こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

パン生地のgrün

ドイツ語と製パンに詳しい方、ご助言をお願いします。

Die alternative Bandförderung ist für (fast) grüne Teige und für „volle“ Backstuben optimiert.

パン生地捏ね自動機械のパンフレットを読んでおりましたら、上記の文がありました。
grünは「生(なま)」の意味がありますが、パン生地の「生」または「ほぼ生」がしっくりきません。
正しい訳語をご教示くだされば、幸甚です。宜しくお願いいたします。    (以上)

投稿日時 - 2011-03-26 17:53:49

QNo.6622458

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

grüne Teige を「生パン生地」と訳しておられますが、前の単語Bandförderungが
「ベルト搬送」とすると、こねた生地をKneter から取り出し次の行程に移す機器に
付いての記述ではないでしょうか。

そうすると grün の訳が問題になりますが、調べた範囲では「生」との関連を伺える
ものはドイツのHPには見あたりませんでした。もともとTeigは生ですし。
Teigとの関連では、rot, grün, weiss だけでそれぞれ添加物の有無で着色したものです。
緑なら、ホウレン草、クロレラや食品用染料等です。
そういう着色材(剤)を入れた場合、Teigが通常より軟らかくなり、取扱し難くなるという
記述が有りました。
この観点からは、ベルト搬送と辻褄の合う訳も可能と思いますがいかがでしょうか。
生地こねはバッチ式ですのでかなり大がかりな設備でしょうか?

パン屋の隣の部屋で、3時頃にKneterがうなりだし、6時頃にパンの香りがする
生活をした製パンのリズムしか知らない者のコメントです。

投稿日時 - 2011-03-28 13:42:49

お礼

ご回答ありがとうございました。
gruenそのまま緑色のパンも考え、ネット上にも、ご回答のパンがありましたが、
すると、ほぼ(fast)緑とはなにか?で壁に当たり、こちらへまいりました。
もうしばらく考えてみます。   (以上)

投稿日時 - 2011-03-30 19:59:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問