こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

地震発生9日目に救出された祖母と孫の謎

倒壊住宅 9日ぶりに2人救助
「救助された住宅は本来木造2階建てでしたが、1階部分がつぶれ、平屋建てのようになっていたということです。」
「震災直後から、がれきの下の部屋の中に閉じ込められていた。冷蔵庫の中に食料があったので、それを食べていた。きょうになってすき間ができたので、自分だけ外に出ることができて助けを求めた」
「孫の任さんが母親に電話をして状況を伝えていましたが、母親との連絡が途絶えてしまったため、その後も救助が来なかったということです。
震災の2日後に親族から捜索願いが警察に出されていました。2人が救助された現場は石巻湾に注ぐ川の近くで、津波で住宅が押し流されるなど大きな被害が出ていました。阿部任さんの父親の阿部明さんは、NHKの電話取材に対し、「地震発生の翌日に家族が任さんの携帯電話に電話したところ、『閉じこめられている』と話したので、絶対生きていると思っていた。救出されたと聞いてほっとしている」と話しました。」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110320/k10014801001000.html

地震の翌日までケータイがつながり、両親と連絡がつき、両親が警察に連絡しているのに、
どうして発見されなかったのか。
両親が自宅を見にゆけば発見されたのではないか?
救助隊が救助のために声をかけてつづけて筈なのですが、どうして見つからなかったのか?
どうして今日になって隙間ができ、自力で出ることができたのか?
謎だらけです。

投稿日時 - 2011-03-20 22:20:56

QNo.6607646

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

No.4です。

>津波が移動した方面を探索し、
>見慣れた我が家の屋根を見つけるのですが。
瓦礫の半径100メートルをくまなく歩くのは難しいですし、
テレビで救出シーンを放送していましたが、救出された
家は2階部分だけで90度横転しており、他の家や瓦礫
に囲まれて、見える屋根は一部だけ。
屋根が同じ色の家は多いので、余程、特徴的な色の屋根
でなければ、「見慣れた我が家の屋根」には見えません。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011032100315


>ケータイで無事が確認されているのですから、
>かなりしつこく探す筈です。
お父さんは交通手段がなくて来れませんでしたが、
家族は諦めずに、救助されているのではないかと、
毎日必至であちこちの避難所を探していました。

「救助の少年の父親会見要旨」
私は仙台市にいたので、石巻51 件市にいた家内と妹、
途中から合流した長男が(9日間)捜していた。
(家族が)現場や近くの避難所を捜したが(家は)見つから
なかった。一昨日(18日)、警察に捜索願を出した。
http://www.fukuishimbun.co.jp/nationalnews/CN/national/425332.html

>インタビューでも釈然としませんでした。
確かに、放送時間の関係でインタビューがカット・編集されて、
各局のニュース・ワイドショーの情報は断片的でした。


>「捜索の声は聞こえてました」
>シャイな性格のようですね。
屋外から出した声がかすかしか聞こえなかったので、
屋内から出した声は救出隊に届かなかったと思います。
小中で野球をやっていた少年が、気管がやられる程、
大きな声でどれだけ叫びつづけたのでしょうか?

「言葉にならないようなかすかな声が聞こえた」
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110321/myg11032121450020-n1.htm
任さんは、気管などが破損し、漏れた空気が肺にたまる
「縦隔気腫(じゅうかくきしゅ)」の所見があり
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110322-00000073-san-soci

投稿日時 - 2011-03-25 18:08:09

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

回答にはなっていないかも知れませんが、
元の位置から100mほどしか流されていなかったようですので、
どうして見つからなかったのか不思議でなりません。

投稿日時 - 2011-03-22 15:12:02

補足

普通に考えれば、家の土台しかなかった場合、津波が移動した方面を探索し、
見慣れた我が家の屋根を見つけるのですが。
ケータイで無事が確認されているのですから、かなりしつこく探す筈です。
インタビューでも釈然としませんでした。
「みてません」「おぼえてません」「捜索の声は聞こえてました」
シャイな性格のようですね。

投稿日時 - 2011-03-22 21:00:53

ANo.5

No.4です。

「2人は自宅2階で食事中に地震に遭い、
自宅は津波で押し流された」

父親明さん
津波の後、任さんと家族は携帯電話で一時、
連絡が取れていたが、自宅を見つけることが
できず、18日に宮城県警に捜索願を出した。
家があった場所には「基礎しか残っていなかった」
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011032090230605.html

この日、初めて子供が通れるほどの隙間を見つけ、
屋根裏を突き破り、がれきをかき分け、屋根にはい
上がって家の外へ出たという。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110320/dst11032021520099-n1.htm

投稿日時 - 2011-03-21 00:28:37

お礼

ありがとうございます。
家が流されて、
二階に台所があったわけですね。
真っ暗な中で脱出口も見つけにくかったのでしょう。
疑問が氷解しました。

投稿日時 - 2011-03-21 01:26:20

ANo.4

>どうして今日になって隙間ができ、自力で出ることができたのか?
任さんは「(助けを求めようと)穴を作って屋根裏に出て、
屋根を破った」と警察に説明。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011032000230
勝手に隙間ができたのではなく、隙間を作ったのです。
地震当時に台所にいたそうなので、おそらく潰れた1階。
隙間を縫って、瓦礫をかきわけ、屋根を破って脱出できた
のが今日だった。今日までかかったという事です。

>救助隊が救助のために声をかけてつづけて筈なのですが、
閉じ込められていたので、声が届かなかったのでは?
警察が現場に来たのが今日だった可能性も有ります。

>両親が警察に連絡しているのに、どうして発見されなかったのか。
>両親が自宅を見にゆけば発見されたのではないか?
石巻市は、行方不明者の数について、1万人に達すると推定
15日正午の時点で、少なくとも死者が425人、行方不明者が
1693人 (届出のあった行方不明者だけでも1693人です)

一部の道路が津波によって流されたがれきや浸水などで通れ
ない状態になっている
(→今回の地震で沿岸の広範囲が地盤沈下し、海面より低く
なって海水が引かない状況にあります。また、津波で家が遠く
へ流されてしまっていたのかもしれません)

石巻市内では、ガソリンなどの燃料不足が深刻になっていて、
被害の確認に回る市の車両の運用にも影響が出始めている
(探しに行きたくても行けない環境にあったという事です。)http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110316/k10014724701000.html

投稿日時 - 2011-03-20 23:29:20

補足

ありがとうございます。
別のニュースで、現場は13日まで水浸しで救助活動が行われなかったそうです。
また現場では救助活動は終了していて、2,3日前から瓦礫の撤去作業が始まっていたそうです。
崩壊した家は、外から見て、まさか人がいるとは思えないような崩れ方だったのでしょう。
救助犬なら発見できたのでしょうけど。

投稿日時 - 2011-03-21 00:12:13

まだ情報のすべてが判っているわけではないので。
いろいろ推測してもきりがない。

外野は静観しましょう。

投稿日時 - 2011-03-20 22:53:40

現地にはヨソから見たら理不尽な事だってあると思うねん!


「何でこんな簡単な事が…」


とか、「こんなん絶対に可能やろ…」



とか!




今回の話も決して今まで放置してたワケじゃ無いはず…!




ってか…



生きてて良かったな(;_;)


ニュース見てグッときたわ(涙)

投稿日時 - 2011-03-20 22:45:45

ANo.1

>両親が自宅を見にゆけば発見されたのではないか?

津波で自宅が流され、本来ある位置になかったからでは?

投稿日時 - 2011-03-20 22:39:41

補足

2階が1階のようになっていた、冷蔵庫があったことから、
家は流されていないのではないでしょうか。
流されたら、80歳の方は濡れて、寒さで生き残れないでしょう。

投稿日時 - 2011-03-20 23:30:32

あなたにオススメの質問