こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

夏目漱石「三四郎」 作品本文の構造

「駅夫が屋根をどしどし踏んで、上から灯(ひ)のついたランプをさしこんでゆく。」(夏目漱石「三四郎」 作品本文)の列車の構造をおしえてください。調査しようがありません。私の想像(創造?)した解釈は、「駅夫が、汽車の屋根をどしどしと踏みながらやって来て、通風口である天窓を通して(上部から)点灯させたランプを、車内にあるランプ掛けに、ひとつひとつ掛けて行く。」です。??? よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-03-29 23:25:14

QNo.6630592

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

既にNo.1の sosdada 様が明解に文章でお答え済みのところでは御座いますが、
…外部からのみで申し訳ありませんがm(_"_)m…
私は視覚部門を担当させていただきます^^

先ずは、鉄道博物館のヒストリーゾーン1Fに展示されている
「明治期の客車」(模造)明治期の3等客車を模して作られた実物大展示用車両。
の写真をよ~く目を凝らして御覧下さい!!
http://www.railway-museum.jp/zone/history/01.html#05
(客車の左上に何やら見えますよね^^)

続いて、上の写真の逆方向からの拡大写真を御覧下さい!!
客車のランプを取り換える「おっちゃん」の姿だそうです^^
http://image.blog.livedoor.jp/yukikaze498aegis/imgs/8/9/89284034.JPG

livedoorBlog>一般>雪風>鉄道博物館へGO!~実物車両展示編~2007年11月10日
http://blog.livedoor.jp/yukikaze498aegis/archives/362574.html

以上 少しでもイメージが膨らめば幸いです^^

投稿日時 - 2011-04-05 01:25:43

ANo.1

そのとおりです

投稿日時 - 2011-03-30 00:07:55

あなたにオススメの質問