こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

派遣社員とはこんなもの?

役所関係で派遣社員として現在働き4カ月経ちました。
私の部署は社員が4名と私、派遣が1名という体制です。

夕方になると、他企業の方とかがお見えになり、書類を持ってきたりします。
その際に相手先企業に新人とかが入社したら挨拶がてら、一緒に連れてきます。
そして、名刺交換とかをしてます。
社員さん4人は、もちろん名刺があるから、名刺交換して挨拶してますが
私は出来ません。そして、誰も紹介してくれず、一人で机に座ってる状態です。
なので、電話対応とかでも、他企業に電話しても私の名前を覚えてもらって
ないので、私が担当してるものなのに、社員さんの名前で送ってきたりとか
嫌がらせなのかなぁーと思ったりもします。

また、先日には1カ月限定の短期の派遣社員が来たのですが、その際も上の方が
社員を紹介します。と言って社員さん4人の名前を言って一人ずつ挨拶してましたが
私の事は無視。もちろん社員ではないけれども、派遣の〇〇さんです。
ぐらいは紹介してほしかったです。

それとか、1人の社員の方が、短期派遣さんの事を「バイトにやらす」とか言って
派遣社員の事をなめたような言い方をする方が居ます。
ちなみに短期派遣さんは、別部屋で仕事をしてるので、聞こえてませんが・・・

派遣社員とはこんなものなのでしょうか?

投稿日時 - 2011-07-16 08:23:45

QNo.6878729

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

正社員として、何名かの派遣社員の方々と共に働いている者です。
会社経営上の派遣社員に対する扱いは、仰る通り、非常にシビアです。
人件費の会計処理自体、正社員と派遣社員では扱いが全く異なります。賃金格差は勿論のこと、費目上、派遣社員はヒトとしてみなされない現状があります。
正社員への報酬は、会社の経営成績の影響を受けない固定費として、予め確保された年度予算内から支払われるのに対し、派遣社員(派遣会社)へ支払われる報酬は、会社の経営成績に応じてコントロールが可能な変動費として区分されます。私の勤務地でも、派遣社員の方々は「物件費」の区分に押し込められています。
派遣という雇用体制上の方針とはいえ、私はこうした書面上の扱い方に違和感や残酷さを覚えます。

我々の職場では、正社員は派遣社員の方々に対し「我々の仕事を手伝って下さる貴重な存在」という気持ちで接するよう指導を受けます。
ご質問の「バイトにやらす」といった表現はおかしいですね。派遣社員は正社員の使用人でもなければ、正社員に雇われているわけでもないのに。

確かに、我々の職場でも、来客の際、派遣社員の方々に名刺交換や挨拶をお願いすることはありません。
また、業務上の郵便物やメールが派遣社員の方々へ宛てて届くこともなく、正社員が必要に応じ、派遣社員の方々へ転送し、作業を依頼するという手順に則っています。
派遣社員の地位を見下したり存在を軽んじるがゆえ、そうしているわけではありません。職務に対するポジションの違いを明確にするため、そのように敢えて一線を画しているのです。
派遣社員の方々の仕事の成功は派遣社員の手柄であり、雇用継続の絶好のチャンスに直結します。そうなるようリードするのが我々正社員の責務です。
一方で、派遣社員の方々のミスは我々正社員のミスということになります。派遣社員は正社員の指示通りに作業を完結させることに専念すればよく、仕事の出来不出来を気に病む必要もなし。結果に対する責任を全面的に背負うのは正社員の任務なのですから。

このように、正社員と派遣社員とでは果たすべき立場も役割も責任能力も根本的に異なるため、派遣社員が主体的に前を切って働く機会については、どうしても制約が伴います。
だけど、ご質問にあるように、社内的な社交の場で、「派遣社員の○○さんです」といった紹介や挨拶の機会を派遣社員へ与えない理由が私には解りません。「派遣は派遣でご勝手にどうぞ」という感覚なのでしょうか。我が社の常識の範疇からはちょっと逸脱した対応です。
派遣社員の方々は、「私はこの程度の扱い」「いくら頑張っても、正社員並みには認めてもらえない」といった嘆きや不満を常に感じています。そうした声にならない抗議の声から逃げることなく、しっかり受け止め、派遣社員の労働意欲を育む努力に繋げていくことも、正社員の大切な役目のひとつであるはずです。

私は、忘年会・新年会・歓送迎会などで派遣社員さんとご一緒する際は、派遣社員の会費は正社員のそれの半分以下に抑えます。
また、会社の管理職クラスが派遣社員のひとりひとりと定期的にミーティングの時間を設け、会社や正社員に対する意見を派遣社員へヒアリングし、派遣社員の方々に少しでも気分よく働いてもらえる環境作りを工夫しています。
近年は、派遣法に準じて、「派遣社員を長時間にわたるコピーやお茶汲みなどの単純作業に従事させない」、「なるべく専門性の高い職務に取り組みスキルアップを目指して頂く」ことを実現すべく、旧来、派遣社員の任務とされてきた専門性の乏しい作業を正社員の役割へと戻しました。
「それだって、派遣社員の方々に言わせれば、表面的な繕いに過ぎないかも…」という後ろめたさは、心のどこかにあるのが正直なところですけどね。

企業が派遣社員の方々をモノ扱いするかの如く現実は、冒頭で記した通りです。
が、少なくとも、現場で働く我々正社員は派遣社員の方々を「こんなもの」とは捉えていません。少ない賃金で根気強く、我々の縁の下の力持ちを担って下さっている、尊敬すべき大切なパートナーと認識しています。
世の中にはそういった想いを尊重する職場も存在することを、質問者様に知って頂きたいと願い、回答させて頂きました。

投稿日時 - 2011-07-17 02:35:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

いろいろな派遣先があります。
どんなに正社員にとって良い会社でも、派遣社員には嫌な態度をとったり
する職場もありました。
聞いた話によると、派遣を平等に扱うと「社員がひがむ」とか。
そう思うと仕方ないかな、と思っていました。

多分、派遣社員が職場に1人しかいないから、差別を強く感じるのだと思います。
近くに同じ派遣がいて、その人も同じ扱いなら、気にしないですよね?
割り切って働くのが良いのではないでしょうか。

私は長く派遣社員をしていましたが、本当いろいろな派遣先がありました。
派遣社員を大事にしてくれる派遣先。
派遣社員を雑用係としか見ない派遣先。
派遣社員の仕事はここからここまで、と区切りをつける派遣先。
正社員と同じように、もしくはそれ以上に責任を持たせる派遣先。
などなど。

どこがいいかなんて働く人次第ですが、そういう働き方に合った派遣先で
働けば良いのだと思います。

投稿日時 - 2011-07-18 01:39:44

ANo.6

派遣社員がどうこうと言うより派遣先の企業によって違うと思いますよ。
私の場合、さすがに名刺は渡されませんでしたが、紹介の際はきちんと紹介してくれましたよ。
だいたい同席しているのに紹介しないなんて相手先にも失礼じゃないですか。

派遣社員をバイト扱いする企業もあれば、責任感ある仕事を与える(これはこれでキツイ)企業もあります。

投稿日時 - 2011-07-17 07:22:42

それはお客さん(派遣先)が派遣社員をどう扱うかの問題なんで客先により様々です。
派遣である身であれば相手はお客様なので従うしか無いですね。

実際には一切のプライベートな付き合いを禁止された派遣先もありました。
飲み会なども呼ばれる事はありません。

また逆に派遣先の社員としての名詞も渡され、客先への対応や出張なんて仕事を与えれた所もありました。
客先の新人(正社員)が自分の下に部下として配されて新人教育さえもやりましたよ。

このように派遣先の対応は様々です。
派遣であるならそれに従うしか無いです。
それが派遣という仕事なんですから。

投稿日時 - 2011-07-16 15:53:54

ANo.3

派遣社員が、そうなのでは、ありません。
役所関係が、そういう場所なのです。

投稿日時 - 2011-07-16 09:42:22

>派遣社員とはこんなものなのでしょうか?

そうですよ。

単なる手足。 顔ではないのです。

投稿日時 - 2011-07-16 08:53:21

ANo.1

専門職としての派遣でない限りそんなものです。


ただ、企業が送付物を質問者様宛に送ってこないのは、単に知らないからだけでしょう。


>また、先日には1カ月限定の短期の派遣社員が来たのですが~
役所ですので部外者という意識が強いのでしょう、これは一般企業でもたまに見られます。


>それとか、1人の社員の方が~
大変失礼ですが、専門職の派遣でない限り扱いはそんなものでしょう、
現場から見ると、短期雇用の人を雇うのであればその分自分たちの残業代などに反映させてくれと思う人は多いです。
実際、短期雇用者を雇うよりかは正職にやらせて残業で処理する方が安く済む場合があります。
月給制の労働者の時給換算は、手当分等を除いた基本給での計算が多いので、仕事内容によっては人を一人雇うよtりやすく済みます。

投稿日時 - 2011-07-16 08:38:17

あなたにオススメの質問