こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

プラスチックとガラスの違い?

プラスチックに太陽の光を通すのと、
ガラスに太陽の光を通すのでは、
やはりガラスのほうが光を通しやすいのでしょうか?
もしそうだとしたら、なぜなのでしょうか?
たとえば建具でプラスチックを使うのとガラスを使うのでは
どう違うのでしょうか?
教えていただければ幸いです!

投稿日時 - 2011-04-25 13:15:00

QNo.6692785

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

プラスチックといっても色々な種類があると思いますが、年々利用が進んでいる物にポリカーボネートという種類の建材があります。

ガラスと比べた場合の長所は、
1.ガラスが割れるほど叩いても割れない。警察の機動隊が投石から身を守る透明の”盾”に使われています。
2.ガラスに比べると断熱性能が5倍ぐらい高く熱を通しにくい。冷房、暖房の効果を逃がさず、長期間の省エネに貢献します。

ガラスと比べた場合の短所は、
1.表面の堅さで劣るので、堅いものでひっかくと細かい傷がつく。
2.普通のガラスよりも値段が高い。

長年使っても曇らないように、耐候性ポリカーボネートという表面処理をしてあるものがあります。

透明性に関しては多少劣るようですから、景色を眺める眺望窓に使用するのは避け、北側の窓、便所や浴槽など透明性を要求しない窓で、防犯、断熱を求める箇所への利用がお勧めです。屋根から明かりを取る天窓にも割れない、熱を逃がさない特性がプラスに働きます。

ガラスメーカー自身がガラスを補完する高機能建材として開発・販売しているものですので、今後ますます建築物に利用されてゆくでしょう。

http://www.agc.com/polycarbonate/

参考URL:http://www.agc.com/polycarbonate/

投稿日時 - 2011-04-26 11:36:50

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-04-27 15:05:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>ガラスのほうが光を通しやすいのでしょうか?
一般的にガラスの方が通しやすいと思います

なぜというのは判りません。
光を通しやすいような素材で作ったからでしょう。

質問自体が禅問答のようですが安くて安定して透過度が高いのがガラスです。
プラスチックと比較すること自体が判りません。

プラスチックにも透過度が高いものがありますが紫外線等で黄ばんだり表面が劣化します。
今古い車のヘッドライトを見ると白や黄色でくすんでいます。
これはプラスチック製になったからです。
ガラス製なら10年以上経ってもクリアです。
私には高級車をプラスチック製にする理由が全く判りません。
表面だけでもガラスにすれば見た目が悪くなりにくいのに・・・残念ですね。
一部商用車の古くて安~い奴に大昔からあるガラス製ヘッドライトを使っているものを見るときがありますが全く劣化していませんよ。





プラスチックとガラスを使い分けるのは意味がありますね。
 ガラスの方が
  長期的に安定して透明度が高い
  傷が付きにくい
  堅い
  見栄えが良い
  重い


 プラスチックの方は
  割れにくい
  (割れても怪我につながりにくい)
  やわらかい
  平面以外に加工しやすい
  安い  
  軽い


建具でプラスチックを使うのは
 安いもの
 風呂のドアなど安全性が必要な場合
 
ガラスを使うのは
 日が当たる場所
 見た目が必要
 

投稿日時 - 2011-04-25 22:44:37

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-04-27 15:05:55

あなたにオススメの質問