こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

皮膚のケロイドについて

五年ほど前からだと思うのですが、突然皮膚が痒くなりはじめ、数日後にはケロイドの様なものが出来ておりました。
切り傷や怪我をした覚えは無く、突然だったのでびっくりしたのですが痒み以外は全く無くそのまま放置していました。
ですが次々と同じようなものが胸を中心に出来る様になって少しずつですが大きくなったものもあります。
やはり痒み以外は無いです。
気になった皮膚科を受診したのですが、ケロイドだと言われ、体質の問題との診察。
痒くてかきむしる日々が続いております。
最近では掻きすぎて炎症を起こします。膿がケロイドのところに溜まって痛いし痒い。
やはり皮膚科受診しても医師は体質的な問題だから、の一言で終わりです。
なるべく痒くてもかかないようにしているのですが、寝ているときに無意識に掻いている場合があります。
ですので、夜寝るときには掻かないように手袋をして寝るようにしてます。

何度も同じ事を繰り返してどう使用もありません。
ケロイドに良い塗り薬はありませんか?どうすればケロイドは治りますか?

投稿日時 - 2011-03-31 00:37:06

QNo.6633188

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ケロイドは副交感神経が優位でリンパ球が多過ぎる人が悩まされるものです。リンパ球が多いとアレルギーをともなうことが多くなりますが、ケロイド治療にアレルギー治療薬を使うことがあることからもケロイド形成にリンパ球が関係してることが分かります。
副交感神経が優位になる原因は心や体がリラックス過剰になってるからです。例えば過食、肥満、運動不足、甘いもの好き、穏やかなメリハリの少ない生活の傾向が強くなればなるほど副交感神経が優位になってリンパ球が増えてきます。こういう方はどちらかというと穏やかな性格で色白でふっくらしてるタイプです。リンパ球が増えると湿疹や蕁麻疹など痒みの強い皮膚トラブルがふえてきます。

お分かりだと思いますがケロイド形成を減らすには、運動が必要ですし、甘いものを減らしたり小食にして心や体を鍛えることが必要です。

投稿日時 - 2011-03-31 19:36:43

お礼

有難うございます。
考えてみれば確かに少し自分に甘えていたふしがあります。
これから一気には改善してはいけませんが、少しずつ地道に頑張っていこうか思います。

投稿日時 - 2011-04-03 13:31:57

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

突然のことでさぞ驚かれたことと思います。

ケロイドは通常、傷や虫さされの後などにできますが、原因不明のものもあり、皮膚科の先生のいうようにケロイド体質というものが指摘されています。一般にかゆみや時には疼痛を伴うこともあり、また醜形から精神的な負担も大きいです。

軟膏などの塗布が奏功することもありますが、手っ取り早いのは形成外科を受診し、ケロイドを外科的に切除してもらうことです。しかし、術創から再発することも多々あるため、放射線治療を併用します。

ケロイドの手術をした日かその翌日から、術創に標準的には3回放射線を照射します。

多くはこれで治癒しますが、しばらくは傷口を日光に曝したり、引っ張られるようなことをしたりするのは避けておいた方がよいです。

参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2011-03-31 01:54:36

お礼

有難うございます。
確かに切除した方が手っ取り早いでしょうが、昔手術したことがありまして、其処の部分が未だにケロイドとして残っているので切除は諦めていたんです。
どうせ切除してもケロイドとして痕が残るから、と思っていたのですが放射線治療もあったんですね。
初めて知りました。
とても参考になります。

投稿日時 - 2011-04-03 13:36:20

あなたにオススメの質問