こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ピッチのスキルトレーニング方法

走り方について自分なりに研究してみました。

マラソン選手: ピッチ:220~230[歩/分]、ストライド:1.5m前後
中距離走:   ピッチ:230前後、 ストライド:1.7m前後
短距離走:   ピッチ:250、    ストライド:2.5m前後

ピッチはマラソンでも短距離でも大幅には変わりません。
ストライドは大幅に変わっています。体型から判断して、ストライドは脚力に比例するのだと思います。
そうすると、ピッチは脚力ではなく、技術的なもののように感じます。

そこで質問なのですが、
この毎分220歩のピッチを実現する簡単なトレーニング方法は無いでしょうか?
(スキルを磨く方法です。)

自分なりに走ってみた感想ですが、
毎分160歩くらいなら自然に出来ますが、それ以上上げようとすると足に力が入ってしまいます。
(その分ストライドが伸びたり、走り方が不安定になります。また、その分スタミナを浪費します。)
脚力に頼らずピッチを上げる方法(スキルを磨く方法)を知りたいです。

投稿日時 - 2010-11-21 13:07:51

QNo.6333835

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは!
スピードに乗って走れないからです。
スピードに乗れない原因は,(1)スピードそのものの不足,(2)スピード持続力の不足,です。脚力の裏付けがあってのなめらかな走りですから,脚力に頼らずピッチを上げることは無理です。ハーフスクワット,カーフレーズ,腹筋,背筋,それからインターバル,さらに月間走行距離に裏付けされた脚力の養成などなど,走力全体を上げる練習が必要です。
なお,山を走って登る技術として,歩幅のピッチで走る方法もあり,これならお望みのピッチを刻むことができます。富士登山競走の先頭グループの走り方です。しかし,そんな練習しても平地の走りの役には立ちません。

投稿日時 - 2010-11-22 07:24:18

お礼

回答ありがとう御座いました。
ただ、あまり参考にならない回答でした。

WEBで色々調べまして、自己解決しました。

以前は速く走ろうとして、無理に足を前に出していましたが、結果的につま先走りのようになっていました。足は真っ直ぐに下ろすようにして、足の裏全面で強く地面を蹴って、その反動を利用して足を素早く前に出す事によって、安定してピッチを上げる事が出来ました。
まだスタミナ不足は否めませんが、走スピードは簡単に上げられました。
一旦スピードに乗ってしまえば、慣性で維持されるため、エネルギー損失も少ない感じです。
後はエネルギー生産力を上げれば、ペースアップが出来そうです。

投稿日時 - 2010-11-23 17:55:23

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問