こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

"there is to be ~"

こんにちは。

"Harry potter and the prisoner of Azkaban [UK版]"のP142の第一文に関して質問です。
「To everyone's delight except Harry's, there was to be another Hogsmeade trip on the very last weekend of term.」

上記の文で、"there was to be another Hogsmeade trip"とあるのですが、"there was another Hogsmeade trip "との違いはなんでしょうか?単に"there was another Hogsmeade trip "では駄目なのでしょうか?

教えてください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-04-23 11:56:04

QNo.6687962

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

be to
には,

予定,運命,義務などを表す意味があります。

いずれにしても,もう決まっている,という意味が強く出ます。

there was another Hogsmeade trip
でも間違いではありせん。

でも,それだと,単に旅行があった,という意味になってしまいます。

そうではなく,weekendに,そういう旅行があると決まっていた,という感じになります。

Harry potter を読んだことも見たこともないので,詳しい状況は分かりませんが,be to を使うことによって,だから待ち望んでいた,とか,だから憂鬱だった,という感じが出てきます。

投稿日時 - 2011-04-23 12:49:36

お礼

回答いただきありがとうございました。

be to
で予定、義務、意図、可能、運命を表すということを学んだことを思い出しました。いざ文の中に出てくるとわかりませんでした。

ニュアンスとしても回答いただいたようなことがあるのですね。
詳しく解説いただきありがとうございます。

投稿日時 - 2011-04-24 10:02:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

「To everyone's delight except Harry's, there was another Hogsmeade trip on the very last weekend of term.」だと、すでにHogsmeade tripが「あった」ことになってしまうので、今は「very last weekend of term」の後だということになります。

しかし、「to be」があるので「予定されていた」という意味になり、したがって、今は「very last weekend of term」よりも前だということになります。

投稿日時 - 2011-04-23 17:41:28

お礼

回答いただきありがとうございます。

理解が深まりました。

投稿日時 - 2011-04-24 10:03:14

いわゆる be to が挿入されていますので、
「Hogsmeade へのもう一度の旅行することになっていた」
という予定の意味合いが出ます。
予定といっても、学校などの行事で決められたもので、
個人レベルで自由に決められる予定ではありません。

過去形の場合、実現しなかったニュアンスも含まれますが、
ストーリーとして全体が過去形になっていますので、
実現した可能性もあります。

単に was だと、「実際にあった」という事実を表します。

投稿日時 - 2011-04-23 12:36:17

お礼

回答いただきありがとうございます。

予定を表す不定詞なんですね。

投稿日時 - 2011-04-24 09:59:25