こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

イカ飯チェーン店は牛丼屋みたいに成功しますか?

イカ飯チェーン店を立ち上げたいと思うとります。

成功するであろう自信は、イカが嫌いな日本人は極めて少ないし
多くの日本人は大好物です。
お祭り屋台でイカが飛ぶように売れているのをみても証明済みつまり
マーケティング済みです。

二番目に、醤油味は年齢層を問わずに広く受け入れられる食べ物です。
スパゲッティやピザなら特定の年齢層だけしか客にならないものではありません。

また、イカや醤油、ご飯など原価率は安いので儲けも大きいのも魅力的です。
肉の騒動のような食材に関する衛生面や供給面での事故やトラブルも少なそうに思えます。

牛丼屋のようにイカ飯屋をチェーン店としてやりたいと構想しとります。
まずは一店舗を成功させてその後フランチャイズの加盟店を募集して
儲けたいと考えとります。

この成功の確率は
どのくらいでしょうか?

また中国やタイや台湾などアジアで受け入れられる確率なども知りたいです。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-11-13 13:39:03

QNo.6316408

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

絶対成功します。是非立ち上げてください。
がんばってくださいね。


私自身はイカは好きではないので1年に一度食べるかどうかですが、私以外の日本人は全員イカが大好きで毎日のよう食べていると思います。

投稿日時 - 2010-11-14 02:32:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

No.13さんのあなたの答えを見てがっかりしました。

昔、東条英機が「戦争は気合で勝て」と言ってたのを思い出しました。
結果は誰もが知る所です。

No.13さんが少々感情的になったのは否めませんが、
説明できないものを全て根性論で押し通そうとするあなたもどうかしていると思います。

あなたは相談者であって、回答者はそれぞれの意見を言っていることに対して
敬意を払うべきです。

No.13さんの言われたことは正しいと思います。
もう少し綿密に計算をしなくては銀行もお金を貸してくれないと思います。

身銭を切って事業を展開する人は大体、想定外の事態に苦慮するものです。
新規事業の倒産件数は初年度は5%未満という数字がありますが、
5年後に生き残っている企業はわずか5%という数字を聞いたことがあります。

もう少し事業計画を煮詰めてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2010-11-17 09:54:43

ANo.13

>この成功の確率は
>どのくらいでしょうか?
少なくとも、今までの受け答えを読んでる限り数%以下だろう。

人件費や利益云々はすでに回答があるから別の方向で。

>お祭り屋台でイカが飛ぶように売れているのをみても証明済みつまりマーケティング済みです。
「マーケティング」を何だと思ってるの?
簡単なところから聞くけど、イカ飯って「どこでも」「どんな人でも」「いつでも」購入して食べるものなの?
「祭りを見たから大丈夫」とかって寝言のようなこと言ってるけど、
だったら「オフィス街」で販売したら、「どの時間帯」に「どの世代」の「どんな職種」の人が「どれだけ」購入してくれるの?
その人は週に何回イカ飯食べてくれるの? そもそもリピータになってくれるの?
また、別の場所-例えば工場地帯なら? 住宅街なら?
暑い日は? 寒い日は? 雨が降ったら? それぞれどれだけ売れるとデータから算出してるの?
そういったことを季節なども踏まえてチェックするのが「マーケティング」。
貴女の「マーケティング」では、損益分岐点はどこに設定できるの?
損益分岐点のついでに書けば、移動販売の諸経費は? 売れ残った場合の廃棄処理にかかる費用は?

外国に「日本~」なんて、それこそマーケティングも何もしていない…国なんか関係なく「消費者」を馬鹿にしているだけ。
「ものめずらしさ」から、最初は少しは売れるかも知れないけれど「マーケティング」を無視すれば後は……
どの企業だって国内の者をそのまま持っていっているところは少ない。その国にあわせて大なり小なり工夫している。

夢見るのはいいけど、商売の基礎をもう少し勉強したほうがいいよ。

#
生のイカの刺身は好きだが、イカ焼きやイカ飯は大嫌い。

投稿日時 - 2010-11-15 22:37:21

お礼

商売は気合だ!
イカ飯が食べれない人は日本人ではありません。

また、機会がありましたらよろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-11-16 20:59:47

ANo.12

No11です。
打開策なんですが、
いきなりの店舗を構えるのは少し困難な感じがします。
クレープ屋のような、お持ち帰りが出来たり、
その場で食べられるような感じにしてはいかがでしょうか。

いきなりの店舗だとテナント料に押しつぶされそうな気がします。
過疎化された場所に店舗を構えても客は集まりません。
人通りの多い場所だとテナント料が高いでしょう。

最低限の調理場と販売場所があれば販売かのうな気がします。
また、シート制限がない分回転数も多いかもしれません。
そうなるとサイドの餃子というのはどうかと思うので、
サイドの再検討が必要かと思います。

あと、「イカ飯」は意匠権が既についていると思います。
別名を考える必要があると思います。

駅前で持って帰れるなら、
直ぐに家で食べられる物なので、
「おいしい」という前提があれば
サラリーマンやOLにはやるかもしれませんね。

投稿日時 - 2010-11-15 12:38:09

お礼

先に書いたようにオフィス街で昼時や夜食の宅配配達も実施する予定です。
それ要員のアルバイトを6時間程度雇えばいいだけなので
効率がいいと思いませんか?

投稿日時 - 2010-11-15 21:53:50

ANo.11

店内は座る席がどれだけあって、
何回転させられるのでしょうか?

20席あったとして5回転させられたら、
一日の集客は100名ですよね。
100×380円=38,000円
その他粗利の高いジュース、
手作り餃子が売れたとして
一日の売り上げが5万円だとしましょう。

人数は何人雇うつもりですか?
あと、電気ガス水道代はどれくらいで見ていますか?

通常日本だと単価にもよりますが、
仕入れ、人件費で50%と推測した場合、
1日の粗利は25,000円です。

やれない数字ではないですね。
しかしこれは人を雇わないと過程した時の数字ですね。

日本では無理だとした場合、
イカはシンガポール近郊で取れるのでしょうか?
ちなみにシンガポールドルは今日のレートで1$=63円です。
シンガポールのファーストフード(ローカル地域では)3~4$で食べられます。
4$と考えた場合日本円で252円

イカ飯も380円出しては最初は食べるかもしれません、
しかし地域に根付いて一日100食以上売り上げられるかどうかが心配です。
シンガポールでは高い、早い、美味いとなってしまいます。
安さが売りならその時点でアウトです。

私が食べると考えた場合、
月に1回は食べません。
なぜならイカ飯は真空パックで売っているし、
外食してまで食べたい分野ではないからです。

それでも私は店舗出店されることを望みます。
この世知辛い世の中、そういうガッツを持った人がいないので
是非成功させてもらいたいです。

投稿日時 - 2010-11-15 12:03:22

お礼

私が想定している前提と大きな隔たりがあるように思うとります。

私はオフィス街に出店してOLやビジネスマンをターゲットとしとります。

宅配も考えております。

アルバイトを三名ほど予定するつもりです。

イカ飯は最強のファストフードとなると思いませんか?

投稿日時 - 2010-11-15 21:51:51

ANo.10

isf

イカ飯が380円?
牛丼が280円で売られてる時代に380円も出してイカ飯を食べたいという人は少ないでしょう。
中国やタイや台湾なんて何を夢見てるんですか。
その程度の認識では1店舗も成功できないと思いますけど。

投稿日時 - 2010-11-15 08:54:20

お礼

イカ飯のおいしさを教えてあげたいと思うとります。
美味しいよね♪

投稿日時 - 2010-11-15 21:47:56

ANo.9

イカ飯はいくらで販売する予定ですか
安ければいけるかも。

投稿日時 - 2010-11-14 19:08:25

お礼

戦略的かつ野心的な価格として380円を想定しとります。

おかずに
餃子もやりたいと思うとります。それは一皿6個で180円です。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-11-14 23:12:51

ANo.8

>もう実証済みのものにあえてお金をかけて調べる必要はないと思うとります。
え~と
>お祭り屋台でイカが飛ぶように売れているのをみても
これが実証データ?
アレはその場の雰囲気で買うからな。
普段イカなんてそんなに食べない。
牛丼屋と言っても牛丼以外にもメニューが豊富でいいけどピンポイントでイカなんてやったらまずだめだろうね。

>肉の騒動のような食材に関する衛生面や供給面での事故やトラブルも少なそうに思えます。
それと季節の物のイカを一年間常時同じ価格で仕入れてお客に提供できる?
スーパーに行けばわかると思うけど価格って時期によって違うよ。
大手は独自の専用のルートや大量入荷させることによって実現できるけどそれを大手以外では無理。
衛生面も安全性は無いよね。



>食べ物に飢えているシンガポール人や香港人なんかに
>日本ブランドなら飛びついてくると思うとります。
価格も現地に合わせると多分採算が取れなくとれなくなると思うよ。
それとも日本と同じ価格帯でやるつもり?それだと今度は売れないでしょうね。

投稿日時 - 2010-11-14 16:48:17

ANo.6

まずコケるでしょうね。
牛丼なんかと違って、そんなに頻繁に食べたいとは思いません。
年に2~3度食べれば充分でしょう。
チェーン展開を考えていらっしゃる様ですが、
食べ物屋はリピーターが命です。
年に何度か程度の需要ではとても満足な集客数は出ないでしょう。
お祭り等の非日常をマーケティングの根拠にしている時点で間違っています。
月に2~3度食べたい物だと思います?

それから、
イカ飯は牛丼よりも調理や出来上がり後の管理が難しいですよ?
火を通し過ぎるとすぐ固くなって美味しくありません。
保温はどうします?
駅弁は冷めた状態で食べる事を前提で作られています。
お客さんもそれを踏まえた上で買っています。
しかし、店舗内で食す事を前提としているのであれば、
冷めたものは食べてくれないでしょう。
かといって、注文を受けてから作っていてはとてもお客さんが待ってくれないでしょう。

事業を企画するのであればそこまでのプランが出来上がってからにするべきです。

投稿日時 - 2010-11-13 15:47:20

お礼

コンセプトは旨い安い早い
と飽きが来ない毎日食べれるです。

投稿日時 - 2010-11-13 17:29:50

ANo.5

間違いなくこけると思いますよ。


まず前の方も仰ってますがマーケティング済みとのことですが、あまりに雑かなと。


次いで、いかめしと牛丼を比較するのもちょいと無理があるかなと。


お祭りの屋台ならいざ知らず、フランチャイズ展開、海外出店とまではいかないでしょうね。


いかめしにそれだけの需要があるなんて到底思えないですし…

投稿日時 - 2010-11-13 14:59:54

お礼

日本がダメなら香港シンガポールやタイとかベトナムなら日本の高度なイメージがあるので
受け入れられると思うとります。

なにせ日本人ブランドは絶大ですからね♪

投稿日時 - 2010-11-13 17:31:11

ANo.4

イカ飯ですか、多分失敗するでしょうね

マーケティングしたと書かれていますが、ちゃんと買った人全員に購入した動機とかをアンケートでもとったんですか?

祭りでイカ焼きが売れるのはたまにしか開かれない祭りで珍しい物だからこそ、売れるだけです

たまに食べるからこそ美味しい品物が普段からあっても、誰も見向きしないのでは?

現にスーパーとかでイカ飯は普通に売っていますが、殆ど売れていないですね、逆に有名チェーン店が出している牛丼の元は結構売れています

投稿日時 - 2010-11-13 14:44:43

お礼

もう実証済みのものにあえてお金をかけて調べる必要はないと思うとります。

食べ物に飢えているシンガポール人や香港人なんかに
日本ブランドなら飛びついてくると思うとります。

投稿日時 - 2010-11-13 17:32:37

NO2の方と一緒でわざわざ食べに行かなくても良いかな!

投稿日時 - 2010-11-13 14:24:04

ANo.2

わざわざ食べたい種類の食事とは 思えんが

投稿日時 - 2010-11-13 14:13:39

こんにちわ。個人的な意見です!成功率は30~40%だと思います。理由はお祭りのイカはあれで祭りの雰囲気もあり売れるのであって皆がイカ好きとは限りません。私もイカは好きですが調理法によっては嫌な物もあります。イカ飯は苦手です!消化も悪いし。イカ飯よりイカを使ったかき揚げ丼とかのイカの唐揚げの方が売れると思います。すみません。。。あくまでも個人的な意見ですので

投稿日時 - 2010-11-13 13:58:34

お礼

イカ好きが多いと実感しました。

投稿日時 - 2010-11-13 17:28:49

あなたにオススメの質問