こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

program file 削除できない

OSの再インストールの際に、誤って別のパーティションにインストールをしてしまい
古い方のprogram fileとwindowsのフォルダが二つある状態になってしまいました。
削除やフィーマットを試したみたのですが、"アクセスの拒否"と表示され出来ません。
古い方のprogram fileのアプリをアンインストールしようと思ってもみたのですが
アンインストール方法がわかりません><

一回HDDのデータを抹消して、再度OSのアンインストールを
するしか方法はないのでしょうか?

投稿日時 - 2010-12-16 00:13:56

QNo.6387329

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

フォルダのアクセス権を通常ログインするアカウントに対してフルコントロールで設定(追加)し、さらに詳細設定で、「子オブジェクトのアクセス許可エントリーを、ここに表示されているエントリーで、.......」を適用すると、削除できるようになると思います。
ただ、古いWindowsがCドライブ(パーティション)に、再インストールしたWindowsがたとえばDドライブ(パーティション)とすると、マルチブートになってしまったと思われますが、起動の時どちらか選ぶオプションは出ますか?もし、マルチブートになっていたら、Cドライブにあるいくつかのファイル(たとえばboot.ini, ntldrなど)を削除すると起動しなくなります。使い勝手の悪い状況になっていると思いますので再インストールがお勧めです。

再インストールしないで、完全にCドライブに依存しないようにするには、Cドライブにある、Autoexec.bat, boot.ini, config.sys, MSDOS.sys, NTDETECT.com, ntldrのうち、DドライブにないものをDドライブにコピーし、boot.iniの3行目を次の通り編集します。(そうなっていると思いますが、)
1行目 [boot loader]
2行目 timeout=30
3行目 default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS
4行目 [operating systems]
5行目 multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="WindowsXP" /noexecute=optin /fastdetect
6行目 multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS="WindowsXP" /noexecute=optin /fastdetect

つぎに、ディスクの管理で、Dドライブをアクティブパーティションに変更して再起動します。起動オプションではデフォルトでパーティション(2) (Dドライブ)から起動するようになっているので、そのままエンターします。

再起動後、ディスクの管理で、Cドライブのドライブレターを割り当てない(削除)に設定することができれば、Cドライブは切り離されたと考えて良いので、ドライブレターを削除しないで、フォーマットしてください。

起動オプションが出ないようにするには、boot.iniの5行目を削除してください。

私が想定しているような状況なら、これで一応解決すると思いますが、違っていたら起動しなくなる可能性がありますので、再インストール覚悟で試してみて下さい。

投稿日時 - 2010-12-16 01:44:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

古いWindows7で起動して、失敗した別のパーティションの新しいWindows7を削除します。
削除はディスク管理から行います。
Windows7以外に必要なデータが入っていたならば、それらを別ドライブに救出してから削除です。
削除したことで未割り当て領域ができたら再度使えるように設定して、それから再インストールをやり直します。

もしブートエントリーがダブったならば、コマンドプロンプト( bcdedit )より不要なエントリーを削除してください。

投稿日時 - 2010-12-16 02:47:02

あなたにオススメの質問