こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電子書籍の将来

日本でも電子書籍が随分と出回ってきていますが、
キンドルで最近発刊された本もすぐ入手できるのとは
違って、著作権の切れたものや電子書籍でまず
発表されるものなどが主流を占めているような気がします。

今後は、この流れがガラッと変わって、新書などもすぐに
電子媒体で入手できる日がやってくるのでしょうか。また、
キンドルでも日本語の本を読めるようになる時がくるので
しょうか。

どなたか、詳しい方がいらっしゃれば教えて下さい。

投稿日時 - 2011-05-25 11:40:47

QNo.6762256

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まだ切り替えには至らないと思います。



東北在住で今回の震災に被災したため、本棚が壊れ(本が飛び出したのでなく棚がバラバラ)個人的には電子書籍に移行を始めています。
しかし購入は電子書籍ではなく、紙媒体で購入し気に入った本はそのまま残し、取り敢えず読めれば良い程度の本は一回読んだら裁断してスキャンの自炊派です。

アプリ次第なのでしょうが小説を読むのにiPod touchがお気に入りです。android端末はフォントがイマイチでした。
バックライトで暗いところでも読めるので震災時の停電後の夜には暇つぶしに役立ちました。
他にも、個人的にポケットに常に数百冊の本が納まっている状態はご機嫌です。
バックアップがとれるのでオンラインストレージや外付けHDDにもデータを置きデータの冗長性に繋がるのも利点です。

反面バッテリー切れが有るのがちょっと不便。エネループモバイルバッテリーを持ち不測の事態に備えています。

投稿日時 - 2011-05-25 17:09:13

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

ガラパゴスでは、もしドラ の書籍とアニメを販売してますね。日本の場合、コミックや雑誌、そのうえでアニメが始まったら一気じゃないかと。

電子書籍の販売冊数は、日本は少なくないんですよね。ほとんどかケータイ相手で、そのほとんどが、「一部の」女子向けですけど。

パワーのある人たちが市場を切り開いて、国内でコンテンツを成熟させて世界に出ていく、というのが、CDやビデオでやってきたことですから、電子書籍ももうすぐってことでは?

投稿日時 - 2011-05-25 21:59:24

ANo.2

>新書などもすぐに電子媒体で入手できる日がやってくるのでしょうか。
中央公論社は電子書籍化は早いですよ。
http://www.chuko.co.jp/ebooks/

>キンドルでも日本語の本を読めるようになる時がくるのでしょうか。
いつかは来ると思うけど、ソニーやシャープ辺りのほうが早く開発するのではないかと...

投稿日時 - 2011-05-25 15:49:54

ANo.1

微妙な問題で、明確なビジョンはないのが実状だと思います。

先日の地震で、東北にある製紙工場やインク工場がダメージがあり、しばらくは紙媒体の印刷物に影響があり、それを契機に電子書籍が伸びるのではとの予測がされました。

しかし、やはり本好き(年間の図書費は20~30万程度です)の感想としては、場所をとらないという電子図書の絶対的な強みがあっても、1冊単位では紙媒体の方がハンドリングがいいとしか思えません。
現時点で電子媒体で先行していたものが紙媒体で発売されたものは購入したことがありますが、逆、すなわち紙媒体のものを電子媒体に置き換えたことはありません。

ただ、今回の地震で、私は関東在住で大きな被害はなかったので実感はないのですが、東北の方の中には個人で集めていた趣味の本・レコード・CDなどを根こそぎ失って、今後は電子媒体中心に切り替えたいと仰っている方もいらっしゃるので、流れが変わるのかもしれません。

もっとも、最近では休日は、自然光で本を読んで節電に務めているので、何がいいのかわかりません・・・

投稿日時 - 2011-05-25 12:16:35

あなたにオススメの質問