こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本は、政府は、本当に貧乏なんですか?????

 抜かれたとはいえ、日本と同じくらいのGDPの中国は、莫大な公共事業、
すさまじい軍備増強、多大な対外投資、広い国土の災害からの保全、
そして13億以上の国民の福祉を賄っています。
 ところが、高齢化したとはいえ、中国の10分の1の人口の日本が、
つまり、一人当たり中国の10倍のGDPの日本が、その政府が、
年金さえも払えないで苦しんでいるのは、何故でしょうか? 
 本当に日本の国が貧乏なのでしょうか?
 ほんとうに、税金が足りないのでしょうか?
 日本国民が、豊かなのでしょうか?
 日本のGDPは、どこへ行っているのでしょうか? 
 中国のことと比較して考えると、どうにも不思議です。
 どなたか、分かり易く教えて下さい。

投稿日時 - 2011-02-21 17:52:56

QNo.6540054

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

抜かれたとはいえ、日本と同じくらいのGDPの中国は、莫大な公共事業、
すさまじい軍備増強、多大な対外投資、広い国土の災害からの保全、
そして13億以上の国民の福祉を賄っています。
 ところが、高齢化したとはいえ、中国の10分の1の人口の日本が、
つまり、一人当たり中国の10倍のGDPの日本が、その政府が、
年金さえも払えないで苦しんでいるのは、何故でしょうか?

一言で言いますと、政策当局者の政策運営が、あまりにも酷いの一言に尽きると思います。
従って、20年間の政策不況が、日本経済や国民生活を弱体化させている。

本当に日本の国が貧乏なのでしょうか?

貧乏の定義が重要だと思いますが、日本の政府自体は、貧乏と言ってよい状況だと思います。

ほんとうに、税金が足りないのでしょうか?

税収は、確かに足りません。税収が減少している原因は、名目GDPが20年間成長しないので
企業所得、家計所得も増加せず、その結果、所得税、法人税収入が減少しています。

日本国民が、豊かなのでしょうか?

豊かさの定義が、これまた難しいですが、物理的に言えば、20年間、所得が増加していませんので
相対的には、豊かとはいえないと思います。

日本のGDPは、どこへ行っているのでしょうか?

GDPのうち、所得がどこへ行っているのか?問いですと、生活防衛、企業防衛のため、家計は、消費を渋り、企業は、投資を渋っています。企業の場合、投資を渋りすぎると、競争力がなくなりますので、最低限のものしかやろうとせず、借り入れの返済をやったりしています。その結果、だぶついた資金は、金融機関に回り、金融機関は、貸出先が見つけられませんから、国債や地方債を購入しています。 

投稿日時 - 2011-02-23 11:16:04

ANo.8

日本の平均的な国民の生活水準は他の先進国並みに高いです。
ただし、所得格差と資産格差がかなりあるようです。

一方、国家の財政に目を向けると
国家財政の収支のバランスが非常に悪いです。
国は収入に見合わない支出をここ何年も続けています。
景気テコ入れのため、多額の借金をして公共投資を始めましたが景気は浮揚しませんでした。
景気対策で使われた税金は、まるで雇用対策として吸収されてしまったようです。
景気が悪いままなので当然税収も増えず、結局借金だけが残ったのです。
景気対策としての公共投資は失敗に終わったと言わざるを得ません。

公共投資が失敗に終わると、日本経済は閉塞感で覆われてしまいました。
将来の日本経済は良くて横ばい、悪くすると下降の一途でしょう。
また高齢化社会の到来がこれに拍車をかけるでしょう。
公共事業はかなり縮小されましたが、今後の課題は社会保障と社会福祉です。

日本経済への少子高齢化の影響はこれからが本番です。
国家財政が破産状態にあるなかで、この問題は本当はかなり深刻なのですが
国家の借金を他人事のように看過しようとしている国民が多いことが心配です。
いずれ近い将来、制御不能な急転直下型の社会変動が到来するかもしれません。

投稿日時 - 2011-02-21 22:16:46

ちなみに、「菅直人を応援する会」は8億脱税して、菅は、この会から献金された100万円について、発覚後3ヶ月も経っているのに、本日国会で自民党議員から指摘されたが、どうなっているかわからず、後に、記者団に「これまで向こうの都合で連絡が取れなかった」と返答、未だに返還手続き中らしいです。

投稿日時 - 2011-02-21 21:22:40

ANo.6

Q/本当に日本の国が貧乏なのでしょうか? 日本国民が、豊かなのでしょうか?

A/日本国を見たときに貧乏かどうかを考えると裕福な国です。これは、基本的には国民にも国にも言えます。ただ、行財政における借入額も、世界でずば抜けており、その赤字を日本の総資産から差し引くと、400兆から500兆円ほど残る程度です。

それでも、世界で見ればやはり大国に相当します。何せ、貧国なら10兆円もあれば、その全土を金で支配できるほどですからね。(まあ、デモなどが起きないという前提ならです)よって、貧乏ではありません。

問題は、何を基準に貧乏とするかなのです。
金持ち貧乏というのはご存じでしょうか?
生活費が一ヶ月に100万円収入として入ってくるとしましょう。その場合、庶民感覚で見ればお金持ちになります。貧乏ではないのです。しかし、実際の生活は豪遊しており、月に120万円を使っていたとしたら、それは本人にとって貧乏な生活です。即ち、本人は裕福な暮らしとは感じないのです。しかも、その給与が徐々に減り90万になれば・・・これが日本です。

ちなみに、日本の生活水準はインフラと基礎教育レベルでは世界トップです。上下水道、電力、鉄道などの輸送、各種教育(識字率)なども含めて、世界1なのです。この国は、最も安全な水が手に入り、電力は停電することがほとんどない安定供給が行われ、識字率は99.99%以上(ほぼ100%)となっています。しかも、鉄道は世界一の過密ダイヤで世界一安全な部類に入ります。しかも、日本国は島国であるため、基本的には日本人のみの単一民族の国であり、宗教対立も他国に比べると少ないのが特徴です。
即ち、世界から見たときに日本はとても裕福で恵まれた国に見え実際にそうなのです。
ただ、そこにいる人々である我々はそれが当たり前であるため、その良さを理解するのは難しいでしょう。これは、基準として日本にいれば当たり前だからです。生まれたときから、当たり前の場所にいれば、それが基準になりますから、それより少しでも水準が下がれば、当然ですが悪く見える物です。それが今の日本なのです。

Q/税金が足りないのでしょうか?

A/どうでしょうね。税金が足りないのか、支出が問題なのかを計るのは難しいのです。実際にしっかり考えて見て下さい。

ここからは例です。
ある家族がいます。5人家族です。お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんに、子供一人の5人で生活しています。
最初の15年間は、おじいちゃんと、おばあちゃん、お父さんが働いていて、給料は世帯収入で毎年増えていき、最盛期に年間2400万円ありました。月に200万円の生活費が入り、その結果、遊んで暮らすことができました。旅行も、欲しい物も余裕で買っていました。また、貯蓄もそこそこ出来ていましたが、借金してもすぐに返せるため、翌月払いなども出来る、経済成長期です。

それから、3年後おじいちゃんは、病気で入院しお金が掛かるようになりました。年収は1800万円になり、その翌年にはおばあちゃんも仕事を辞めてしまい。1200万円になりました。子供は、大学進学で学費が掛かるようになりました。そのため、貯蓄を切り崩すことにしました。それでも足りず、ついには借金もしてしまいました。

さらに、5年後子供は成人し、家にお金を入れるようになりましたが、まだ年収で240万円です。お父さんの収入は不景気で700万円になりました。合わせても940万円です。そこにおばあちゃんの医療費と、おじいちゃんの入院費が加わり、お母さんも最近病気がちです。これだけで、年に400万円かかりました。さらに、借金の返済と、生活費を払うと家計は火の車です。

新聞やテレビの財政説明では、こういった時系列ではなく、○○さん宅の今年の年収で書くことが多いのですが、本来は上記のような時間毎の変化になります。経済が停滞し、収入(税収、例でいう給料)が減れば、歳出(生活費)を減らさないといけません。しかも、世帯(国)が高齢化すると、労働力は減り、その割に医療費などの福祉費用が増えるため、より収支は悪化するのです。

日本の場合は、収入を増やすための戦略が描けていません。さらに、どこの支出をカットすべきかも、決まっていないのです。その結果、豪遊生活から抜けられず、収入は減り、借金が増えるのです。元々、借金は、返す当てがあれば先行投資の意味を持ちますが、返せなければ負債でしかありません。即ち、金持ち貧乏に陥るのです。これを最初の回答に照らして下さい。最初から一定の裕福さを得ていた者は、それを手放すことにとても苦しみを感じますから、豪遊を脱することが困難になるのです。
そのうち、手元の資金より借金が上回れば、最終的に本当に貧乏世帯となります。

いかがでしょうか?

投稿日時 - 2011-02-21 20:38:12

ANo.5

少なくとも日本国民は貧乏ではないでしょう。
日本政府が膨大な借金を背負っていると盛んに報じられていますが、その借金の大半は日本国民が貸しているのです。日本国民が貧しいわけがありません。

根本的に問題なのは日本国民が金持ちなのに金を使わなさすぎることです。なので余っている金を政府が借り上げて使わざるを得ません。一見無駄に見えるダム建設も道路建設も生産行為なのでGDPの向上に寄与しています。政府が安易に節約に走ればGDPは低下して経済規模は縮小し、デフレスパイラルが加速して景気は悪化します。

この状況を打破するために政府ができることといえば、増税を別にすると、国民自らが金を使いたくなるように仕向けることです。エコポイント制度はまさにそのとおりの施策で、リーマンショックによる経済のどん底状態からの脱却に一役買いました。モノが売れれば税収も増え、政府や自治体の財政も改善するわけです。

つまり、
政府が貧乏なのはモノが売れないから。言い換えると国民がモノを買わないから。
日本のGDPはどこに行っているかというと、残高総額1000兆円以上とも言われる日本国民の預貯金になっている。預貯金のままで眠らせておくのはもったいないので日本政府が借り上げて公共事業などに投資している。
ということになります。

投稿日時 - 2011-02-21 20:25:48

国会議員は、年収4000万円以上もらった上に、政党交付金でガッポガッポです。寄生虫のような連中ですから、日本国民は痩せこけるばかりです。民主党は、革マル派と蜜月のようですから、官僚・公務員も潤うばかり。政権取ってしまえば、手のひら返して国民を苦しめる、左翼政権の典型ですね。

投稿日時 - 2011-02-21 20:01:40

ANo.3

大部分の国民は貧乏ですが、政府が貧乏な筈はないでしょう、金無い、金無いと言いながら超豪華な議員宿舎は建てるし、無駄なダムや道路は造るし。公務員の無駄遣いでも、それくらい節約した所で、今の財政難は救えないとの事で、消費税の値上げをして公務員の無駄遣いは続けるそうです。本当は小さな無駄遣いを沢山集めれば大きな節約になるのですが。政治家は太っ腹。

投稿日時 - 2011-02-21 19:15:37

ANo.2

日本は貧乏です。
収入より支出のが多いのですから。
借金大国です。
いくらGDPが高く収入が多くてもそれ以上に使っていては貧乏です。
国は貧乏でも国民は裕福だと思います。
GDPと収入は比例しません。

投稿日時 - 2011-02-21 18:23:29

ANo.1

税金が足りないのではなく、税金の使い道が間違っているからでしょう。
日本の国が貧乏なわけがありません。
どこに行っても食べ物が買える所がありますから。

投稿日時 - 2011-02-21 18:00:44

あなたにオススメの質問