こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

下り坂道などでの運転

燃費のことをディーラーに聞いたところ下り坂道などでDレンジからNレンジにしたほうが燃費が伸びますよと言わました。
今回初めて自分の車を購入するのでこの操作について質問です。
通常シフトを変える時にシフトのつまみ(名前が分かりませんが)を押しながらシフトを下げると思いますが走ってる最中につまみを押しながらシフト変更するというものでしょうか?
またNレンジからDレンジに戻す時も走ってる最中につまみを押しながらシフト変更するというものでしょうか?
よくつまみを押さずそのままシフトを下に下げたりしているのを見たのですがギアは大丈夫なのでしょうか?

投稿日時 - 2011-01-31 07:19:04

QNo.6487412

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

絶対にN走行はやめましょう
自分はE51エルグランドです。カタログ燃費は確か9km/L位でしょうか
去年の夏九州への帰省のとき中国道広島当りでしょうかだらだらの下り坂です
結構エンジンブレーキ使用して走るような道で12km/Lほどに伸びました
全行程で平均燃費10KM/L位でしたから明らかにDレンジでエンジンブレーキ状態のほうが伸びます
もしNレンジで走行していたら、怖くて走れません。
エンジンブレーキは利くし燃料カットも利くしです

投稿日時 - 2011-02-05 18:14:35

ANo.19

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(19)

ANo.18

全くのガセネタです、今の車は車速、エンジン回転数をコンピュータチェックし速度に応じた燃料を供給しています、下り坂をアクセルを踏まずDレンジもしくはODカット状態で走行すると所謂エンジンブレーキ状態となり燃料の供給は遮断されます、逆にNレンジにすると車速に関係なくエンジンの回転数を最低限維持するための燃料の供給が必要になりガソリンを消費ししてしまいます。

Nレンジが燃費が良いなどというデーラーのかたはアルバイト店員でしょうか?自動車安全運転の基本を理解していないうえ且つ燃料供給システムを全く理解していない素人ではないかと疑います。

投稿日時 - 2011-02-01 13:42:15

ANo.17

シフト操作云々は、皆さん指摘している通りです、ボタン操作がなぜ必要か理解していないと、故障や事故の原因にもなりかねません。
そういった基本的なことを知らない方に、ニュートラル走行を吹き込むディーラーは無責任ですね。
確かにほんの少し伸びたとしても、そのせいで使用したブレーキの消耗やさらに派生するタイヤの負担。
目先のことにとらわれて安全運転の本質を間違っていませんか?
ブレーキを多用することで発熱した結果ブレーキが効かない。
タイヤも必要以上に消費することは間違いないでしょう。
燃費を重視しすぎて下る山道をニュートラル走行するなんて自殺行為です。

投稿日時 - 2011-02-01 11:30:06

ANo.16

古い車に乗ってますが

うーん・・・
まず下り坂でやるのはなんとなく危ないような

車の通りの少ないところで「実験」したことがヾ(ーー )ォィ
危ないといいつつ(∴`┏ω┓´)/コラァー!!

素人ながら考えること
ATのNからDに「いきなり」するとき
ATにダメージありそうな・・・

自分が「実験」したときは
タコメーターを見ながら
N→Dにするとき
慎重にタコメーターで回転数を合わせてから
Dにしました。けっこう面倒です
変則ショックを少なくしてATにダメージ少なくなるかな?s6mZqkw@

まあ、多少は燃費がよくなるかもしれませんが
安全面で問題ありですし
ブレーキランニングが減りそうで(ブフェードがおきそうで)

だったらD→2にしたほうが現実的かも
トータルでみるとエンジンオイルが汚れるかもしれませんが
安全面とブレーキのこと考えるとそっちの方が現実的かも

ちなみに
古いジェミニ(JT150ノーマル)で
街乗りは最近9キロ台
まあ渋滞によりけりですけど

湘南地方から高速利用、山中湖のへ一般の峠道使っての
自己ベスト13km/Lです

流れにあわせて、周りに迷惑かけず
ムリ、ムダ、ムラをなるべく少なくして
予知運転というか先のこと(信号など)考えて安全に運転するのが
なんとなく自分では燃費いいです

投稿日時 - 2011-02-01 08:25:02

ANo.15

古いATなら、N走行の方が燃費が伸びる
 燃料カットは、エンジン回転1200程度までなので、1200以下では、燃料を噴射しながらエンジンブレ-キをかける
 周りの速度に合わせるために、減速中でもアクセルを踏んで、燃料カットしていない
高いギヤで、ロックアップ中、タイヤがロックしたときの、エンストを防ぐため、燃料カットを制限していました

ここ10年くらいは、燃費優先なので、エンジン900回転程度くらいまでは、燃料カットされると思います

でも、周りに合わせる(後ろからつつかれそうになる)とアクセルを踏んでしまい、燃料カットされない

走行中、NからDにするのは問題があるので、ATのNレンジ走行はやめたほうがいいでしょう
 車両重量がかかり高回転で回っている出力側に、アイドル回転の入力側がつながるので、クラッチに負担がかかります
Nでも潤滑はされているので、Nで走行すること自体は問題にはならない

投稿日時 - 2011-01-31 21:42:51

ANo.14

追加で回答を

>よくつまみを押さずそのままシフトを下に下げたりしているのを見たのですが
>ギアは大丈夫なのでしょうか?
N⇔Dはつまみを押さずにシフトできる構造になっていますから、アクセルを踏んでいない状況であれば何の問題もありません
逆に常につまみを押してシフトするクセをつけてしまうと危険ですよ
本来シフトしてはいけない状況で不用意にシフトしてしまう可能性があります

なぜつまみを押さないとシフトできないポジションがあるのかを理解してください

投稿日時 - 2011-01-31 16:54:40

ANo.13

どちらが燃費が良いかと言ったら、エンジンブレーキを使わないでニュートラルにしたほうが燃費は良いですよ
エンジンブレーキを使って燃料をカットすることで節約するよりも、エンジンブレーキを使わずに下り坂で出来る限り加速して、平地や上り坂でアクセルを踏み込む量や踏んでいる時間を少なくすることで節約できる燃料のほうがはるかに多いです

目的地までずっとエンジンブレーキを使い続けたまま到着できるような場合は別ですが、実際そんなケースはほとんど無いですよね
下り坂があるということは上り坂があるし平地もあります
フットブレーキであれエンジンブレーキであれ、ブレーキを使用することはエネルギーのロスにしかなりません
まぁ回生ブレーキの場合は少し話は違ってきますが・・・・・
エンジンブレーキを使って燃料カットしたほうが燃費が良いのは、下り坂を下っている瞬間だけの燃費に限定した場合だけです

ただし、そんな運転をしていいかどうかは話は別です
危険だし迷惑ですからしてはいけないでしょう
そんな事を勧める営業がいると言う事が信じられませんね
その人のアドバイスは無視したほうがいいでしょうね(笑)

投稿日時 - 2011-01-31 16:40:23

ANo.12

本当に「エヌ」レンジって言ってましたか?
「二(2)」レンジの聞き間違いなのでは・・・。

投稿日時 - 2011-01-31 13:33:16

ANo.11

>当然Nならガソリン供給遮断されますから、燃費はいいカモしれないけど


おいおい それじゃエンストするだろうに!

投稿日時 - 2011-01-31 10:30:31

ANo.10

本当にディーラーの人間が言ったのですか・?

皆が指摘しているようにそれは間違いですし車を壊す原因にもなります

おとなしく乗る!  これが一番燃費がいいのです

投稿日時 - 2011-01-31 10:26:58

ANo.9

質問からするとAT車の運転経験が少ないようですね。セレクタ(シフトレバー)の操作方法はメーカーや車種によって若干の差異がありますが、D⇔N操作はロックボタン(セレクタのグリップ横にあるボタン)を押さなくても(ゲート式はボタンなし)できます。

>下り坂道などでDレンジからNレンジにしたほうが燃費が伸びますよと言わました
伸びるのですがAT操作に慣れない人はDレンジのままの方が良いです。N走行するにはエンジン・操舵・ブレーキの理解が必要で、セレクタ操作も十分理解できていないようでは事故の危険があります。

>NレンジからDレンジに戻す時も走ってる最中につまみを押しながらシフト変更
N→D操作にロックボタン操作は必要ありません。

>つまみを押さずそのままシフトを下に下げたりしているのを見たのですがギアは大丈夫なのでしょうか
ロックボタンを押さなくても操作できる構造なので問題ありません

>今回初めて自分の車を購入
その車のセレクタはどうなっているか確認されたのでしょうか、ゲート式だとロックボタンはありません。最近の取説にはAT操作を詳細に解説したものがありますので、運転前に販売店でその部分を丁寧に見ると良いと思います。ロックボタンの操作理解が不十分だと走行中にN・R・1速、等に入れる誤操作をする危険があります。ゲート式ではセレクタを前後左右に動かすのが基本なので斜め方向の力が加わると走行中に思わぬレンジに入ってしまう危険があります。誤操作に対する対処も考えておかないとコンビニに突入するような事になってしまいます。

投稿日時 - 2011-01-31 10:20:15

ANo.8

実際の所、ディーラーさんと言ってもエンジン制御には全く素人さんです。

下記にもございます通り
ニュートラルでは燃費が悪化します。

特に下りでは顕著です。
燃費を気になさる場合
必ずDで走行下さい。

投稿日時 - 2011-01-31 09:54:04

ANo.7

>燃費のことをディーラーに聞いたところ下り坂道などでDレンジからNレンジにしたほうが燃費が伸びますよと言わました。

逆です、N(ニュートラル)では燃費は伸びません。
2nd(セカンド)なり、L(ロー)なりにギアを落とした方が
燃料カットが働くため燃費は伸びます。

N(ニュートラル)だと確実にアイドリング分燃料を消費しますが、
燃料カットが働いた状態だとエンジン回転数がどんなに上がろうと燃料は消費しません。

N(ニュートラル)とD(ドライブ)、2nd(セカンド)間は、
ロック解除ボタンを押すことなくシフトレバーを移動出来ます。

投稿日時 - 2011-01-31 09:11:12

走行中のNレンジは、百害あって一利なしです。

そのディーラーの方もとんでもないことを仰いましたね。とても車を売っている人間の言う言葉ではありません。私だったらそんな無知なディーラーとは付き合いをやめます。。。

Nレンジでは普通車(一般の5ナンバー小型車)では、1時間で1リットルのガソリンを消費すると言われています。逆に下り坂でエンジンブレーキを使用すると、燃料カットされ燃料消費率は極端に下がります。
下り坂では、エンジン回転が多少上がってもエンジンブレーキを使いましょう。安全のためにも、メカのためにも。


ちなみに、シフトレバーは必要な所のみボタンを押すようになっています。それをしっかり覚えて守らないと、事故に繋がる恐れがあります。すべての個所でボタンを押してはいけません。

一般的な、「P→R→N→D→2→L」で例えてみます。
「P」は停車のときに使用し車輪がロックされますから、そこから他のレンジへ動かす時、逆に他のレンジから「P」へ入れるときは必ずボタンを押さなければなりません。

「R」の場合、「P」へ入れるときは、車輪がロックされてしまうので危険を伴うので、ボタンを押さなければなりません。しかし、「N」へはボタンを押す必要はありません。なぜなら「R」で走行中にギアチェンジをする必要がなく、シフトレバーを操作しながら運転はしないからです。

次に、「N⇔D⇔2」はボタンを押さなくてもシフトチェンジできます。「D」で走っているときは必要に応じてエンジンブレーキを使用するため、簡単に動かせるように「2」へ動かせるようになっています。ただ、勢い余って「L」に入ってしまうと、エンジンブレーキが強力なので、危険を伴うわけです。ですので「2」→「L」へはボタンを押さないと入らないようになっています。

逆に、「2」や「L」などでエンジンブレーキで走行中、「D」に戻す時はエンジンブレーキが解除されるだけなので、ボタンを押さなくてもそのまま動きます。ただ、勢い余って「R」に入ってしまうと危険な状態になります。よって、「N」→「R」はボタンを押さなければ入らないようになっています。

このように、シフトレバーの使い方は扱いやすさと危険回避のため、どこの部分ではボタンを押さなければならない、またどこの部分ではボタンを押す必要がないと、決められています。

この辺りをしっかり把握しておきましょう。
シフトチェンジの際、全ての個所でボタンを押して操作することは非常に危険な行為です。

投稿日時 - 2011-01-31 09:00:24

ANo.5

下り坂ではNレンジはやめましょう、無駄なフットブレーキを踏み続けるだけでし当然常時燃料は消費しますしブレーキの踏みっ放しでは、後続車にも迷惑です、現在のAT車は下り坂ではDレンジか3または必要に応じて2等で少しでもエンジンブレーキを効かせて走行すると車によって設定回転数が違いますが1500~2000Rpm程度から燃料カットされますので却って燃費は良くなりますしまた無駄なフットブレーキ(私はウソブレーキと勝手に解釈してます)を踏む時間も多少なりとも減少しますよ。                                      

投稿日時 - 2011-01-31 08:08:37

ANo.4

燃費のことをディーラーに聞いたところ下り坂道などでDレンジからNレンジにしたほうが燃費が伸びますよと言わました。>
下り坂の場合Dより下のギアレンジに入れる方が燃費に対しては良い可能性があります。下り坂でアクセルを踏んで無い状態だと燃料をカットするように最近の車はなっており、Nだとアイドリング分の燃料消費することになります。この機能はある程度回転数が上がらないと働かないので(ブレーキ操作も必要かも?)、低いギアに入れた方が良いということです。更にNレンジではエンジンブレーキが全く効かないため斜度によっては速度が上がり危険ですし、ブレーキへの負担も多くなります。なので、走行中Nレンジに入れるのはお勧め出来ず、N→Dの時に回転数が合ってなければタイヤがロックしたりATやエンジンに負担が掛かることにもなりますので。安全のためにも、走行中はPN以外のレンジということです。

通常シフトを変える時にシフトのつまみ(名前が分かりませんが)を押しながらシフトを下げると思いますが走ってる最中につまみを押しながらシフト変更するというものでしょうか?
よくつまみを押さずそのままシフトを下に下げたりしているのを見たのですがギアは大丈夫なのでしょうか?>
N←→D間の操作にボタンを押す必要はありません。RやPに入れる時やPから抜ける時に押して操作します(Lに入れる時に押す車種もあり)。これは誤操作防止のために押さないと動かないようになっているためです。
D→Nはアクセルを踏んでない限り全く問題無く、N→Dはエンジンとタイヤの回転数がそんなにないなら特に問題無いと思います(タイヤの方が早いなら、少しエンジン回転を上げてからDへ)。D←→2←→Lも高速走行してなければ問題無いです。いずれの場合も、ボタン操作の有無には関係ありません。あくまでボタン操作は誤操作防止のためだけですから。

http://menkyo119.com/public3/lever_at.html
http://www.honda.co.jp/afterservice/advice/automatic-car/index.html
http://homepage3.nifty.com/fwjd1945/column-2/2003-09-05.html

投稿日時 - 2011-01-31 08:00:03

ANo.3

URD

下り坂でNに入れればトラクションもかからないので安定しません。
そもそも走行中にN入れたりDに戻せばそれだけATに余計な負荷かかります。
Nならアイドリングのため燃料供給が続きますが、Dなら燃料カット機能が利きます。

百害あって一利なし。
誰ですかそんなおバカなことをあなたに吹き込んだ人は。

投稿日時 - 2011-01-31 07:34:16

ANo.2

Nレンジにすればといっているのはエンジンブレーキが掛からないからと言ってる訳です。最悪事故に繋がりますので止めましょう。
エンジンブレーキがなければ全てをフットブレーキだけで止まる事になります。当然減りが早いですし、何らかの加減で効きが悪くなればそのまま追突でしょう。そんな運転に慣れてればいつかは事故をおこします。

投稿日時 - 2011-01-31 07:31:06

当然Nならガソリン供給遮断されますから、燃費はいいカモしれないけど
薦めれません
質問に対して答えると
普通に車動かすときにdに入れるようにnに入れてあげるだけですから
つまみは事故防止のために、パーキングからバック、ドライブに入れるときに
誤って入れないようにするためだけのものですので

投稿日時 - 2011-01-31 07:29:50

あなたにオススメの質問