こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

一般事務で簿記3級も出来ないと…

一般事務で簿記3級も取得出来ないようでは、事務職失格ですか?
パソコンは好きで得意なのですが、書いて覚える反復練習を要するものはどうも苦手です。
今は簿記よりもPCの方が重宝されるような気がしますし、経理事務でも簿記の知識がなくても会計ソフトがあれば困らないといった話を聞きます。
でも簿記3級も理解出来ないようでは、一般事務職、社会人として失格でしょうか?

投稿日時 - 2011-06-26 02:54:35

QNo.6835437

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

簿記三級をもっていると履歴書に書くときに便利なだけだと思います。社会人失格だというのは大袈裟な話です。
私の知り合いには、資格はなくても経理の経験がある分、同じ待遇で採用されている人もいます。それに私も簿記はもっていませんし、持つ気持ちもありませんが、大手企業に就職していたし、何度か転職をするときにも何一つ問題になることはありませんでした。それにビジネス系の資格があったから良い会社に採用されるとも限りません。基本、使える人間を採用担当者はほしいのだと思いますよ。資格云々ではないでしょう。

投稿日時 - 2011-06-26 07:45:33

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-06-26 11:12:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

>簿記3級も理解出来ないようでは、一般事務職、社会人として失格でしょうか?
失格まででは無いですが、簿記の知識はあった方が事務職としては無難と言えると思います。

あなたの現在の状況がわかりませんが、
あなたが所属している会社(所属したいと思っている会社)は、どのような会社ですか?
経理課とか総務課とか別れている会社でしょうか?
事務が別れている会社であれば、経理の部署に行かなければ、
簿記の知識を全く使わない部署もあったりするので無くても問題ないですよ。

一方で、部署が細分化されておらず、経理も含めて何でもやるような事務ということであれば簿記3級ぐらいはあった方がいいでしょう。


>経理事務でも簿記の知識がなくても会計ソフトがあれば困らないといった話を聞きます。

確かに日常業務などでは、使う科目はだいたい同じ科目ばかりだと思うので、
そこは慣れてしまえば簿記の知識がなくても、とりあえず仕訳が起こせますよね。
仕訳さえおこせてしまえば、会計ソフトは元帳・合計残高試算表・決算書まで作成してくれますし、
また税理士の先生との契約にもよるとは思いますが、簿記の知識がない方でも、とりあえず現金出納帳と領収書さえあれば、決算書まで税理士が作成してくれます。
以上のことから最低限という意味では簿記3級も理解できていなくても問題ないです。

ただ会社から求められる人材という観点で考えると、最低限しかできない。ということで、
経理の事務として求められない人材としか言えないですよね。
でも会社が求めているのが経理ではなく、WordやExcelのようなパソコンを使える事務職員で良いということであれば、パソコンを使える人として事務を行えれば問題ないですよね。



ちなみに簿記の知識を
>書いて覚える反復練習を要するものはどうも苦手です。
という記載がありますが、
「簿記の学習は反復練習が基本だ」というような話を聞いて信じているのであれば、それは半分以上が間違いだと思います。
私から言えば簿記の学習で反復練習というのはオススメしません。

算数や数学でも同じですが、公式などの解き方をしっかりと理解して、計算のスピードがある程度あれば、反復練習する必要ありませんよね?
簿記も同じで、どのような時にこの科目を使うのか・その科目の意味・表の書き方などをしっかり覚えてしまえば反復練習のように何度も繰り返す必要がないです。



いろいろと記載してしまいましたが、
経理に少しでも携わる(携わりそう)というのでれば簿記の知識は持っていた方がいいと思いますので、今回の質問の回答としては、
簿記3級も理解出来ないようでは、一般事務職、社会人として失格と考えるべきですね。

投稿日時 - 2011-06-26 07:28:49

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-06-26 11:11:52

ANo.1

一般事務職と言ってもいろいろな仕事がありますから、必ずしも簿記が関係するものではありません。
例えば営業事務などでは簿記を知らなくても多くは出来ますね。その代わり商品知識や業界の知識が必要ですが。

ただあなたが普通の会社で普通に事務をするという場合は何らかの形で経理につながっているのがほとんどですね。

例えば交通費の精算くらいはしないといけないし、お客さんが代金以外の費用を払ってくることもあるし、というような感じです。
そういう意味では簿記的な考え方は知っておいたほうが有利ですね。

>経理事務でも簿記の知識がなくても会計ソフトがあれば困らないといった話を聞きます。
これは大きい誤解です。会計ソフトでできるのは日常的に決まったパターンの取引だけです。これを処理するには簿記は知らなくてもできるかもしれません。
でも経理という以上年に数回しか出てこないような取引でも処理できないとダメです。ここの簿記の知識が生きてきます。そうでないとシステムのどの機能を使えばそれが処理できるかさえ想像できないでしょう。それでは経理とは言えないですね。

いつまでも初心者的な担当者の地位で満足できるならそれで良いでしょうが、ベテランの事務員というにはそれでは寂しいですね。

ということで簿記の資格はなくても良いが、簿記的な考え方は分かっていないといけないと思います。そしてそれを習得するのは簿記3級や2級の勉強をするのが結局一番早道なのです。

>簿記よりもPCの方が重宝されるような気がします
今はPCスキルは知っていて当たり前の技術です。いわば運転免許みたいなものです。でも運転ができる人が仕事で有能というわけではないですね。
従ってPCの方が重宝されるということに安住したらいけないですよ。

投稿日時 - 2011-06-26 06:48:19

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-06-26 11:11:37

あなたにオススメの質問