こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

外国人の就職について

こんにちは。

現在海外在住で、今年の10月には彼と日本で暮らす事になります。
彼の国籍はスペイン、オーストラリア生まれなのでNative English Speaker and bilingual in Spanishです。
彼の就職活動やビザの事など今から準備しなければならない事が色々あります。
ウェブで求人募集など検索していますが、どこもサイドビジネス的なバイト求人みたいなものしか見かけません。
彼はとにかく仕事を見つけなければと必死なのですが
同時にどのような点で今後外国人の彼と日本で生活するにあたり、準備を進めていくべきか、彼の就職相談に併せて私サイドの質問も載せてみます。

実際、外人の日本での雇用は厳しいものなのでしょうか...。

ちなみに彼の取得資格はTESOL, CELTAで、オーストラリアでの語学教師としての経験も5年以上あります。
その他には、I.T programmingや, Taxation Officeでのアカウントマネージメントの経験もあります。

どんな事でも頂けるアドヴァイスに対し感謝致します。
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2011-04-30 03:03:26

QNo.6703524

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

日米ハーフです。日本育ちのため中身は完全に日本人そのものですが、国籍はアメリカのみです。(法律の関係で)

ご質問の内容にお答えするには若干不足するものがありますので、こちらで勝手に仮定しちゃいますね。


まず「彼」ですがあなたと婚姻関係にあるのでしょうか?
なぜこんな失礼なことをきいているかというとビザに影響するからです。
もしあなたの配偶者(夫)であれば彼は「日本人の配偶者等」という在留資格がとれると思います。そうすれば就職先に「労働ビザ」のサポートをお願いする必要がなくなりますので選択肢が増えます。


次に、彼の日本語レベルです。これによって職種や外資限定になるかなどが絞り込まれると思います。


そして職種。
I.T programmingとありますが、最も得意とする言語はどれでしょうか?そしてその経験年数と最後に開発に携わったのはいつ頃でしょうか?
Account Managerも経験ありとのことで色々と豊富な技術をもっていらっしゃるようですね。

語学関係の仕事についてはまったく経験ないのでわかりませんが、ITや会計のスキルがあるならばそちらを活かしたほうがいいんじゃないかなぁ、と個人的には思います。


さて、私の経験上ですが、外国人の雇用は厳しいです。
くわえて賃貸の契約もとても厳しかったです。一緒に暮らすと仮定しますが、場所によっては日本人であるあなたが契約しても配偶者が外国人というだけで断られることもあります。
私は自身で契約しようとしたときは、外国人OK、と話をきいてくれる不動産仲介屋をみつけるだけで苦労しました。どこも口をそろえて「外国人の方ですとご紹介できる物件がありません」でした。

あと役所関係なんかはプライドもなにもすてて「平身低頭」「いつも下手」な態度でいるほうが何事もスムーズに運びます。30年間、日本で「外国人」をやってきて感じたことです。


私が勤めていた会社は中小企業(IT系)でしたが、数人の外国人がいました。主にアジア方面でしたが。。「外国人雇用に積極的な企業」として表彰されたこともあるようです。


Webで求人をみている、とのことですが英語でみていますか?たぶん英語で調べたほうが見つかるんじゃないかと思いますがいかがでしょう?あと、大事なことですが日本のどのエリアでしょうか?外国人雇用はやはり東京が一番仕事があると思います。


以上、思いつくままに書いてみました。

投稿日時 - 2011-04-30 06:31:24

お礼

回答ありがとうございます。
補足させて頂きますと、そうなんです。。彼とはまだ結婚していませんので彼のビザはツーリストビザで日本入国となるでしょう。
私が今彼のビザをサポート出来れば良いのですが、全て日本に帰国後の手続きとなります。
ので、実際今の状態での就職活動は難しいのだと思っています。
それから、もう一つの問題は、彼は日本語が話せません。
それで選択肢も自然と狭まってしまっています。
とにかく、これから覚悟していかなければいけない、”外国人との日本での生活”が色々ある事を再確認させて頂きました。
leaf88さん、ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-04-30 14:13:35

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

 外資系の求人・求職サイトを見てみる。
 「外資系」などで検索。年収500万以上などゴロゴロしている。特に日本へ進出しようとしている企業の意識は強そう。
 もう一方で、向こうにいる時に、日本やアメリカなどでの仕事口を探しておく。そのデータを日本からのアクセスで確認してみる。

 外国人の就職は特に難しくないように見えます。なぜなら日本のように永久就職やおネダリを前提にしていない。例えば上司からの指示は完全に遂行するとか、結果でしか評価されないとか、また失敗すれば即クビとか。いってみればバイトのような感覚。こういう状況に怖じけずいて退いてしまうのが、大半の日本人。でも外国というか大半の世界ではそれが普通なので、あまり心配することはないと思う。特にネイティブではない言葉に慣れていれば、別にどうということはない。(スポーツの選手のような年俸制を想像すればいい。)
 あえて懸念することは、どちらかというあなたの言う、バイトへの不安だろう。欧米企業の高額報酬は、こういった「いきなり退職時」への備えという部分があるので、永久就職のために低賃金で会社の言いなりの日本企業よりもよっぽど安心できる。(ほとんどは年金や保険は自分の報酬から組み立てることになるので、シンドイけれど、自分にとってのオリジナルを作ることができる。)普段から自分の能力を鍛え、小さくても仕事の成果を訴えることができれば、外国企業への就職は特に差別は少ない。
 ちまちまとした就職などではなく、大胆に一歩踏出した方がいい結果が得られるだろう。
(以前、見かけたでかい例ではドイツのSAPの求人を見かけたことがあった。この仕事ではプログラムの知識、チームを編成する能力、さらに組織の一員としての交渉能力まで要求されていた。当然報酬は大きい。)

投稿日時 - 2011-04-30 06:33:31

お礼

心強い回答をありがとうございました。
今後の参考にさせて頂きます!!

投稿日時 - 2011-04-30 13:59:16

あなたにオススメの質問