こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳お願いします!

 The present report is concerned with a problem crucial to the use of computers, viz. the so-called software, or programs, developed to control their action. The report summarises the discussions at a Working Conference on Software Engineering, sponsored by the NATO Science Committee. The Conference was attended by more than fifty people, from eleven different countries, all concerned professionally with software, either as users, manufacturers, or teachers at universities. The discussions cover all aspects of software including

 • relation of software to the hardware of computers

 • design of software • production, or implementation of software

 • distribution of software

 • service on software.

 By including many direct quotations and exchanges of opinion, the report reflects the lively controversies of the original discussion.

 Although much of the discussions were of a detailed technical nature, the report also contains sections reporting on discussions which will be of interest to a much wider audience. This holds for subjects like

 • the problems of achieving sufficient reliability in the data systems which are becoming increasingly integrated into the central activities of modern society

 • the difficulties of meeting schedules and specifications on large software projects

 • the education of software (or data systems) engineers

 • the highly controversial question of whether software should be priced separately from hardware.

 Thus, while the report is of particular concern to the immediate users of computers and to computer manufacturers, many points may serve to enlighten and warn policy makers at all levels. Readers from the wider audience should note, however, that the conference was concentrating on the basic issues and key problems in the critical areas of software engineering. It therefore did not attempt to provide a balanced review of the total state of software, and tends to understress the achievements of the field.

長くてすいませんがよろしくお願いします

投稿日時 - 2011-05-08 11:57:26

QNo.6722564

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

今回のレポートは、コンピュータの使用にとって極めて重要な問題、すなわち、その動作を制御するために開発された、いわゆる、ソフトウエア、または、プログラムに関するものです。レポートは、NATO科学委員会が後援するソフトウェア工学に関する作業部会での議論を要約しています。会議には11の異なる国から、50人以上が出席しました、すなわち、ユーザー、メーカー、大学の教師と言った、専門的にソフトウェアにかかわる関係者全てでした。議論は、以下のことを含むソフトウェアのすべての面をカバーしています

• コンピュータのハードウェアとソフトウェアの関係
• ソフトウェアのデザイン
• ソフトウェアの生産または導入
• ソフトウェアの配布
• ソフトウェアのサービス。

多くの直接的な引用と意見の交換を含めることによって、レポートは最初の議論の活発な論争を反映しています。

議論の多くが詳細な技術的な性質に関するものですが、レポートはまた、より広い聴衆に興味深い議論を報告しているセクションも含んでいます。これには次の様なテーマが含まれます

• 現代の社会の中心活動にますます溶け込んでゆくデータ・システムにおいて十分な信頼性を成し遂げる問題
• 大きなソフトウェア・プロジェクトに関してスケジュールと仕様を満たすことの難しさ
• ソフトウェア(またはデータ・システム)エンジニアの教育
• ソフトウェアがハードウェアとは別に値段をつけられるべきかどうかと言う非常に論争の的となる問題。

このように、レポートは、コンピュータの直接のユーザーやコンピュータ・メーカーに特に関心のあるものですが、多くの点が、あらゆるレベルで政策立案者に啓蒙、警告を与えるのに役立つかもしれません。しかし、会議がソフトウェア工学の重要な領域における基本的な問題と鍵となる問題に集中していた点に、より広い層の読者は、注意しなければなりません。したがって、それはソフトウェアの全体状況のバランスのよい総括を提供しようとするものではありませんでしたし、その分野の業績を強調するものではないと言う傾向があります。

投稿日時 - 2011-05-08 14:09:19

お礼

ありがとうございます!
こんなに完璧に訳して貰えるなんて感激です!

投稿日時 - 2011-05-08 17:54:51

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)