こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

土地建物の登記について

先日父が他界いたしました。
戸建の家があり
父が建物
母が土地の権利を所有しています。

何年後になるかはわからないのですが
この家は売却する予定です

そこでお聞きしたいのですが
父名義の建物の登記は
すぐに変更しなければならないのでしょうか?

できればそのままにしておいて
何年後かに売却するときに
まとめて登記の変更をしたいのですが
そのつど費用がかさむので

ちなみに私が別の場所に家を購入したときに
父の家を抵当権に入れていたのですが
先月完済したので
抵当権の抹消をしようとしていた矢先でした


なにぶん無知なもので
どなたかお教えいただければありがたいです。
宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-05-12 13:22:55

QNo.6732155

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

義務か義務でないか、と訊かれたら、義務ではありません。でも、放置することは結構危険ですよ。なぜ、たった数万円の費用をけちって数千万円の不動産を危険にさらすのか、私には理解できません。

参考 URL で、ある司法書士の方の意見を示しておきます。

参考URL:http://juri-shihoshoshi.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_13d9.html

投稿日時 - 2011-05-14 23:49:33

まず、死亡届は提出されたのでしょうか? これによって大きく異なります。

1)死亡届を提出していない場合

これは通常の親子間の名義変更と同じように、売却や贈与などの形を取る必要がありますので、お父上の実印と印鑑証明が必要ですが、届けを提出していない間は証明はそのまま取れます。

但し、親子間で売買契約したという形を採るなら、当事者間での契約書や実際にお父上の口座に売買代金を振り込んだという実績が必要となります。 その場合、疑いを持たれないためにも売買代金の設定に注意して下さい。 あまりに低い価格ですと、税務署から「実質贈与」と看做される可能性があります。

因みに、贈与の形をとるのであれば贈与税の対象となります。

2)死亡届を提出した後の場合

この場合、亡くなった人の印鑑証明は取れませんので、上記1)のパターンは無理です。
被相続人であるお父上の不動産名義を変更する場合は相続という事になりますので、簡単にあなたへの名義変更は出来ません。 法定相続人全員の同意書が必要となりますので、よく根回しして揉め事にならないように注意して下さい。

なお、この場合も一定額以上の相続となれば相続税の対象となります。

どちらにしても不動産名義の変更は大変な仕事ですので、民法に詳しい弁護士か司法書士の力を仰いだ方が安心だと思います。

投稿日時 - 2011-05-12 14:19:24

お礼

ご回答ありがとうございました
死亡届は葬儀屋さんが提出しています
名義変更は急がなくて良さそうなので
そのときは司法書士に頼みます

ありがとうございました

投稿日時 - 2011-05-14 12:13:31

ANo.1

相続の登記はすぐにしなくてもかまいません。必要な時にすればいいです。ただし相続登記をせずに放置しておく場合のリスクは、相続人が増える可能性がある事です。現在の相続人が誰になるかわかりませんが、例えば、現在はお母さんとあなたたち兄弟だけが相続人としても、仮に兄弟が亡くなったとした場合、その子供に相続の権利が引き継がれますが、兄弟であれば話がついていたのにその子供の代になると話がこじれる、というような可能性もあります。
抵当権の抹消についても必要な時にすればいいわけですが、抵当権抹消登記を放置しておく場合のリスクは、抵当権者である金融機関が潰れたり、合併でなくなったりした場合に、抹消登記に必要な書類を揃えるのがややこしくなったりします。

投稿日時 - 2011-05-12 14:03:54

お礼

ご回答ありがとうございました
登記の変更はあわてなくていいのですね
安心しました

将来的には(5から10年)以内に
家、土地ともに売却するのでそれまでほっておきます

登記は母にする予定です

抵当権の抹消は早めにしておきます
ありがとうございました

投稿日時 - 2011-05-14 13:22:07

あなたにオススメの質問