こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

スーツの裏地 キュプラ50%ポリエルテル50%

初めてスーツをオーダーしてきました。
今まで買った吊るしのスーツを改めて見ると、10万円くらいの高い既製品のスーツでも裏地はキュプラ50%ポリエステル50%のものです。

今回、初めてのスーツをオーダーするに際して、オプションでキュプラ100%の裏地を選んだのですが、よく見ると光沢感はなく、耐久性に欠けてそうな肌触りなのが分かります。
ネットで調べてみても、キュプラは耐久性はポリエステルに比べると劣るとあります。

実際に吊るしのスーツでもキュプラ100%を裏地に使ってるものもあるのでしょうか

また、スーツをよくオーダーする人は裏地をキュプラ100%とキュプラ50%ポリエステル50%のですと
どちらを選ばれるのでしょうか?
キュプラ50%ポリエステル50%の方が実用的でいいのではないかと迷ってます。
今なら変更はきくので、早急にどちらにするか決めたい次第です。

どなたかスーツに詳しい方、キュプラ100%とキュプラ50%ポリエステル50%の混紡では、どちらを選んだ方がいいのでしょうか?

因みに生地は英国製のまあまあの生地を選びました。

投稿日時 - 2011-07-07 21:58:03

QNo.6861188

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

どのような表地を選ばれたのかは存じませんが、裏地についてはやはりキュプラの方がベターと
思います。確かにポリエステルは近年 日本の技術力で風合いがよりシルクに近づいてきました。
しかし石油系の人口繊維であることには変わりなく、身体に優しいとはいえません。対して
キュプラは綿花が原料であり、人口繊維でもあり、天然繊維でもあるという相反する不思議な
性質を持つ繊維なのです。それは浸透性です。つまり水も空気をも通す性質があり、汗をかいた
際でもからだが蒸れにくいのです。また本来の裏地であったシルクよりも滑りが良かったりする
のです。外から見えないところではありますが、そういうところにこそ気を遣うべきだと思い
ます。

投稿日時 - 2011-07-09 09:04:40

お礼

お答え有難うございました。

投稿日時 - 2011-07-25 23:33:35

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問