こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

地デジをパソコンで録画して市販のプレーヤーで見る

IOデータの「GV-MVP/XZ」を使用してパソコンに地デジの番組を録画しました。
同梱のソフトを使用してDVD-R(CPRM対応)に焼きましたが市販のDVDプレーヤーでみれません。ディスクを認識しないようです。
何か他のソフトを使用して焼くのでしょうか。教えてください。

投稿日時 - 2011-05-19 18:51:19

QNo.6749027

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

はじめまして。

要因1.使用したDVDプレイヤーがCPRM、VRモードに対応していない。
要因2.使用したDVD-Rが無名ブランドの格安品。
要因3.書き込み速度を最高速で書き込んでいる。

他機で再生出来ないのは大抵がこれらの要因です。
1の場合は再生機器の買い替えです。

2の場合はDVD-Rは原産国日本表記のものをご使用ください。太陽誘電製、そのOEM品。さもなくば三菱化学のVerbatimブランドのものを。
光学ドライブが日本メーカー製のものならば大抵はこの二社でピックアップのレーザー出力を調整しています。
それ以外の無名ブランドの格安品の場合はバクチ品で、粗悪な品に当たると書き込めても自己録再すらできないようなものもあります。
但し光学ドライブが日本メーカー製でない場合は必ずしも品質の高いこの二社のディスクで調整しているとは限りません。

3の場合は書き込み速度を4~6倍に落とします。
IOデータ製のキャプチャーなのでオーサリング、ライティング機能はCORELのMovieWriterのものを使用しているので、書き込み作業画面の向かって左下にディスクに「i」のアイコンがあるはずで、そこをクリックすると書き込み速度の調整が可能です。但し光学ドライブのメーカーによってはこの調整機能が動作しないものもあります。
8倍速、16倍速のDVD-Rでもデフォルトでは最高速で書き込まれるようになっています。
が、最高速で書きこむとエラー増大で認識できないディスクが作成される場合があります。
これは光学ドライブ推奨ディスクでも発生します。
レコーダーのような家庭用機器の場合、光学ドライブは16倍速に対応していても敢えて互換性向上のために、書き込み速度は4~6倍速に制限しています。

記録型光学ディスクはバードメーカー側もディスクメーカー側も基本的に自己録再しか保証していません。
他機での再生は保証外となります。
記録時、記録側の光学ドライブの状態、ディスクの状態。記録されたディスクの記録状態。再生時、再生側の光学ドライブの状態、ディスクの状態の条件が必ずしも一致するわけではなく、互換性の維持が元々困難です。
再生できるのは条件が近い場合のみで、条件がかけ離れていると再生不良、認識不良となります。

この状況を回避するためには書き込み品質の向上を図らねばならず、その作業はPCの場合は任意です、家庭用機器ではないので。
自己録再の場合は書き込み品位が悪くても条件が一致するので。最高速で書きこんでも大抵は再生されます。
元々高速対応の記録型光学ディスクは記録面の有機色素が光により敏感な素材を使用している関係上、品質そのものが低速対応のディスクよりも劣ります。
その上にピット形成に時間がかけられないので、低速で書きこむよりもピットが不鮮明になりがちです
これがエラーの一因になります。

つまりディスクメーカーを選択して、書き込み速度を落としてみるしかありません。

投稿日時 - 2011-05-20 10:34:51

お礼

大変詳しいご回答ありがとうございます。
DVDプレーヤーは東芝製で「SD-B600」と云う機種です。
説明書を見ましたがCPRM,VRモード対応かどうかハッキリしませんでした。
メディアはビクターの日本製です。
書き込み速度はあまり意識しませんでした。切り替えた記憶がありませんので
多分最高速だと思われます。
そのあたりに気をつけて再度やってみます。(プレーヤーはどうにもなりませんが...)

投稿日時 - 2011-05-23 20:54:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問