こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

IT業界で生きていきたいです

はじめまして。
現在、2次請けIT企業で働いている若造です。
どうかお力をお貸しください。

この業界で生きて生きていくため、スキルを身に付けたいと考えております。
最低限必要なスキル(技術、その他)や今後需要が出てくるスキルが
あれば教えて下さい。
また、良い勉強方法や生活習慣も知りたいです。

正直、私を採用してくれた会社は小さいですし、人売りが主です。
もし、今の会社が倒産しても生きていくための備えとして勉強したいです。

私の現状
・C言語、Java、VBAのソースコードが読み書きできる
・設計は未経験
・各種テスト工程(単体、結合、機能)ができる
・興味を持った技術は積極的に調べている
・基本情報処理技術者は勉強中

個人的に必要だと思っているもの
・ネットワークの知識(いろんな仕事で共通して必要だと思う)
・オブジェクト指向の知識
・UMLの知識

IPv6とか話題ですが、今後はどうでしょうか?
その他、どういうものを勉強すべきでしょうか、どうか教えて下さい。

投稿日時 - 2011-06-09 23:11:06

QNo.6798391

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

IT業界、40代の者です。
以下は個人的見解も含んでいます。

どのような技術者になりたいのかも一緒に考えるべきだと思います。
資格試験やITSSをみてみれば、世の中にどのような技術者が存在するかが把握できます。
以下の区分けは非常に大ざっぱなものです。

1)現状のままプログラムのスキル(又は下流工程)で生きていくか。
2)要件定義、設計(上流工程)を主にするか。
3)リーダー、プロジェクトマネージャーになるか。
4)ハードウェア系にいくか。
5)業務系にいくか。

業態によって以下のように分かれます。
1.開発系
2.保守系
3.社内SE系

1)質問者さんの現状、必要だと思っているものに加えて時勢に応じたプログラム言語の習得が必要となるでしょう。JAVA、.NETなどが今は主流でしょうか。最近は関数型言語が流行ってきてます。オブジェクト指向+UMLは今後も有用だと思います。
あと、質問者さんの文章を見る限り欠けているのは、Web系の技術知識とDB知識でしょうか。
Web系はJavaやASP.NETなどですが、その中でも様々な技術が存在します。Java系の最新事情は詳しくないのですが、MS系であればXAMLとかSilverlightとか。
DBは専門にするのでなければ基本的な知識(SQLとかDBMSとか)があれば問題ないと思います。

あくまで個人的意見としては、一生プログラマとして生きていくのは、それなりに覚悟も必要だと思います。少なくとも、新しい技術を絶えず勉強、吸収していくことができなければ最前線で生き残るのは難しいでしょう。

2)概要設計、詳細設計(または外部設計、内部設計)、DB設計など設計にもいろいろありますが、この範囲の習得は(個人的には)書籍では難しいように思います。まずは、現在の会社の先輩や常駐先で作成されている設計書を見て勉強してみるのが一番かと思います。この系統ではUMLも有用です。

3)管理スキルが必要になります。いわゆるマネジメントです。
1~2人の管理を初めとして、リーダー、マネージャーとステップアップしていくのが一般的です。
PMP、RUP、アジャイルなどを勉強してみると良いかと思います。

4)書いておいてなんですが、この系統の知識はあまり多くありません。
サーバー導入、ネットワーク設計などが業務範囲になると思います。

5)顧客の業務知識に精通することでそれを強みにする系統です。
これも現場で身につけるのが近道だと思います。要件定義フェーズから参加できれば、知識は増やせると思います。

業態による区分はイメージできると思いますので割愛。

面倒でなければ資格を取得することをお勧めします。履歴書に記載できる資格があることは、アピールになります。オブジェクト指向、UMLにも資格試験がありますので、そちらも取得を考えてみてはいかがでしょう。

生活習慣についてですが、私の場合、電車の中で技術書を読みます。通勤時間が長ければその分勉強できますし、家に居る間は他のことをして過ごすことができます。

以上、少しでもお役にたてれば。

投稿日時 - 2011-06-10 00:38:31

お礼

noname#134807さん、回答ありがとうございます。

一生プログラマは無理だと思って業界に入ってきています。実装より、設計の技術を身に付けたいと考えています。

資格取得は、やはり重要なんですね。勉強したことが形に残ることが良いです。

>私の場合、電車の中で技術書を読みます。
電車では寝てしまっています。参考書は最低1冊いつも持ち歩いているので、なるべく読むようにします。

投稿日時 - 2011-06-18 14:48:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

ご質問の「この業界」とは、SIerを指しているのでしょうか。
ご質問者様は、現在お勤めされている会社の存続如何問わず
今後も人工商売で食べていきたいと考えられているのでしょうか?

一般的に、日本のITゼネコンには限界があると言われています。
http://ameblo.jp/rai10jp/entry-10756978406.html
http://d.hatena.ne.jp/gothedistance/20110210/1297300654
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20110414/359418/

となると、今後のSIerはパイを取り合う消耗戦が予想されます。
叩きに叩かれた低単価でちびちびと稼いでいく土方技術者か、
単発的に高い単価で雇われるコアな技術者か、SIerを去るか、
大雑把に見て三通りの道に分かれていくのではないでしょうか。

土方は圧倒的に若い人やオフショアが有利なので将来性がありません。
コアな技術者は要求されるレベルが高く、私時間の多くを勉強に割きますし
死ぬまで、あるいは年金が支給されるくらい(70歳?)までは
次々現れる若い優秀な人材と競争していかなくてはならないイバラの道です。

というわけで私のおすすめは「SIerに見切りをつけて公務員試験を受ける」
という感じですが、ご質問の回答になっていませんね。

今から勉強されるならミドルウェア系が良いと思います。
ソフトやアプリの知識・技術を持っている技術者は多くいますが
LinuxやUNIXのカーネルなどについて理解している人材が少なく、
そこが設計のボトルネックになってしまっているケースが散見します。
まあ、これは私の周りだけかもしれませんが。

投稿日時 - 2011-06-10 11:08:36

お礼

lilylionさん、回答ありがとうございます。
回答を読ませて頂いてから、ショックでお礼ができませんでした。
定年まで働ける業界じゃないんでしょうか?
何とか生きていく術を身に付けたいです…。

>LinuxやUNIXのカーネルなどについて理解している
>人材が少なく、そこが設計のボトルネックになって
>しまっているケースが散見します。

幸い、私の会社にはLinuxカーネルの専門家がいます。
いつも忙しく、社内にいることはありませんが。
そちらの方向の勉強も考えてみます。

投稿日時 - 2011-06-18 14:54:18

ANo.2

ネットワークの知識は意外とプログラマの皆さん知らない人が多いようなので会って損はないです。
特に、アプリケーションレベルのプロトコルが成立するまでの下位プロトコルの一連お動き~TCPのセッションとかポートとかIPのルーティングとかDNSによる名前解決とかARPによるアドレス変換とか~をだいたいでいいので理解できていると結構強いかも。

IPv6についての知識も今後の展開を考えるとあった方がよいでしょうね。今すぐは少々微妙ですけど、少し先の将来を考えるとIPv6の知識が必要にならないわけがない。

そのほかにはDBMSとSQLかなぁ。MySQLでもOracleでもいいですけど、どれか1つ使いこなせると強いんじゃないかと。

投稿日時 - 2011-06-10 00:40:17

お礼

Toshi0230さん、回答ありがとうございます。

>そのほかにはDBMSとSQLかなぁ。MySQLでも
>Oracleでもいいですけど、どれか1つ使いこなせると
>強いんじゃないかと。
ポスグレでSQLは少し触ったことがあります。
もうちょっと勉強しておきます。

ネットワークの勉強も進めていきます。
(会社の拘束時間が長いため、勉強する時間が少ないのが悲しいです…。プライベートの時間を削るしかないですね)

投稿日時 - 2011-06-11 11:00:50

あなたにオススメの質問