こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

MacとWindowsのファイルの共有の仕方

Mac OS X 10.6.3 (iMac)と
Microsoft Windows XP Professinal Version 2002(Let's note)

を使っていますimacをメインにしているのでそちらにはethernetでネットにつなげてletsnoteはそこから無線LANを飛ばしてつなげています。

この2つのあいだでimacのAirMacで無線LANアクセスポイントにしてletsnoteとネットワークを組んでファイルの共有とsynergyでのマウスとキーボードの共有をしようとしています。
Macのワークグループの設定は、「システム環境設定」→「ネットワーク」で自分が使用している通信方式であるAirMacを選び、「詳細」をクリックし、「WINS」の「ワークグループ」を設定して
Windowsのコントロールパネルから「システム」→「コンピュータ名」→「変更」でワークグループの設定をしてletnoteのデスクトップに練習用に適当にフォルダを作りプロパティから共有できるようにしたのですがMacのファインダの共有にletsnoteのPCの名前が出てこず困っています。

さらに設定が必要なのでしょうか
無線LANアクセスポイントにしたときでのMac側からWindows、Windows側からMacへの共有の仕方はこれでよいのでしょうか。

回答よろしくお願いします

投稿日時 - 2011-06-01 15:37:38

QNo.6779023

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

> imacの方を入れました。

ならば、書き換えできるはずです。
私は、どこかにある情報を、確かめもせずにそのまま回答にしているのではなく、じっさいWindows XPからMac OS X 10.6にログインして、確認してから回答をしています。
私にできて、あなたにできないのなら、私が行った操作と、あなたが行った操作が異なるということになります。あなたの操作が、私の操作と、どう違うのかは、私にはわかりません。もしわかったら、私は幽体離脱か、瞬間移動の能力があることになります。私は私の行った操作について、過不足なく説明した自信はあります。

> それとひとつ疑問があってletsnoteからimacにログインするというのはどういう状態なのでしょうか?

それは「1+1はどうして2になるのか?」と同じくらい難解な質問ですね。私には難しすぎて答えられません。

投稿日時 - 2011-06-02 20:45:25

お礼

letsnoteからimacにログインするというのは共有しているフォルダに対してletsnoteがゲストからオーナーになると言うものと思っていましたが、letsnoteがimacとして共有していないファイルも書き込みや変更ができるということなのですね。(実際にできました、これだったらファイルのやり取りができますね。ありがとうございます)

そうするとこれは複数のpcでネットワークを作ってその中でファイルを共有するというのとはまた別の方法ということになるのでしょうか?

投稿日時 - 2011-06-03 10:29:25

ANo.7

> letsnoteにimacのipアドレスとユーザー名を入れて認証ウィンドウでokを押したんですがやはりimacで共有したファイルを読み込むことはできましたが書き込むことができませんでした。

それは、なにかが間違っています。Let's Noteのユーザ名とパスワードを入力していませんか?iMacのユーザとパスワードを入力するのですよ?

> そこでimacの『環境設定』の『共有』で共有したいフォルダを選んでそれに対しての『ユーザ:』の『imacのユーザ名』『letnoteのユーザ名』『Staff』『全員』にたいして『読み/書き』としたところletsnote側でも共有したファイルに書き込むことができました。

たいへん危険な行為です。即刻元に戻してください。学内のネットワークにiMacが接続している状態であれば、学内の誰でもあなたのiMacの内容を書き換えることが可能かもしれません。(学内のネットワークのセキュリティ設定によります)

> しかし『imacのユーザ名』『letnoteのユーザ名』に対して『読み/書き』、『Staff』『全員』にたいして『読み出しのみ』だとletsnoteから共有フォルダに書き込みできませんでした。これはどういうことでしょうか。

Let's Noteのユーザと、名前が同じというだけで、同一ユーザと、iMacシステムに認められていないのではないでしょうか?システム環境設定>アカウントで、「共有のみ」のアカウントを作成し、それをLet's Noteのものにします。
しかしながら、Let's Noteから、iMacのユーザ名とパスワードでログインすれば、問題なく読み書きができるのですから、ほとんど意味のない行為です。

> もう一つ質問なんですがmacの『環境設定』の『共有』で『ユーザ:』の『全員』が『読み/書き』とはどういう状態なのでしょうか
> 自分が指定したワークグループに入っている人全員ということでしょうか。
> それともimacを無線LANアクセスポイントにしたときそこからネットにつながっているパソコン全員と言うことでしょうか。
> つまり私が心配していることはimacで共有したファイルに『全員』に『読み/書き』したときどのパソコンがそのファイルにアクセスして書き換えることができるかということです。

全員は全員ということです。ゲストも含めて、全員です。だから「たいへん危険です」と申し上げているのです。

投稿日時 - 2011-06-02 19:12:05

お礼

>それは、なにかが間違っています。Let's Noteのユーザ名とパスワードを入力していませんか?iMacのユーザとパスワードを入力するのですよ?
imacの方を入れました。
全員とはそういう意味なのですね。気をつけます。

>学内のネットワークにiMacが接続している状態であれば、学内の誰でもあなたのiMacの内容を書き換えることが可能かもしれません。(学内のネットワークのセキュリティ設定によります)
共有フォルダだけが内容を書き換えれると思っていました。imacのその他のファイルまで書き換えることができるようになってしまうのですね。

>Let's Noteのユーザと、名前が同じというだけで、同一ユーザと、iMacシステムに認められていないのではないでしょうか?システム環境設定>アカウントで、「共有のみ」のアカウントを作成し、それをLet's Noteのものにします。
しかしながら、Let's Noteから、iMacのユーザ名とパスワードでログインすれば、問題なく読み書きができるのですから、ほとんど意味のない行為です。
確かにletsnoteからimacでログインしているのに書き換えられないのはおかしいですね。

それとひとつ疑問があってletsnoteからimacにログインするというのはどういう状態なのでしょうか?

投稿日時 - 2011-06-02 20:16:25

ANo.6

回答No.5を、もうすこし詳しく説明します。
じっさいWindows XPを操作してみて、気づいたのですが、ファイル共有を始めることはできるのですが、停止(切断)する方法が見つからないというか、ないのかもしれません。それではゲストからオーナーとしてログインし直すことができないので、新規にオーナーとしてログインする方法を説明します。

マイ・コンピュータ、マイ・ネットワークなどの、Explorerのウインドウを開き、「アドレス:」にIPアドレスを打ち込みます。下図のように「\\(IPアドレス)\(ユーザ名)\」と打ち込んで、Enterキーを押すと、認証ウインドウが開きます。そこにユーザ名とパスワードを入力して、OKボタンを押すと、オーナーとしてログインできます。

投稿日時 - 2011-06-02 15:28:40

お礼

回答ありがとうございます

letsnoteにimacのipアドレスとユーザー名を入れて認証ウィンドウでokを押したんですがやはりimacで共有したファイルを読み込むことはできましたが書き込むことができませんでした。

そこでimacの『環境設定』の『共有』で共有したいフォルダを選んでそれに対しての『ユーザ:』の『imacのユーザ名』『letnoteのユーザ名』『Staff』『全員』にたいして『読み/書き』としたところletsnote側でも共有したファイルに書き込むことができました。
しかし『imacのユーザ名』『letnoteのユーザ名』に対して『読み/書き』、『Staff』『全員』にたいして『読み出しのみ』だとletsnoteから共有フォルダに書き込みできませんでした。これはどういうことでしょうか。

もう一つ質問なんですがmacの『環境設定』の『共有』で『ユーザ:』の『全員』が『読み/書き』とはどういう状態なのでしょうか
自分が指定したワークグループに入っている人全員ということでしょうか。
それともimacを無線LANアクセスポイントにしたときそこからネットにつながっているパソコン全員と言うことでしょうか。
つまり私が心配していることはimacで共有したファイルに『全員』に『読み/書き』したときどのパソコンがそのファイルにアクセスして書き換えることができるかということです。

投稿日時 - 2011-06-02 18:45:29

ANo.5

No.2の「お礼」に対して> しかしここでの設定がいまいち理解していなくて、共有フォルダにチェックを入れて新しく共有するフォルダを指定するのはわかるのですが新しくユーザーを指定するときに出てくるパスワードは何のパスワードなんでしょうか

共有するフォルダのオーナーの名前とパスワードです。すなわちiMacのユーザ名とパスワードです。

> さらにいうとここでletsnoteの『マイコンピュータ』で右クリックして『プロバティ』を選んだ後『コンピュータ名』のタブに出てくる『フルコンピュータ名』と『ワークグループ』をMac側でしてそのユーザのファイルに対しての権限を『読み/書き』したのですがletsnote側からMacで指定してたファイルは共有されていてみることができるのですがそのファイルに対して書き込みができません。
> 『このファイルは読み込み専用です。』と出てしまうのです。

それはゲストでログインしているからです。Drop Boxを除いて、ゲストがサーバに書き込み(サーバ上のデータを変更すること)はできません。今回のケースでは、サーバ、クライアントマシン、ともに同一人物が所有者であり、管理・運営しているので、必要性がわからないかもしれませんが、一般的なネットワーク運用を考えれば、パスワード認証なしにログインしたものに対して、書き込みを禁止するのは、最低限のセキュリティです。
いったんログアウトして、iMacのユーザ名とパスワードでログインし直してください。

> これはやはりletsnoteからは接続できていないということでしょうか。

いいえ、ゲストとしてログインはできています。

投稿日時 - 2011-06-02 14:53:45

お礼

>共有するフォルダのオーナーの名前とパスワードです。すなわちiMacのユーザ名とパスワードです。
勘違いをしていました。共有する相手側の名前とパスワードだと思っていました。『新規メンバー』と言う画面に『アカウントを作成』と書いてあったので、新しくファイルを共有するアカウントの『ユーザ名』と『パスワード』を入力しないといけないと思っていました。

>それはゲストでログインしているからです。Drop Boxを除いて、ゲストがサーバに書き込み(サーバ上のデータを変更すること)はできません。今回のケースでは、サーバ、クライアントマシン、ともに同一人物が所有者であり、管理・運営しているので、必要性がわからないかもしれませんが、一般的なネットワーク運用を考えれば、パスワード認証なしにログインしたものに対して、書き込みを禁止するのは、最低限のセキュリティです。
全くその通りですね。(笑)ファイル共有とはグループの中にいるゲスト達がファイルの読み込みをし作業しやすくする方法ということが前提でその上で自分は共有されているファイルをワークグループにいるすべての人が編集・更新して常に最新の状態のデータが共有されているという状況を作ろうとしているわけですね。

それでここまでは理解できたのですがharawoさんの回答をよんで理解できていないのは
>いったんログアウトして、iMacのユーザ名とパスワードでログインし直してください。
これはletnoteのほうでいったんログアウトして、iMacのユーザ名とパスワードでログインし直すということでしょうか?
そのときの方法がわかりません。新しくletsnoteにimacのユーザー名と同じものを作ればできますが、そういうことではないですよね。

letsnoteからファイルに書き込むためにはゲストではない方法でログインしないといけないといけないということですよね。そのしかたがいまいち理解できていません。

投稿日時 - 2011-06-02 18:08:44

ANo.4

HALTWO 補足です。

iMac---ネットに繋がったスイッチング・ハブ---Let's Note を結ぶケーブルはクロスではなく、普通のストレート・ケーブルです。(まあクロスとストレートは内部の線を 2 本繋ぎ替えるだけですので、工具があれば簡単に変更できます)

リモート・デスクトップはネット先のルーターを介さず、スイッチング・ハブを介して iMac と Let's Note 間を結びますが、iMac の画面に映っている Let's Note の画面からでもルーター先のネット環境にアクセス可能です。(セキュリティ認証ゲートがなければの話ですが(汗)・・・)

投稿日時 - 2011-06-02 14:29:44

ANo.3

A No.1 HALTWO です。

「macとwindowsでのデータのやり取り。」の御質問は見ていたのですが、多くの回答者さんがレスを付けていたので「解決したもの」と勘違いしてスルーしていました(汗)。

問題は「Let's Note を繋ぐためのポートを iMac に増設できればリモート・デスクトップを使えるのに・・・」というところではないでしょうか?

・・・であれば、難しく考えずにスイッチングハブを御利用になっては如何でしょうか?

スイッチングハブで Google 検索して Wikipedia ページなどを開けば その説明がありますが、要はルーターのような高額の出費を強いることなくネット端子を分岐するもので、秋葉原では千円以下で 5 端子のハブを手に入れられます。

>しかしやはりMacを親として無線LANを飛ばしている状態ではletsnoteにアクセスできないのでしょうか。

アクセス可能です。(アクセス・ポイント先を切り替えるだけです)

私も別室の会議で iBook G4 の無線 LAN で Windows XP プロフェッショナルを入れた別室機器制御用の MacBook を呼出し、床下有線 LAN で繋がった机上 DELL PC の画面と切替ながらプレゼンをした経験があります。

リモート・デスクトップでは iMac から Let's Note をリモート制御することしかできませんが (Let's Note から iMac を制御するには、iMac 側にも設定が必要である上に親機となる Let's Note にもソフトが必要になると思います)、TeamViewer ならば同じソフト (Mac 用と Windows 用) で両方向の制御が可能です。

・・・とは言え、無線 LAN 禁止の部屋ではなかったでしたっけ?・・・まあ千円以下で手に入るスイッチング・ハブを iMac の後ろに隠して(笑) おけば、そこから引き出したクロス・ケーブルで繋ぐこともできますね(^_^)/

でも「ケーブル繋いで、ログインして、ファイルを転送」のネットワーク手順と「USB メモリ抜き挿しして足で運ぶ」のフットワーク(笑) 手順とどちらが面倒くさくなくて速いかは判りませんが・・・(汗)

投稿日時 - 2011-06-02 14:18:42

お礼

前にした質問のURLをつけたのはわかりにくかったですね。すみません。

リンクをつけた前回の質問はもう解決していてimacを無線LANアクセスポイントにして、そこからletsnoteをつなげることでremote desktopを使うことができました。
letsnoteの『マイコンピュータ』につくったimacのフォルダを使うことで、データのやり取りはスムーズにできて満足しています。

そして今回の質問はまた別の方法で私の今の状況でもファイルの共有ができるかもしれないとおもい試行錯誤している途中に出てきた問題なのです。

なので
>問題は「Let's Note を繋ぐためのポートを iMac に増設できればリモート・デスクトップを使えるのに・・・」というところではないでしょうか?
と言う訳ではないです。
今はもうどちらかと言うとどんな方法で2台のパソコンでデータのやり取りが可能かというもので使いやすさを求めての質問ではないです。いろいろな方法を知りたいと言う感じです。

なので
>スイッチング・ハブを iMac の後ろに隠して(笑) おけば、そこから引き出したクロス・ケーブルで繋ぐこともできます
というように今自分が想像できていない手段を知ることが目的なのです(スイッチングハブがあるということを知りませんでした)

それと
>私も別室の会議で iBook G4 の無線 LAN で Windows XP プロフェッショナルを入れた別室機器制御用の MacBook を呼出し、床下有線 LAN で繋がった机上 DELL PC の画面と切替ながらプレゼンをした経験があります。
というような話を聞けるのはとてもありがたいです。こんなこともできるのかと少し笑いながら読ませていただきまた。
pcっていろんなことができるのに自分が知らないだけでできないことがなんかいやなんです。というよりももっと知りたいといったほうがいいのかもしれませんが。

HALTWO さん回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-06-02 17:44:27

ANo.2

管理のしやすさなどから言えば素直に無線ルータを導入するのがいいとは思います。
現状はおそらくインターネットの回線装置とMacがLANケーブルで
繋がっていて、AirMacを使ってインターネット接続共有をしている
状況とおもわれます。これだとWindowsマシンだけネットに繋ぎたいときも
Macの電源が入ってないといけないので電気が無駄になりやすいですからね。
ルータを導入した場合ルータの電源は入れっぱなしになりますが、
Mac本体よりは消費電力は少ないです。

それはさておき、ファイル共有の設定を行うにあたっては、環境設定の
「共有」パネルで"ファイル共有"のチェックも入れておく必要があります。
その上で、共有フォルダを設定します。さらにオプションでSMBを有効にし、
接続を許可するアカウントを指定する必要があります。
ワークグループ名は全て大文字で設定します。

「Mac OS X:Windows ファイル共有 (SMB) に接続する方法」
http://support.apple.com/kb/HT1568?viewlocale=ja_JP

投稿日時 - 2011-06-02 08:56:56

お礼

回答ありがとうございます。

色々理由があって(回答1のお礼のurlをみていただけるとありがたいです)無線ルータを導入することはできなさそうです。

>それはさておき、ファイル共有の設定を行うにあたっては
この設定も書き忘れてしまいましたがやってみました。しかしここでの設定がいまいち理解していなくて、共有フォルダにチェックを入れて新しく共有するフォルダを指定するのはわかるのですが新しくユーザーを指定するときに出てくるパスワードは何のパスワードなんでしょうか
さらにいうとここでletsnoteの『マイコンピュータ』で右クリックして『プロバティ』を選んだ後『コンピュータ名』のタブに出てくる『フルコンピュータ名』と『ワークグループ』をMac側でしてそのユーザのファイルに対しての権限を『読み/書き』したのですがletsnote側からMacで指定してたファイルは共有されていてみることができるのですがそのファイルに対して書き込みができません。
『このファイルは読み込み専用です。』と出てしまうのです。
これはやはりletsnoteからは接続できていないということでしょうか。

投稿日時 - 2011-06-02 12:58:52

ANo.1

ファイル共有ではありませんが VNC (Virtual Network Computing) の 1 つである MS リモート・デスクトップを用いるというのはどうでしょうか?

MS リモート・デスクトップは

http://www.microsoft.com/japan/mac/downloads

から無料でダウンロードできます。

私は MS-DOS の東芝 Dynabook から Mac の Performa 475 (LC475) に乗り換えて以来 Mac ばかり使っていて Windows OS にはどうしても馴染めないものですので、Windows XP デスクトップ機を配布されて Linux サーバー機を制御する会社では自前の iBook G4 を持ち込んで机上の Windows XP 機の画面を iBook G4 に映し出し、MS Office などの書類を iBook のキーボードで作っていました(笑)。

その前にいた会社で Windows NT や Windows 2000 機をベースにプロが使う映像編集機を作っていた時も Duo2400C に Virtual PC を入れて Windows 2000 環境を Duo2400C の OS8.6 内から制御できるようにしていました。

iBook G4 ディスプレイの中に Windows XP 環境がまるまる入るリモート・デスクトップは iBook G4 が Windows XP 環境で動いているのではなく、Windows XP プロフェッショナルをインストールした DELL PC を iBook G4 がリモート制御しているものですので、キーボード配列以外の使い勝手は DELL PC そのものであり、ネットワーク上のファイルやアプリケーションも DELL PC として利用できます。

http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/pro/business/feature/remote/remotedesktop.mspx

に MS リモート・デスクトップの設定法が図解されていますので、簡単に設定できます。

なお、Windows XP はプロフェッショナルでないとリモート・デスクトップを利用できない制約がありましたが、御使いの Let's Note は XP Professinal Version 2002 ですので問題ありません。

他にも Windows MacOSX Lunux 間で VNC を実現する TeamViewer というソフトもあります。

http://www.teamviewer.com/ja/index.aspx


VNC を使わずに Mac と Windows PC でファイルを共有する手法で最も簡単なのは「これもファイル共用ではないのですが(笑)」NAS (ネットワーク・アタッチド・ストレージ) を用いることです。

要は USB 外付け HDD のような外付け HDD で、USB の代わりにイーサネット端子が付いているものです。

有名どころとしてはバッファロー社の Link Station シリーズなどでしょうか。

http://buffalo.jp/products/catalog/storage/hd_lan.html

USB 外付け HDD ほどたくさん売れているわけではないのでちょっと高価ですが、イーサネットは 10BaseT/100BaseT/1000BaseT と互換性を保ったまま推移していますので、ケーブル・コネクタ形状がたくさんあって互換性に悩む USB や、Mac からは消えてしまった(?) ファイヤーワイヤー (IEEE1394) のような心配は無用であるところが大きなメリットでしょう。

ドライブを交換できる構造のものであればドライブだけ大容量のものにアップデートして行けますし、iMac や Let's Note から撮りだした古いドライブを再利用する手もあります。

特に大容量のドライブを搭載させたものであれば、複数のボリュームにパーティションを切って、ボリュームの 1 つを iMac の Time Machine 専用に、他の 2 つを iMac 及び Let's Note のシステム・バックアップ専用に割り当てるといったことも可能です。

投稿日時 - 2011-06-01 23:20:59

お礼

回答ありがとうございます

じつはもともと下のような質問をしてそこからずれてしまったので違う質問を立ち上げました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6778662.html
なので回答者様のいうようにremote desktopで共有みたいな状態にはできました。

NAS (ネットワーク・アタッチド・ストレージ)というのは知りませんでした。だけど高いですね。(笑)
少し調べてみたのですが、NASというのは通常のファイルの共有は(通常がどういうことかは曖昧ですが)ネットの中で自動的に他のパソコンにファイルを動かしてるのに対してNASはネットがつながった機器でまさしく共有されているフォルダということでしょうか。

しかしやはりMacを親として無線LANを飛ばしている状態ではletsnoteにアクセスできないのでしょうか。

投稿日時 - 2011-06-02 10:29:28

あなたにオススメの質問