こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

福島第一原発が、炉心から爆発した場合の退避範囲

福島第一原発が危険な状態になっています。では、福島第一原発が、炉心から爆発して圧力容器・格納容器ともに全損した最悪の場合を想定すると、健康に悪影響が出るのは、もちろん風向きの問題はありますが、およそ半径何kmくらいでしょうか?また、逆に今以上に状況が悪化せず、鎮火・冷却に成功した場合に、立ち入り禁止とすべき範囲は半径何kmくらいでしょうか?

投稿日時 - 2011-03-18 23:44:07

QNo.6602950

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

あなたが心配している爆発どの爆発を指すのかが判らないので何とも言えませんが・・・。

まず、炉心からと言う事なので核爆発のような物を想像しているのでしたらば、それはありえません。
なぜならば、構造が根本的に違うからです。ウラン・プルトニウムの濃縮濃度も違うし、圧縮密度も違います。

次に、今までに起こっているような水素による爆発を言っているのでしたらば、格納容器・圧力容器を全損する爆発が起こってもチェルノブイリのようにはならないでしょう(そこまでの被害にならないの意)。理由としては、軽水炉と黒鉛炉の違いがあり燃料の形態が違うこと、広範囲に放出される物がFPである事があげられます。

それらを踏まえて私の考えで申し訳ありませんが、完全に圏内から避難するのが50km~80km圏内(安全を考慮して余剰に見ると80km)、屋内退避が50km~180km圏内(同180km)、衣服に注意したりマスクをして自己防衛をするのが180km~300km圏内(同300km)では無いでしょうか。これは、圏内からの退避は放射線及び降下放射性物質に対する対応、屋内退避と自己防衛は降下放射性物質に対する対応を見ています。ただ、圏内退避エリアはその中の距離等に応じて戻れるまでの期間が違うでしょう。これは、FPには半減期の短いマンガン54やストロンチウム90(1年未満)や中期のコバルト60(5.27年)やセシウム137(30年)そして半減期の長いヨウ素129(157万年)やトリウム232(14億年)があるためです。

上記を基に考えて半径30km~50kmを立ち入り禁止にする位でしょうか?



今のまま終わった場合ですが、

投稿日時 - 2011-03-19 02:36:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

世界保健機関(WHO)は18日、福島第1原発の放射能漏れ事故に関連し、原発から半径30キロ圏内を除けば、現時点で東京都内を含め日本への渡航を制限する必要はないとの見解を公表した。
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110319k0000e030023000c.html?inb=yt

【IAEAも断言】専門家チーム「東京都内で健康上の危険はない」
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110319k0000e030024000c.html

投稿日時 - 2011-03-19 15:38:16

ANo.1

>炉心から爆発して圧力容器・格納容器ともに全損した最悪の場合を想定すると

炉心の緊急停止に成功し、かつ炉心にホウ酸入りの水をぶち込んだ時点でもうありえませんけど(苦笑)
まあ、本当に爆発したら風下から500kmの範囲は一時待避が必要です。
本当に原子炉が爆発したチェルノブイリの事例を調べれば、すぐにわかります。


>逆に今以上に状況が悪化せず、鎮火・冷却に成功した場合に
>立ち入り禁止とすべき範囲は半径何kmくらいでしょうか?

まだはっきりしたことは言えませんが、ほとんどの放射性物質は半減期が短いので、すぐに収まります。
半減期が長い(約30年)セシウム-137の汚染が、どこまで広がっているかでしょう。

投稿日時 - 2011-03-19 00:03:48

お礼

ご回答、ありがとうございます。

>>本当に爆発したら風下から500kmの範囲は一時待避が必要です。

東京が入りますね。名古屋くらいまで一時退避ですか。

>>炉心の緊急停止に成功し、かつ炉心にホウ酸入りの水をぶち込んだ時点でもうありえませんけど(苦笑)

そうなんですか。自衛隊や米軍まで出動して必死の作業が続いているため、放置すれば炉心からの爆発が起きるのかと思いました。メルトダウンが発生したようですが、メルトダウンしても炉心から爆発はしないんですか。

投稿日時 - 2011-03-19 00:18:52

あなたにオススメの質問