こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

[派遣]傷病手当給付金について

派遣社員で勤めていて、病気やケガにより就業が
困難になり、契約が更新できなかった場合、
派遣会社の社員でなくなってしまいますが、傷病手当
給付金は契約が終了後も受給可能なのでしょうか?


派遣という雇用形態が不安になってしまい・・・

すみません、教えて下さい。

投稿日時 - 2011-03-09 16:07:17

QNo.6581356

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

傷病手当金を受給するためには、まず3日連続して休職します、これを待期期間といってこの3日間は傷病手当金は支給されません。
そして次の4日目から傷病手当金が支給されることになります。
もちろんこの期間に対する質問者の方が就労不能であるという医師の意見書が必要です。
またこのように傷病手当金を支給されているあるいは支給される条件が揃っているなら、その状態で退職すればその後も医師の就労不能と言う意見書があれば継続給付といって傷病手当金が支給されます、ただし退職時に健康保険の被保険者期間が1年以上あることが条件です(支給される期間は最初に支給されてから1年6ヶ月です)。

傷病手当金の受給には出勤簿や賃金台帳のコピーなどの添付書類あるいは会社の記載がいるので会社の協力が必要です。
また医師の就労不能と言う証明も必要です。
具体的には健保から申請書の用紙を貰って、その用紙には医師の意見を書く部分がありそこに就労不能と言う意見を書いてもらいます、あとは会社の証明する部分は会社が記載して、出勤簿や賃金台帳のコピーなどの添付書類を付けて健保に提出します。
医師に意見を書いてもらうのは病院で質問者の方自身がやらねばなりませんが、他のことは通常は会社の総務辺りがやってくれるものです。
ですからそれをやってくれるように、会社に協力を申し入れるのです。
それが健保で認められれば途中で退職しても継続給付と言う形で傷病手当金は支給されます、その期間は支給開始から最大で1年6ヶ月です。

それから失業給付についてですが。
失業給付の受給の条件の一つは働ける状態にあるということです、一方傷病手当金は働けない状態であることが前提です。
ですから傷病手当金を受給していれば、失業給付は受給できません。

そういう場合には、安定所へ受給期間の延長をします、最大3年(本来の1年と併せて4年)の延長が出来ます。
そして病気が良くなり働ける状態になったときに、仕事を探すのであれば失業給付を受けることが出来ます。
手続きとしては退職後30日を過ぎてから1ヶ月以内に雇用保険者証と離職票を持って安定所へ行き申し出てください(医師の診断書もいると思います)。
代理人に依る書類の提出あるいは郵送に依る提出が認められています。
そして働けるようになったら受給の手続きをします(このときも医師の診断書がいるはずです)。

つまり医師が働ける状態でないと判断すればその間は傷病手当金を受け取ることが出来ます(もちろん期限はあります)。

>派遣会社の社員でなくなってしまいますが、傷病手当
給付金は契約が終了後も受給可能なのでしょうか?

前述のように退職時に被保険者期間が1年以上あり、在職時に傷病手当金を支給されているあるいは支給される条件が揃っているなら、その状態で退職すればその後も医師の就労不能と言う意見書があれば継続給付といって傷病手当金が支給されます。

>派遣という雇用形態が不安になってしまい・・・

雇用形態は関係ありません。」

投稿日時 - 2011-03-09 17:34:06

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

1)健康保険の退職日(資格喪失日前日)に傷病手当金を受給している
2)退職日(資格喪失日前日)に健康保険被保険者資格が継続している
2つの条件を満たしていれば継続給付という形で資格喪失後の期間も受給することが可能です。

健康保険では、雇用形態について把握しているわけではありません。
派遣でも条件を満たしていれば問題ないわけです。

投稿日時 - 2011-03-09 16:17:28

あなたにオススメの質問