こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

Linuxにおけるパーミッションに関して

Linux(Redhat)に関して質問します。

/etc/passwdファイルの第7フィールド(ログインシェル指定の箇所)にて
/sbin/nologin指定をしているアカウントに関して、このアカウントで作成
されるディレクトリもしくはファイルのデフォルトでのパーミッションは、
どのようになりますでしょうか?
例えば、第7フィールドに/bin/bashの指定があり、/etc/bashrcにumask
の値を設定していれば、ログイン時に/etc/bashrcが読み込まれumask
の値によってパーミッションが決定されると思いますが、/sbin/nologin
指定をしているアカウントに関しては、umaskの値が有効になるのか
どうか質問している次第です。

投稿日時 - 2010-12-09 03:09:02

QNo.6372444

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

#3です。なんか書き損ねです。

誤:「umaskプロセスコール」
正:「umaskシステムコール」

投稿日時 - 2010-12-10 01:08:57

ANo.3

umaskは、ユーザで決まるわけではなく、プロセス毎の値です。

従って、ファイルのパーミッションはファイルを作成するプロセスの持っているumask値で決まります。プロセスのumask値は「umaskプロセスコール」で設定します。何も設定しなければ親プロセスから引き継ぐ。

bashはプロセス起動後に設定ファイルを読んでそこにumaskコマンドがあれば、その指定に従ってumaskシステムコールを発行して、プロセスのumask値を変更します。

daemonであれば、/etc/init.d/xxxx や /etc/xinetd.d/xxxx などの中でdaemonプロセス起動前にumaskの指定があります。あるいは起動後に独自の設定ファイルから読み込んで設定するかも。

大元のプロセスである /sbin/init のプロセスのumask値はたしか 022 だったと思いますが、確認が取れませんでした。

投稿日時 - 2010-12-09 22:00:27

ANo.2

なんとなく聞きたいことはわかりますが。。。。

該当ユーザー所有の実行ファイルを、実際に実行したユーザーのumaskになります
勿論所有者も実行したユーザーで

投稿日時 - 2010-12-09 11:55:05

ANo.1

ログインできないのにumaskの値が有効なのでしょうか?

投稿日時 - 2010-12-09 09:38:05

あなたにオススメの質問