こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

CD-R/RWの種類による違いについて

CD-R/RWには音楽の録音用とデータ用とありますよね?私は基本的にCDーRには音楽しか焼かないんですが、この場合やっぱり音楽用の方が音質はいいんでしょうか?でも値段はデータ用の倍ぐらいしますよね。なるべく音質にはこだわりたいので、その辺で違いがあるかどうか教えてください。

投稿日時 - 2003-09-28 19:28:26

QNo.666413

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

Q/私は基本的にCDーRには音楽しか焼かないんですが、この場合やっぱり音楽用の方が音質はいいんでしょうか?

A/ものによりけりですね。マクセルなどは音楽用は音楽専用の設計のものを出していたりしますが、その差は偏心などの微調整でごく僅かな差ですので、一般のユーザーには分からないはずです。だから、多くのひとは同じと考えますが、ものによっては選別や設計が異なります。(音質差は専用設計ではあります)
そのため、対価に見合うかどうかは微妙ですね。


それと、データ用と音楽用は圧倒的な違いがもう一つあります。それは、低倍速(等速~4倍速)に最適化されており、低速でじっくりと書き込むため高倍速用のデータディスクより記録後の安定性が高いです。これは、音楽用のレコーダーが4倍速程度の低速で動作するためで、データ用のディスクをそのまま使うと既に40倍速オーバーに達しており、焼き損じに繋がるためメディアの変化速度の低い旧来の技術を用いた色素を使っています。

高倍速メディアは、化学変化を少ない光量で行えるように設計されているため、長期保存に多少弱くなる傾向もあるようですのでね。

まあ、よほど大事な音楽などは録音用にしても良いでしょう。一般にPCで焼くならデータ用。できれば、48倍速など用よりは1~32倍速ぐらいのメディアを選ぶ方が良いかな。

投稿日時 - 2003-09-29 08:29:24

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

音質的な違いはありません。
音楽用の場合、著作権法のからみで「私的録音補償金」が価格に含まれています。

オーディオ機器のCDレコーダーの場合は、音楽用CD-Rしか使用できません。

投稿日時 - 2003-09-28 19:38:31

ANo.1

音楽用は、音楽の複製専用のメデイアです。
ただし、原理的には構造はデータ用と全く変わりません。
単に、音楽著作権の使用料が含まれているだけです。
パソコンで録音する場合には、どちらも使用できます。
なお、自分で自然の音とかを録音する場合には、音楽用CDは使うとムダです。
支払う必用の無い料金まで支払う事になってしまいますので…

音質ですが、性能的には中クラスのようです。
粗悪品も無い代わりに、高性能な物も無いようです。

投稿日時 - 2003-09-28 19:35:33

あなたにオススメの質問