こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どういうローンがよい??

今度、中古住宅を購入する予定で1300万円ほどの住宅ローンを考えている最中です。

不動産屋の担当者が言うには、「何が起こるかわからないから、返済期間は最長の35年がよい。実際に支払いを続けてみて余裕があるようならそこで繰上げ返済をするのがよい。」との事です。2年(もしくは3年)固定の35年返済を薦められております。

ただし繰上げ返済をするには当然、手数料がかかりますので(手数料無しのところもあるようですが)、繰上げ返済をすることを前提に考えるくらいなら、最初からもうすこし返済期間を短く(25年くらい)してもよいのかなぁ?などと考えてしまいます。
また、1300万円のローンですから、身の回りにいる2000万以上のローンを組んでいる方達に比べれば、特別ムリのあるローンではないのではないかなぁ、とも考えてしまいます。

それとも担当者の言うとおり、最長の期間設定のほうを選んでおくべき時代という考え方が妥当なのでしょうか?

また話は変わるのですが、今現在、手持ちの資金が650万円あります。400万ほどを頭金にする予定なのですが、すると残りが250万円くらいになってしまい、人によっては「それでは手持ちの金が少なすぎる。」という方もいます。
単純に頭金はなるべく多く払ってしまいたいと考えていたのですが、それに対して皆様方はどのようにお考えでしょうか?
現在、私は35歳。妻と4ヶ月の子供と3人暮らしです。今後、子供にどのような金額がかかっていくことになるのか見当がつかないので、実際よくわかりません。

なにとぞ、どんな小さな意見でもよいので、皆様の考えをお聞かせください。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2003-09-06 21:37:58

QNo.648200

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私はローンの返済期間はなるべく短い方が良いと考えております。

ではなぜ35年もの長期ローンをたいていの人が組むのかと言えば、それは毎月の返済金額を少しでも少なくするためです。言い換えると収入の限度いっぱいに借りようとするからそうなってしまうのです。ローンと言えども借金ですから、目先の(毎月の)返済額だけではなく総返済額を考えればローン期間はできるだけ短い方が良いに決まっています。結局の所、これは自分の収入に対してどれぐらい返済できるかという問題なのですが、大体、収入の25%程度を返済の上限額と考えるべきです。また、35年ローンと25年ローンでは毎月の返済額は1万円ほど違うだけです。これは大雑把な計算ですから実際にお借りになるときはきちんと銀行に計算してもらってください。蛇足的に書きますと、(きちんと返してくれるなら)銀行にとっては長期間にわたって借りてくれた方が有り難いことも確かです。

それと固定金利の期間はできるだけ長い方が良いでしょう。廃止がきまりましたが、住宅金融公庫の融資の利点は完全固定金利という点にあります。変動金利は経済情勢により本当に金利が上下します。信じられないかもしれませんが今から10年ぐらい前は5%以上の金利が当たり前でしたし、それ以上であった時もあるのです。そうなると、毎月の返済額が金利分にもあたらず、返しているのに借金が増えるという悲惨なことになる場合もあります。(これは変動金利であっても、毎月の返済金額は固定されている制度が多いからです)

また、頭金の額ですが、これは借金総額を減らすと言う意味ではなるべく多くした方が良いです。しかし、物件購入の際には不動産業者への仲介手数料、各種税、生命保険料や火災保険料などさまざまな費用が発生してそれはおおむね物件価格の10%程度必要です。それも含めての計算であれば、400万円を費やすのはちょうど良いぐらいの金額かと思います。

投稿日時 - 2003-09-07 11:10:16

お礼

具体的な回答ありがとうございます。非常に参考になりました。基本的には長期固定でなるべく短く(25年くらい)で考えていこうと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-09-08 06:00:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

返済金額は、ご質問者の家計を見て、数万円の余剰が出るようにして組むのが理想です。
特に子供が高校、大学と進むとかなりお金が掛かります。
近い話では幼稚園でも月数万円掛かります。

要するに結局の所ライフプランという物を作成し、その中で資金繰りが一番厳しい時期でも返済可能な金額にするということです。
そうする理由は、もし教育資金が足りなくなれば教育ローンなどより金利の高い物を利用しなければならなくなりますので、それは明らかに損です。
それであれば住宅ローンの方が低金利ですから。

あと、忘れてはならないのは固定資産税と住居の補修費用です。
住宅ということですからマンションと違い積立金はありませんが、代わりに自分自身で積み立てておく必要があるのです。

思いの外住居というのは購入以降もお金が掛かりますから要注意です。

そう考えて設計して出てきた返済額から返済年数を確定すればよろしいのです。
固定・変動については、私であればいまの状況からして固定を選択することが最もよいと思います。

投稿日時 - 2003-09-08 02:44:56

お礼

たしかにおっしゃるとおり、いろいろと金額がかかりそうですね。でもやはり子供が小さいうちにがんばってなるべく返済するという方向性で行こうと思います。基本は長期固定で返済期間を25年程度という感じで考えてます。ご意見本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2003-09-08 06:09:49

ANo.6

今は金利が低いので、ローンを組むなら短く、固定金利で、が鉄則だと思います。私もこの春住宅ローンを組みました。15年ローンで10年の固定金利ですが、子供が今1歳、小学校入学までに繰上返済してしまいたいと今がんばっています。

これからは金利が下がる事はまずありえません。上がるのみです。それは毎日、新聞の経済面を読んでいれば分かるでしょう。ならば目先の返済額の低さにとらわれて変動金利でくむのは危険です。

銀行や不動産屋は、
「この不景気で金利が倍になるなんてありえませんよ。」
とかなんとか言うでしょう。
でも、変動金利で2%だとして、倍なら4%、しかし上がり幅としてはたった2%なのですよ。
倍、と考えるからありえない、となりますが、数字だけ見れば2%なんてあっという間です。上がる時にはトントンとすぐ上がってしまいます。

私たち夫婦もこの点ようく考えて、結局公庫で固定金利で組みました。正解でしたね。
春に銀行にあれだけ「上がらない」と言われた金利がこの秋からもう上がるのです。
新聞を読んで胸をなでおろしましたよ。

夫の給料はここ2、3年増えているのに手取は減っています。それでも住宅ローンの返済が固定なので精神的にはすごく楽です。
おこさんが小さい今が返し時。ガンガン返して借金なんかさっさと終わらせましょう。

投稿日時 - 2003-09-07 12:12:17

お礼

やはり長期固定の安心感が最終的に考えて良さそうです。どうにも5年後の情勢は分からないですからね。たしかにこれから上がるのは分かってますし、上がってから長期固定に変えると言ってもそのときにはもっと金利上がってますからね。そういうことを常に考えながら生活するよりも10年の安心を得ていたほうが良さそうです。そういう方向で考えていきたいと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-09-08 06:06:54

ANo.5

ローンを悩むのならば、シミュレーションはされていますか?私はしまくりでした。

こちらのシミュレーション(りそな銀行の方)は、簡単にできます。
http://myhome.nifty.com/loan/index.htm

こちらは、元金の減り具合が確認できます。
http://www.miya-shoko.or.jp/interest/interest.html

私は固定の10年で組みます。変動の低金利は確かに元金が早く減ると思いますが、いくら低金利でも3年ぐらいだと、大した事無かったですよ。それより10年固定で、10年後の(ある程度の)繰上げ返済に向けて、貯蓄や返済を計画的にやったほうが良いのではないでしょうか。

年収がおいくらか分かりませんが、1300万円で35年は長くないですか?今の低金利メリットを仮に10年受けられるとしましょう。残りの25年の返済はそのメリットを受けられなくなるかもしれません。25年ローンならば、低金利メリットを受けられないのは15年です。

それと私と同じ35歳ということですが、60歳で定年として収入が激減するとします。35年払いだと、頑張って10年繰上げしないといけないですよね。
先行きどうなるか分からないけれど、ここ10年はなんとなく見えるというならば、頑張って短い返済期間にした方が良いのではないでしょうか。

手持資金は多ければ良いのですが、お考えのとおり250万ぐらいは残しておいたほうが良いと思います。もっと残しても良いでしょう。

投稿日時 - 2003-09-07 12:07:01

お礼

シミュレーション。2番目のやつは参考になりました。助かります。具体的な回答ありがとうございます。やはり長期固定で返済期間を短くしたほうが安心ですね。5年後にどうなっているかは誰にも分かりませんから、10年の安心を得ながら生活することには大変魅力を感じます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-09-08 06:03:49

ANo.3

私は固定金利でローンを設定しました。子どもは一人ですが大学へ入学する直前にローンが終わるという計画です。

子どもにかかるお金は「どこまでかけるか」という考え方によると思います。小学生までは比較的かからないのですが、山のように習い事をさせる方もありますし、なるべく自由にいう方もありますから。

うちは公庫の金利がとても低い時に借りることができたのですが、方針は「月々いくらなら返済できるか」から決めました。返済してかつ一定額は貯金ができるような額を算出しました。現在返済しながら貯金も少しずつ増えていますので、万一予想外のことがあっても数年はなんとかなりそうです。

定年以降の年齢までローンを設定される方も多いようですが、リスクがとても高いようで心配です。定年後すぐに年金が出るわけでもないですし、本当にそれまでに繰り上げ返済できるか不安で、自分はそういうプランは考えられませんでした。
また、先日フィナンシャルプランナーさんに相談して老後の資金を検討しましたが、年金に期待のできない世代としては、退職金で返済したらその後の生活がとても不安定になりそうな結果がでました。

このところ金利が上昇傾向ですね。どんどん上昇したら払っても払っても元本が減らないという状態もあるそうです。
ご無理のない返済額から検討されて、今でしたら固定金利の期間が長いローンの方が安全かと思います。

参考URL:http://www.asahi.com/ad/clients/moneyplan/

投稿日時 - 2003-09-06 23:03:43

お礼

そうですね。なるべくローンは早く支払ってしまいたいと同時に、貯蓄もしないとならないのですよね。子供も大きくなればお金がかかるでしょうし、そのときに貯蓄がないと困りますものね。今後の金利の上がり方次第でしょうが、やはり長期固定のほうがいいのでしょうか??誰にも分からないだけに、考えても答えが出ず難しいですねぇ。回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2003-09-07 08:29:38

ANo.2

私が家を買ったときの考え方は、出来るだけ頭金は多く! 返済期間は短く! でした。
20年で借りて、さらに繰り上げ返済をしていました。
期間が長くなると利息ばかりを返しているようになるので、最終的な支払金額がとても多くなってしまいます。
お子さんはまだ4ヶ月ですよね。これからまた家族が増えるかもしれませんが、義務教育の間は金銭的に楽な時期ですので、返済額は出来るだけ頑張ってみた方がいいと思います。
借りる当初は変動金利の方が月々の支払額が少ないのでいいように感じますが、長期戦であることを考えて、絶対に固定金利をおすすめします。今は金利が安い時ですから、今固定金利で借りておけば、金利が上がってきても心配せずにいられます。
参考URLは、昨日「はなまるマーケット」で特集していましたので貼っておきました。借り換えなどの例ですので少し違うかもしれませんが、基本的な面では参考になると思います。

参考URL:http://www.tbs.co.jp/hanamaru/

投稿日時 - 2003-09-06 22:21:40

お礼

なるほど。義務教育期間中だと金銭的に楽という感じですね。そこらへんの感覚がよくつかめていませんでした。最初の10年くらいで、できるだけ繰り上げたりしながら払ってしまうつもりでがんばる感じでしょうか。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-09-07 08:24:09

ANo.1

私も34の時に家買いました。

留意点は、
・月々の支払いが負担にならないこと。
・万が一失業しても、アルバイトでも払える金額であること。
・ローンは、今後利率が上げる方向性しかないとしても、変動の低金利のメリット(金利が低いことで、元利負担を減らせること)を考慮すること。

です。
詳しくは、過去にgooに出てきた、家のローン関係のトピックを一通り読んでみましょう。
なぜ、私がそう書くか、理解できると思います。
固定が絶対得と言い切る人に、騙されないように。

以上、小さなアドバイスでした。

投稿日時 - 2003-09-06 21:47:49

お礼

変動とは頭にありませんでした。たしかに部分的にでしたら変動という手も考えられなくもないものですね。ちょっと視野を広げて考えてみたいと思います。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-09-07 08:17:49

あなたにオススメの質問