こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Windows と Mac の大きな違いは?

Windows と Mac の大きな違いは?
Windowsの事はある程度分かるのですが・・・Macの事となると?
まず、ひとつはWindowsの場合は、例えばOffice 2000やWord&Excel 2003などのアプリケーションは基本的に活用できると思うのですが。つまり、私からみて柔軟性があるように思われるのですが!?Macの場合、実は有るCDエクストラの商品を買って持っていて、そのCDにおさめられている動画がクイックタイム対応で、Mac OS X Leopard で動画を観ようとすると・・・クイックタイムは起動せず、「クラシックのため観られません!」と言ったようなメッセージが表示されます。MacはOSのバージョンがアップした場合、個々のアプリケーションもアップさせなければならない代物なのでしょうか?そうなると、Windowsに比べて柔軟性・拡張性が乏しいように(悪意は無いのですが・・・)思われるのですが、如何なものか・・・教えて下さい。宜しくお願いします。

投稿日時 - 2010-11-14 00:14:27

QNo.6317765

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

Appleが作っているものは「文化」だ、なんていいますよね。
iPod,iPhone,どれかひとつでも使った人は一気にAppleにほれてしまうでしょう。
持ってるだけでおしゃれ、使っているだけでクール。そんなハードウエアApple以外にないですよね。
何のまねもせず独創性で文化を作る会社。すごいです。
元々PCのグラフィカルインターフェイス自体、MACOSをWindowsがまねして作っていたわけです。
でもWindowsは昔IBMが開発したPC/ATというアーキテクチャを使用しており、OSを作るMicrsoft、ハードを作る諸々のメーカーがひとつの基準にのっとって開発をしているので汎用性、互換性、拡張性が高いのです。値段も安くなる。
ところが、アップルのほうは、ハードウエアもOSも自社で設計し、作っていて、他社には作らせません。
だからこそ、独創的な製品を作ることが出来るのですが。
PCだけは職場とのOSのちがい、インターフェイスの慣れ、ファイルのやりとりとか、互換性を気にして、なかなか踏み込む勇気が出ないのも確かです。ソフト会社のアップバーションもMAC用は遅いです。
ファイルの互換性は大丈夫。って方向に一生懸命持って行こうとしていますが、フォントも違うし、100%はありえませんね。

投稿日時 - 2010-11-14 10:33:28

補足

素晴らしい!良くそこまでご存知ですね!僕の考えていた根底にあったものを、非常に分かりやすく的確に説明をされていて、本当に素晴らしい!この文章はプリントアウトして、残しておきます。半永久保存版です!どうも有難う御座いました。

投稿日時 - 2010-11-14 11:34:45

お礼

良き回答、有難う御座いました。分かりやすく、詳しい内容で大変勉強になりました。ベストアンサーとさせて頂きます。

投稿日時 - 2010-11-14 14:27:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

 OSのギャップで動かないものの説明は皆さんと同じです。ですからどの程度のギャップかのイメージですが、OS9とOSXのギャップはWindows3.1とWindows95程度の差と考えて下さい。と言っても経験無いでしょうから無理ですか(笑)
 OSX(10.0)初期のOfficeX(2001年)は今でも(10.6.5)でも何とか動きます(問題多いですが)。あなたのイメージする下位互換性は何年前でしょうか?

投稿日時 - 2010-11-14 09:40:14

補足

基本的にWindowsユーザーであれば、同じWindowsを使い続けていても、アプリケーションはWindows OSを選ばない。つまり、OSがバージョンアップしても対応していて、使い続けることが容易ではなかろうか?(特にMicrosoftアプリ)と思ったのです。もし、万が一MacのコンピューターのOSがバージョンアップしたならば、以前(少し前の)のアプリケーションに対応していない場合があるのかなぁ~と思っただけです。要するにWindowsのOSに対してのアプリケーションの多様性(アプリケーション・ソフトの量)はMacに比べて多いのではなかろうか?(まぁ~Windows対応のソフトが多く出回っている事なのでしょうが・・・)Macの知識の無い私にとっては、コメントしかねる内容ではあるのですが・・・。

投稿日時 - 2010-11-14 10:17:41

ANo.5

動くか動かないかはソフト次第です。
WindowsでもXPがSPからSP2になったらおかしくなった、というのはたくさんありましたし、VISTAでも7でも同様です。
要するに対応しているかどうかはOSに無関係にあるわけで、新しいから動くとか古いからダメということではありません。どのOSであっても、それに対応しているものなら古くても動き、対応していないものは新しくても動かないのです。
私のマックは最新の10.6ですが、8年前にインストールしたillustrator10がまだ動きます。会社にはoffice 2004、office2000、office Xが入ったマックもあります。
ですから柔軟性云々は「あなたがマックを知らないための誤解」でしかありません。

もしかするとそのCDには再生用のソフトが入っていて、そのソフト自体がマックOS9までしか対応していないのでしょう。動画ファイルを直接再生ソフトで動かせば再生されるかも知れません。ダブルクリックですと指定のソフトを起動しに行ってしまいますから、動画ファイルを右クリックし、出てきたメニューにある「このアプリケーションで開く」という項目を使ってみてください。

投稿日時 - 2010-11-14 09:12:27

ANo.4

ずっと国産機を使っている知人は「表計算はロータス123からマルチプラン、マルチプランからエクセルへと乗り換えを余儀なくされ、ワープロも一太郎からワードへ乗り換えてきたが、Macユーザーの同僚はずっとエクセルとワードで乗り換えることなく一本だから羨ましい」といっていました。

また多くの企業ユーザーがマイクロソフトのアップデータを信用せず、緊急を要するアップデートを促してもなかなかアップデートしてくれないというのはマイクロソフトの悩みです。事実、アップデートしたために特定のアプリやOSそのものが動かなくなることは良く経験することです。Macではその手のアップデートでアプリケーションやOSにトラブルが生じる事は殆どありませんから、多くのユーザーが自動でアップデートを受けれています。

クラシックというのはWindowsで言えば95以前でしょう。その時代のアプリはWindowsでも使えないものが山ほどあります。

ちなみに開発者にとっては確かに柔軟性に乏しい部分もあり、だからウィルスも作り難く、素人でも簡単に作れるWindowsと違い、1998年5月以来流行したことはありません。逆にユーザーにとっては一貫性があり、柔軟に使えるので、音楽家やデザイナーなどコンピュータのことを極力考えずに感性で使いたい人達は圧倒的にMacを使っているわけです。

投稿日時 - 2010-11-14 07:33:59

ANo.3

>Windowsに比べて柔軟性・拡張性が乏しいように(悪意は無いのですが・・・)思われるのですが、如何なものか・・・

そんなに大差はないと思います。
実際XPの販売期間が長過ぎたのでそう感じ易いのでしょうね。
大幅な切り替え次期の差もあるかもしれないですね。
windowsであれば95発売前後MacであればMacOS発売前後になるでしょうか?
Mac自体もクラシック(漢字talk)と現状のMacOSは元々が全く違う物ですしファミコンのソフトがwiiで動かない位の事と思います。

昔のwindows用もMac用もアプリを大量に持っていますが大差ないと感じていますよ。

投稿日時 - 2010-11-14 00:55:22

ANo.2

そのファイルのデフォルトで開くアプリケーションがOS9用のQuickTimeに設定されてるみたいです
OSX用のQuickTimeがインストールされてるはずだから右クリックしてアプリケーションを選べば開けるはず

投稿日時 - 2010-11-14 00:41:20

ANo.1

MacとWindowsの違いなら過去ログに腐るほど同じ質問が有ります。

>ひとつはWindowsの場合は、例えばOffice 2000やWord&Excel 2003などのアプリケーションは基本的に活用できると思うのですが。つまり、私からみて柔軟性があるように思われるのですが!

意味不明です。
OSやそのバージョンが対応していれば当たり前の話であって取り立てて柔軟性云々と言う話では有りません。
Macでも同じです。

>クイックタイム対応で、Mac OS X Leopard で動画を観ようとすると・・・クイックタイムは起動せず、「クラシックのため観られません!」と言ったようなメッセージが表示されます。

これはちょっと不可解です。
クラシックのため云々はそれが最近のMacの場合10年近く前のOS9(Classic)アプリケーションの場合起動出来ませんが、コンテンツなら(問題のファイルは拡張子が.qtか.movの筈ですが)関係ありません。
QuickTime対応なら当然QuickTimeで開けますし、対象ファイルをワンクリックしてアクティブにしてspaceキーを押せばQuicklookでそのまま視聴出来ます。
若し、そのファイルに拡張子が無ければ.movを追加してみてください。
OSX10.5以降Macも多くのファイルを拡張子で判別するようになってしまいました。

>MacはOSのバージョンがアップした場合、個々のアプリケーションもアップさせなければならない代物なのでしょうか?

このての質問があると「Macはアップグレードすると途端に動かないソフトが続出」という回答が有りますが、これはアプリケーション次第ですし、言われるほど動かないアプリケーションは少ないです。
私の環境ではどうにも出来ないもの(前述のClassicアプリなど)を除き殆どが動いています。

>Windowsに比べて柔軟性・拡張性が乏しいように(悪意は無いのですが・・・)思われるのですが

人それぞれです。
二十年近く使い続けていますが私は全くその様に感じた事は有りません。

若干主旨は異なりますが、Windowsからスイッチする方への参考になるサイトです。
http://nmuta.fri.macserver.jp/wintomac-index.html

投稿日時 - 2010-11-14 00:33:55

補足

言葉が足りなかったのかも知れません。柔軟性が無い・・・と言ったのは、Windowsの場合OSがXPやVistaやWindows7であっても、Office 2000やWord&Excel 2003を使う事が出来るのでは無いのか?と言う事。
それから、CDエクストラとしてMac OS X Leopard で視聴出来ないと言った代物は、2000年に発売された「Peter GabrielのOVOと言うCDです。」これに及んでは、若しかしたら、クイックタイムを起動する方法論を私が知らないだけかも知れません。(悪しからず)

投稿日時 - 2010-11-14 08:35:48

あなたにオススメの質問