こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

デジタル一眼で撮影した写真が緑っぽい

デジタル一眼レフで撮影を始めたばかりの初心者です。
色々撮影しているんですが、どうもうまくいかない事があるので質問させてください。

使用カメラはNikon D3100で
レンズはレンズキットで付いてきたAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRをそのまま使用しています。
夜景を何枚も撮影したんですが、どの写真も全体的に緑っぽい仕上がりになってしまいます。

撮影写真は以下に掲載しています。
http://photohito.com/photo/1085967/

三脚とリモートレリーズを使って、以下の設定で撮影しました。

ISO感度 1600
露出時間 2.5 (5/2) 秒
露光補正値 0 EV
絞り f/5.6
焦点距離 30 mm
ホワイトバランス Auto
フラッシュ ストロボ発光せず

シャッタスピード優先モードでシャッタースピードを遅めにして撮影したんですが
そのようにして撮影した写真は、全部上のような緑がかった写真になってしまいます。
また、後ろの空もここまで紫色ではありませんでした。
(写真下の赤く映っているのは、自転車のリアライトが写りこんだものです)

どのような設定に変えれば、ちゃんとした写真が撮れるでしょうか?
ご回答の程よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2011-03-13 23:27:32

QNo.6591254

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

写真を拝見させて頂く限りですと、おそらく撮影された時点での光源に
水銀灯またはそれに準ずる人工灯があったものと推測致します。

露光データとトワイライトの空から考慮すると日は落ち、自転車の影が
ハッキリ出ていることから、何らかの人工灯があるのはほぼ間違いないでしょう。

特に水銀灯は強い輝線スペクトルを持っており、フィルムやデジカメで
撮影すると強いグリーンかぶりが発生しやすくなります。

人間の目は輝線スペクトルに鈍感な上、順応性がありますので、肉眼で見る
限りはあまりグリーンかぶりしないんです。

デジカメと人間の目の特性の違いとも言える問題で、解決するには意図的な
レタッチが必要となってきます。オート撮影で解決するのは困難でしょう。

投稿日時 - 2011-03-13 23:43:17

お礼

光源は確かに人工灯がありました。
ただ、水銀灯であったかどうかはわかりません。
しかし、この写り方と解説していただいた特性から
水銀灯であった可能性が高いですね。
レタッチで何とかしたいと思います。

投稿日時 - 2011-03-14 18:13:34

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

原因は、他の方々が仰ってるので、こういう混合色は、あちら立てればこちら立たずで、大変でレタッチが一番と思います。
これは、簡単にやっただけで失礼ですが、だいたいこんな風にすれば、いいのでは・・・と感じました。
尚、ging-nang-boyz36さんの画像を勝手に使用しましたことをお許しくださいませ。

投稿日時 - 2011-03-14 09:46:06

お礼

いえいえ、ご使用くださってかまいませんよ。
この画像だとかなりイメージに近いです。
本当はもっと空の色は藍色に近かったですが、元のデータと比べればかなり良く見えます。

投稿日時 - 2011-03-14 18:19:53

ANo.5

>ホワイトバランス Auto
この様な条件下(光源)ではAutoは信用出来ないですね。
取り敢えず、色な光源設定で合う設定を試すか回答されているWBの
マニュアル設定を試すでしょう。
RAW撮影ですと近い光源の設定で合わせ現像時、補正するのが割と
楽に調整出来ます。

投稿日時 - 2011-03-14 08:38:14

お礼

今度撮影するときは、ホワイトバランスを変えるか
マニュアル設定して試してみます。
RAW+FINEで撮影していますが、レタッチも思うようにいかないですね。

投稿日時 - 2011-03-14 18:17:49

ANo.4

No.2です。
少しだけ補足させてください。

光源によるグリーンかぶりの除去についてはNo.3様の適切なご説明の通り、
MWB(マニュアルホワイトバランス)を設定することにより、補正されます。
ただ、これですとバックの空のトワイライトもその色が強調されてしまいます。

ご質問文にある「後ろの空もここまで紫色ではありませんでした」という点と
「どのような設定に変えれば、ちゃんとした写真が撮れるでしょうか?」という
疑問に関し、グリーンかぶりの補正とバックの空の色彩の両立という観点から
前回は説明させて頂きました。

グリーンかぶりの補正だけですと、No.3様の回答が的を射ており、適切だと
思います。

投稿日時 - 2011-03-14 00:07:59

お礼

空の色も出来れば自然な色にしたいと考えていました。
確かに緑っぽくなているところを補正すると
空の紫色が強調されてしまいました。
思い通りに撮影・レタッチするのは難しいですね。

投稿日時 - 2011-03-14 18:16:37

光源は何でしたか?
水銀灯や蛍光灯の下ではホワイトバランスがAUTOでもうまく調整できない事が多いです。

このような場合は、被写体の位置に白い紙を置きそれを画面いっぱいに写して、それを元にホワイトバランスをマニュアル設定します(詳しい設定方法は取説で確認してください)。

または、RAWで撮影し、現像時にホワイトバランスを調整する方法もあります。
ニコンの付属ソフトでどこまでできるかわかりませんが、クリックホワイトバランスで白いところをクリックすると、そこを白にするように調整できるかもしれません。

投稿日時 - 2011-03-13 23:44:38

お礼

光源は街灯がありました。種類はわかりません。
ホワイトバランスこういった場合、マニュアルで設定するのがのぞましいですね。
その方法試してみたいと思います。

投稿日時 - 2011-03-14 18:15:21

ANo.1

一番簡単なのは、PL(偏光)フィルターを使用することです。

詳しくは、「PL(偏光)フィルター」で、検索して下さい。

投稿日時 - 2011-03-13 23:40:21

お礼

設定や補正でどうにか対処したいところですが
偏光フィルターというものもあるんですね。
参考になりました。

投稿日時 - 2011-03-14 18:11:48

あなたにオススメの質問