こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

関係代名詞whatの主格用法について

はじめまして。

An accident directed him towards [    ] was to be the success of his life.
という英文があり、空所に単語を補充する問題がありました。
選択肢は、
1.which 2.what 3.where 4.why
となっていました。

まず、空所以下が完全な文章となっていないので関係副詞のwhy,whereは除きました。
次に訳を考えました。
『彼の人生の成功となることになる事故が、彼に向かって降りかかった』(この訳が間違っていたら教えてください。)
残ったwhichとwhatで悩みました。
空所以下はan accidentを説明している節だと判断しましたが、
whichとwhatのどちらも主格用法があり、どちらを入れても正しいとおもったのです。


解答は2.whatとなっていたのですが、解説が付いていませんでした。
この場合は何故whatが正しくて、どうしてwhichではダメなのでしょうか?
関係代名詞のwhatとwhichの違いを自分がいまいち理解できていないように感じられました。

どなたかご説明いただくと助かります。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-02-03 01:09:40

QNo.6494047

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

towards を前置詞とすれば which ではおかしいです. which を入れるとその先行詞は an accident しかなく, しかも towards の目的語になっているということは「towards an accident」は従属節に含まれます. つまり, 従属節を完全な文に戻すと
? was to be the success of his life towards the accident.
となってしまい, 結局主語がないうえに文章としても変なことになります. 倒置と思えば主語は足りるけど
To be the success of his life was towards the accident.
でこれも変.

what なら先行詞を含む (およそ something which と同じと思っていい) ので
An accident directed him towards something which was to be the success of his life.
となります. この場合には towards が主節に属することに注意.

投稿日時 - 2011-02-03 01:41:29

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

An accident directed him towards (what) was to be the success of his life.

ここで which は使えません。which はその直前に代名詞である which が受ける名詞がなければなりません。
-----an accident which...

what (= the thing that) はその名詞 (=the thing) を内蔵しています。前置詞 towards は名詞を要求しており、内蔵されている the thing がその訳を果たします。what は同じ関係代名詞でも which, that, who とはその点で異なります。

備考:やや詳しい辞書、文法書ならそのことが書いてあると思います。

投稿日時 - 2011-02-03 09:01:38

An accident directed him towards something.
It(something) was to be the success of his life.
「事故が彼を何かの方へと向かわせた」
「その何かは彼の人生の成功になることとなった」

これを合わせようと思うと,
An accident directed him towards something which/that was to be the success of his life.
「事故は,(その後)彼の人生の成功となることとなった何かへと向かわせた」

このように,towards という前置詞の後には something のような名詞・代名詞が必要です。

関係代名詞 which だけではこのような役目を果たすことができず,先行詞となる
something が必要です。

what は (the) thing(s) which と置き換え可能なように,「もの」という意味が含まれています。

what was ...
something which was ...
ともに主格の役割を果たすのは確かですが,この something が必要かどうかで区別します。

投稿日時 - 2011-02-03 01:33:37

ANo.1

An accident directed him towards [    ] was to be the success of his life.


まず、him以下を除くと、
An accident directed him「ある事故が彼の身にふりかかった」
となります。

そのあとの、
toward~「~に向かって」 ←前置詞ですね。
前置詞のあとは、名詞(節)がこなけりゃだめですから、名詞節を導けるのはwhatのみ。
よってwhat。

投稿日時 - 2011-02-03 01:25:50