こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Soralisのshutdownオプション

Soralisに詳しい方、ご回答ください。
私はあまり詳しくないので、今SOFTBANK社の「Soralisコマンドスーパーリファレンス」を読んでいたのですが。。
p157の再起動または停止(shutdown)のところなんです。使用例で、#/usr/sbin/shutdown -i5 -g0 -y は、"ただちにリブートします"と書いてあるのですが、確かリブートのオプションは、-i6では?-i5は電源OFFですよね。これってこの本の誤植なんでしょうか。。何か気になるので確認したいのですけど。。Soralisプロの方で、この本持ってる方、p157の使用例のとこ見て頂けませんか。お願いします。

投稿日時 - 2003-09-24 01:36:28

QNo.662735

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私もこの本は持っていませんが、
# /usr/sbin/shutdow -i5 -g0 -y
正しい表現と思います。
マルチユーザで、システムを利用している場合はを想定しています。

shutdownコマンドは、スーパーユーザが使用します。
-i
init state

i0:オペレーティングシステムの停止
i1:管理状態
i2:sまたは、Sシングルユーザモード
i5:電源を切っても安全なようにマシンを停止します
i6:オペレーティングシステムを停止して、/etc/inittabの
initdefaultの定義に従ってリブート

run levelに相当するものです。

-gXX
grace-period
ディフォルトは、60秒
The system will be shutdown XX (minutesまたは、seconds)

-y
ユーザの介入を必要としません。
Do ou want to continue ? (y or n):

Solarisが利用できるようになったら、
man shutdown
で確認してください。

投稿日時 - 2003-09-24 07:30:03

お礼

詳細なご教示ありがとうございます。
man shutdown で確認してみます。

投稿日時 - 2003-09-24 22:48:45

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

28人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

No.3の訂正です。


質問の趣旨からいえば、-i5は、明らかに、-i6の誤りだと思われます。

質問の趣旨を取り違えていました。申し訳ありません。

投稿日時 - 2003-09-24 09:13:13

お礼

いえいえ、やはりそうですよね。
リファレンス本でもそんな間違いがあるんですね。
ソフトバンクさんも、ちゃんと確認してから出版してほしいものですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-09-24 22:54:24

ANo.2

その本は残念ながらもっておりません。

たしかに5はpower-offで、rebootは6ですね。

各run-levelの正確な意味についてはinit(8)をご参照ください。

投稿日時 - 2003-09-24 02:59:50

お礼

ありがとうございます。やっぱりそうですよね。
個人の書いたmanualをチェックしていたら、(別件なんですが)間違いに気づき、本で確認していたらコレまで怪しく。。もう何も信じられない。。(とか(^^;)頑張ります。ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-09-24 06:44:13

ANo.1

わたしも「-i6 はシステムをリブートへ」と記憶しております。

でも正解は、オンラインマニュアルを見てください。
man shutdown で調べてください。

参考URL:http://www.b-dash.net/solaris/solaris_4.html

投稿日時 - 2003-09-24 02:57:00

お礼

情報ありがとうございます。やはり。。この手のリファレンス本でこんな間違いが許されるんでしょうか。。コレのせいで誰かかけだしのシステム管理者さんとかがシステム操作を誤った場合、かなりまずいのでは。。(ここはソフトバンク社にも確認してみます。)ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-09-24 06:49:56

あなたにオススメの質問