こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

国民健康保険料の減免及び免除について

5月に病気の為に退職しました。
6月の頭に国民健康保険の加入手続きを行ったのですが、大田区hpを確認した所
失業した為に保険料を支払う事が困難な場合、減免又は免除が可能との事でした。

まだ一回目の納付書は届いていないのですが、通常の手続後に減免又は免除の申請は出来るのでしょうか?

カテゴリー選択が生命保険になっていますが、それ以外の選択が不可能な為です。

投稿日時 - 2011-06-21 21:13:53

QNo.6826271

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>6月の頭に国民健康保険の加入手続きを行ったのですが、大田区hpを確認した所
失業した為に保険料を支払う事が困難な場合、減免又は免除が可能との事でした。

これのことでしょうか。

http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/kokunen/kokuho/hokenryou/kintou/index.html

これはいわゆる非自発的な離職の場合に該当するものです。

>5月に病気の為に退職しました。

非自発的な離職だったのですか?
それと雇用保険の失業給付を受給することが条件になります。
失業給付を受けるためには仕事が出来る状態で仕事を探しているが仕事が見つからないと言うのが条件ですが、病気だったと言うことは働けるのでしょうか?

>まだ一回目の納付書は届いていないのですが、通常の手続後に減免又は免除の申請は出来るのでしょうか?

該当するなら遡って適用されます。
雇用保険の手続きをすればそれから後に(10日から2週間)雇用保険の説明会があります、そのときに雇用保険受給資格証と言うものを渡されますので、それを持って市区町村の役所へ行き上記の減額措置について申し出てください、離職の翌日まで遡って減額は適用され保険料は再計算されます。

それよりも病気に依る退職と言うことは傷病手当金を受け取っていないのですか?

投稿日時 - 2011-06-21 22:08:10

補足

説明不足でした。
傷病手当金をもらっている為、失業給付はうけられません。
病気による依願退職という扱いなっています。

投稿日時 - 2011-06-22 01:35:24

お礼

減免の審査に通るのが難しそうなので、分納にしたいと思います。
回答有難うございました。

投稿日時 - 2011-06-22 06:44:28

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問