こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

食傷気味?

先日AKBの総選挙がありました。

私もCDが発売されるたびに買っていますが、さすがに今回の総選挙のニュースの取り上げている様子を見て少々AKBが食傷気味に感じてしまいました。

その理由として、
(1)CDを何百枚も買っていることをインタビューに答えていた同世代の子を見て、同じファンながら引いてしまった。
(2)他のアーティストもCDに特典をつけたり、複数バージョンで販売していますが、AKBは少々やりすぎと思うようになった。
(4)テレビが「国民的アイドル」と言って毎日のように流れるAKB関連のニュースにウンザリした。
(5)「たくさんCDを買わないと(お金をつぎ込まないと)ファンとして失格」と言った脅迫概念みたいな物を感じるようになった。
(6)今のAKBのブームはいずれ近いうちに崩壊すると感じた。
などです。

今思うと少々何かに取り付かれていたようにAKBにお金をつぎ込んでいました。
恥ずかしながら給料の何か月分もつぎ込んでいました。

冷静に考えると今のAKB人気は本物なのでしょうか?それとも虚飾のものなのでしょうか?
ネットではAKB自体のルックスや歌唱力云々が言われていますが私にとってはどうでもいいのです。
こんな状況ですが私はAKBのファンとして失格でしょうか?

投稿日時 - 2011-06-14 09:06:14

QNo.6808347

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

最初に、私はAKB48のファンではありません。
# 「Beginner」はなかなかうまく作られた楽曲だと思っています。

質問は、最後の一文だけですか?

今のAKB人気は本物かどうか:

本物ではない人気とは何でしょう?
たいていのアイドルは周りのオトナが作り上げる物じゃありませんか?
それを虚飾といえばそうでしょうが、そもそも芸能界のTVで騒がれるような物はほとんど虚飾でしょう?

そして、初めのうちは作られたアイドルでも、それを越えてゆるがないような人気を得たときに「国民的なアイドル」になるんじゃないでしょうか。
(だからAKB48はまだ国民的アイドルとは言えないと思う)


>(1)CDを何百枚も買っていることをインタビューに答えていた同世代の子を見て、同じファンながら引いてしまった。
>(5)「たくさんCDを買わないと(お金をつぎ込まないと)ファンとして失格」と言った脅迫概念みたいな物を感じるようになった。

これに関しては、私も少々やり過ぎだな、と感じます。
でも、私が感じるだけで、別にやるのは構わないと思います。

いみじくも、選抜総選挙で大島優子さん本人が、複数投票できることを意識した発言
「私たちにとって票数というのは、皆さんの愛です」
と、言ったのは、彼女にすればそういうつもりではなかったにしろ、「AKB48のメンバーに対する愛情の大きさはつぎ込んだお金の大きさだ」と言ったようなものだと感じました。

たしかに、一面ではその通り。
総選挙がキャバクラのおネーサンの人気と同じような物と言われてしまう所以。
だから、それに可処分所得の中からどれだけお金をつぎ込んでも、その人がそれをする事によって幸せを感じるなら、それはそれでいいと思っています。

だから、質問者さんが幸せだと思う形で応援すれば、構わないと思いますよ。
それがファンです。
他人に迷惑をかけるようなことをするなら別ですが、誰も「ファン失格」なんて言う権利はありません。


もう一つ、大島嬢の発言に関して、思った事があります。

「私たちにとって票数というのは、皆さんの愛です」

では、彼女(たち)はファンや楽曲を愛しているのか?

コアなファンが投票権のために買った、百枚単位、あるいは千枚単位(もしかすると総数では万単位?)の彼女らのCDが、聴きもせずに捨てられる(捨て値で売る)のをなんとも思わないのだろうか?

いま、他のアーティストがCDを1万枚売るのが大変な時代に、聴かれもしないCDを買わせる、という商売がまかり通るのは音楽ファンとして歯がゆいです。

# 結局のところ、秋元氏はお金儲けがうまいな、とは思うけどそのやり方は尊敬する気にはなりません。
(まぁ、多少のねたみも入っているかも。)

投稿日時 - 2011-06-16 18:18:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問