無認可共済のうち不特定多数を対象とする自称「共済」を明確に保険業法違反という事で厳しく対処する方向を打ち出しています。
と言うことで、無認可共済の紹介は控えて頂きたくお願い致します。

参考URL:http://www.fsa.go.jp/news/newsj/14/sonota/f-20030630-3.html

投稿日時 - 2003-11-06 12:10:49

ANo.6

qgreenさんと別の質問でお会いしていますね。

今の保険料は16000円
死亡保障 4100万、医療特約
切り替えの保険料(LIVEONE) 15000円(うち500円はファンド)
死亡保障 3500万、医療特約

掛け捨ての保険
死亡保障(オリックス生命) 4000万 11500円
医療保険(全労災) 3500円(うち800円は積立金)
合計 15000円

終身医療保険は3,475円でも加入できます。
下のページを参考にして下さい。
終身保険が月2000円なら、後は掛け捨ての
死亡保障で今よりかなり安く成ると思います。

参考URL:http://www11.plala.or.jp/hokenconsultant/mm.htm

投稿日時 - 2003-10-28 21:49:00

ANo.5

ライブワンは、掛け捨ての保障部分とファンド(貯蓄)部分とに保険料を振り分けるタイプのセット商品です。

お話を聞く限りだと、転換(下取り)の金額のうち、半分の23万を保障部分へ組み入れ、残りの半分を貯蓄部分に組み入れる、ということですよね。

半分は掛け捨て保障に回るので、将来その分のお金は返ってきません。そのかわり、毎月の保険料は安くなります。残るのは貯蓄部分だけです。
また、切り替え後の保険料のうち貯蓄部分は500円とのことなので、14500円は掛け捨て保障に回ることになります。

つまり、実質はほとんど掛け捨てのみの保障に入り直すうえに、これまでの解約返戻金の半分も掛け捨てにつぎ込んでしまう、ということです。

そうであれば、解約をして、保険料が安い保険会社に替えるほうがいいと思います。そうすれば解約返戻金も全額確保できます。
オリックスのダイレクト定期は確かに割安ですが、もっと探してみてもいいのではないでしょうか?

年末調整については、給与天引でなくても全然難しくないです。1行ほど書き込んで、用紙を添付するだけです。

また、医療保険ですがご主人様の年齢から考えると、終身保障・60歳払済でも探せば割安な保険は見つかると思います。
ご高齢時まで保障が続かない場合、そのときになって別の保険に加入しようとしても、かなり高額な保険料になりますし、健康状態によっては加入できないことも考えられます。

投稿日時 - 2003-10-25 11:07:49

ANo.4

なぜオリックス生命と全労災なのか、ちょっとぴんと来ないのですが・・・
全労災には詳しくありませんが、確かに共済とかは保障が65歳から等で激減しますので、要注意です。
オリックスがなぜ良いと思われたのでしょうか?

10年から15年はほぼ同じ金額で済むってことは、10年後とかに値上がりするととれます。
10年後、20年後、30年後にどのくらいになるのか調べておかないと、後で払えなくなって解約というもったいないケースがあります。
死亡保険はそれでもいいですが、医療保険は終身保障が断然お勧めです。(70、80歳になってから入院が多くなるので)

年末調整は、保険会社から来る紙1枚を出して、書くだけですので、簡単です。(1分でできますし、わからなければ経理課とかに聞けば教えてくれるでしょう)

がんの場合は要注意です。
入院日数は1入院で何日まで、通算で何日まで保障されるのか、調べておいたほうが良いと思われます。
普通の保険では、転移の多いがんは、入退院を繰り返しても全部で1入院とみなされてしまいます。
がんについては専門のがん保険をお勧めします。

投稿日時 - 2003-10-25 10:15:07

ANo.3

こんにちは。
現在は恐らく定期保険特約付終身保険というやつですね。
定期保険というのは一定期間を保障する保険で期間を満了すると満期金は無いので一般には掛捨てと呼ばれます。オリックスのHPを見てるようですから、仕組みは一緒です。30歳位から加入しているのですよね。保険料は年齢と共に上がるものですが、10年分の保険料をならして一定の保険料としています。このため、30歳加入時も40歳の保険料を前払いする事になるので、前払い保険料が貯まります。ある程度の年齢で今度は貯まっているものを取り崩していくので最終的には0円となります。この貯まりのピークは加入8年位なので、今切り替えれば・・・という話が出てきたんだと思います。
ただ、全部解約する必要はありません。8年前であれば今よりも有利な状況で組んだ保険ですから、勿体ないです。保険の場合その時の金利がずっと続くようになっています。(予定利率は2.9%位の時期かと。)
積立部分に相当するのが終身保険(主契約)です。解約金の大半はこの終身保険の解約返戻金です。保障の大半は定期特約ですから、特約のみ全解約して、終身部分のみ温存するのが良いでしょう。(純粋に貯蓄として見ても率は良いはず。)
掛捨ての保険は、保険料が低い所で選んでしまって構いません。貯蓄性がある保険の場合は破綻リスクなど慎重に検討していく必要があるのですが、掛捨ての場合は破綻しても問題なく受け皿会社に引き継がれていくでしょう。オ○ックスですが、ここより安い会社は他にも結構あります。特に、健康優良体割引を使える会社であれば割安となります。(非喫煙者ならさらに。)
医療保険は、終身型があっても良いのではと思います。全労災がいつまで続けられるか調べてみてください。(病的リスクの高まる年代には継続できなくなりませんか?)
見直しですが、定期保険の一種で収入保障保険(会社によって呼び名が異なります。大手社の家族収入保障は別物です)という種類が合理的で割安な設計となり、考え方次第なのですが1/3程度の保険料になります。この上で、終身医療保険を考えてみては如何でしょうか。(下記に保険料例が出ています。)

参考URL:http://www.milemall.jp/shop/kameitop.cfm?k_id=56

投稿日時 - 2003-10-24 17:02:09

お礼

詳しいご説明ありがとうございます。
お察しの通り定期保険特約付き終身保険です。
終身部分は200万で月2000円の保険料のようです。
予定利率は確か3.2%でした。しかし月2000円の保険料の部分だけ残して、どの程度たまるのか(苦笑)
またこの保険は44歳で満了です、このまま終身部分を残し44歳時に解約した方がいいのでしょうか。

また終身の医療保険も考えましたが、やはり終身だと月の保険料が2倍近くになり、子供が2歳で、あと一人は出産しようと思っている我が家ではこれから先がつらくなるような気がして躊躇しています。でも一番お金のかかる中高校生時代に保険料が割安に感じる方がいいのか、本当に悩みます。

投稿日時 - 2003-10-24 18:38:22

ANo.2

一般的に、保険は大抵、損をするものです。30~40年先のことなど判らないからです。「生命」でなく「障害」について「最小限の保証」にしておいたほうが無難です。
まれに、解約直後の死亡事故も無いわけではないですが・・・。

投稿日時 - 2003-10-24 15:58:42

ANo.1

今の保険内容と、新たに加入しようとおもっている保険内容、今支払っている金額などを提示してもらわないと、アドバイスのしようもないと思います。

投稿日時 - 2003-10-24 15:20:33

補足

すみませんでした。
夫は現在38歳、40歳になる前に切り替えた方がいいと言われました

今の保険料は16000円
死亡保障 4100万、医療特約
切り替えの保険料(LIVEONE) 15000円(うち500円はファンド)
死亡保障 3500万、医療特約

掛け捨ての保険
死亡保障(オリックス生命) 4000万 11500円
医療保険(全労災) 3500円(うち800円は積立金)
合計 15000円

下取りの金額は46万、うち23万はファンドに移行されます。おそらく半分の23万は下取りのために消えてしまったって事かと思われます。
当然掛け捨てにすれば46万は解約金として手元に戻ってくると思います。

それと内容はそれますが、この46万とは配当金だけがたまったものではありませんよね?名前を忘れましたが、保険会社私達の保険料に対し支払いすぎた部分を返金してもらったものがたまったと思ってもよろしいのでしょうか?

また、レディがこの金額(46万)は今が一番膨れている時期で更新が近くなるとだんだん下がってくると聞きました。詳しく話しを聞いてる時間がなかったので、そうですか・・・で終わったのですが、それはなぜでしょうか?

色々申し訳ありません、言葉が足りない部分もあるかと思いますが、宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2003-10-24 16:17:40

あなたにオススメの質問