こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

作曲で

今度バンドで僕が作曲することになり、一応コード進行作ってキーをあわせてメロディーを作ってみましたが、なんかコード進行にメロディーがあってないきがします(T_T)

コード進行にメロディーを付けるときキーを合わせる以外にやらなきゃいけないことはありますか?

回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-01-22 18:30:15

QNo.6466924

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

コードにメロディを付ける場合は、コードスケールを考えます.
例えば、キーがCメジャーの曲で、コードが「C」の場合、
コードスケールは、「ドレミファソラシド」となります.

コードスケールの中には、コードトーン(和音構成音)と、ノンコードトーン(非和声音)があります.
コードが「C」なら、コードトーンは「ドミソ」で、ノンコードトーンは、それ以外の「レファラシ」です.
メロディは、コードトーンを中心にして作り、適当にノンコードトーンを使用しますが、
ノンコードトーンの中には、メロディ作りに適さない音があり、アボイドノートと呼ばれています.
コードが「C」なら、アボイドノートは「ファ」になります.
アボイドノートは、絶対に使ってはいけないというワケではありませんが、コードトーンと不協したり、
コードの機能(トニックや、ドミナントなどの機能)が曖昧になるので、使う際は注意が必要です.

質問者様は、ダイアトニックコードというものを、ご存知でしょうか?
簡単に言えば、そnキーで中心的に使うコードのことで、キーがCメジャーの曲の場合は、
「C、Dm、Em、F、G7、Am、Bm(♭5)」の7つになります.
コード進行を学ぶ際は、これらを数字で扱い、
「I、IIm、IIIm、IV、V7、VIm、VIIm(♭5)」のように表します.
(和音記号と呼ばれます)

これらのコードには、それぞれ役割があり、
トニック…I、VIm、IIIm
ドミナント…V7、VIIm(♭5)
サブドミナント…IV、IIm
というように分類されます.

そして、トニックのアボイドノートは、音階の第4音になります.
キーがCメジャーなら「ファ」です.
ドミナントのアボイドノートは、音階の第1音(主音)になります.
キーがCメジャーなら「ド」です.
サブドミナントには、アボイドノートはありません.

…このように、今後はアボイドノートを意識してメロディを作ってみては
いかがでしょうか.
ちなみに、コードスケールを熟知すれば、モードでの作曲も可能です.
(モードの説明は省略します)

また、ノンコードトーンを使う際には、次の6種類に分類されます.
「経過音」「刺しゅう音」「倚音」「逸音」「先取音」「掛留音」です.
(1つ1つの内容は、省略します)
逆に言えば、ノンコードトーンを使う際に、以上のどれでもない使われ方を
していたら、良くないメロディになってしまっているかもしれません.

投稿日時 - 2011-02-10 13:36:29

お礼

アボイドノートを知らないで思いっ切りCコード上でファを沢山使ってました…
詳しい回答ありがとうございます。

作曲頑張っていきます!

投稿日時 - 2011-02-10 18:02:04

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問