こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

過去20年(1990年ぐらい~2010年)の就活

今、卒業研究で資料として調査しています。
以下の質問に答えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

(1)学校(大学、専門学校など)は何年卒業か

(2)いつ頃から就活を始めたか
 自己分析もしていた方はそれも含めてお願いします
 例)大学3など年 10月

(3)主にどんな内容をおこなったか
 自己分析、他己分析、企業研究、資料請求、説明会 など

(4)就活をしている間に主に何を利用していたか
 例)就活サイト、就活情報誌、学校の就職課 など

以上の4つの質問です。
ぜひ回答お願いします!!

投稿日時 - 2010-11-10 17:44:32

QNo.6310284

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

1)90年代後半です。所謂ロスジェネのはしりです。

2)大学3年12月より開始

3)志望業界の決定・どうしてもやりたくないことの決定・資料請求・説明会

4)就職四季報、送られてくる書籍

ネットが無かったので随分アナログな活動をしていました。
今の学生さんは随分恵まれているなと思う反面情報処理能力に乏しい学生さんに
とっては情報の波に飲み込まれ自らを見失う危険も含みますね。

投稿日時 - 2010-11-11 11:13:37

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

90年から93年までリクルーターをやってました。その頃は青田買いの時期ですから、良い学生は1人で複数社の内定を取っていたと思います。ヒアリングは大学で何を学んできたのか、そこだけを集中的に聞きました。セレクション入学でなく体育会でもトップリーグで活躍しているレギュラー選手及び主将、副将、主務は3年生の3月に内定を出していたと思います。一般学生は国立旧一期校と早慶は3~4月には内定を出していたと思います。中途半端に会社の良い点を就活のために一夜漬け学生は、質問を浴びせ落とした記憶があります。同じ大学で経済論の昨日覚えたような自論を展開するならアルバイトを必死頑張った事を説明する学生を優先しました。

投稿日時 - 2010-11-10 18:21:54

お礼

回答ありがとうございます。
卒論作成にぜひ使わせてまらいます♪

投稿日時 - 2010-11-10 20:49:29

あなたにオススメの質問