こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

生後8カ月のメスのプードルについてなんですが

生後8カ月のメスのプードルについてなんですが

ご質問します。

私は現在、生後8カ月になるメスのプードルを飼っています。
つい可愛くて、沢山のおもちゃを与えたり高価なペットフードばかりを与えていたのですが、
ふと「これで良いのだろうか?甘やかし過ぎではないかしら?しつけはどうしたらよいのだろう」
という疑問がわきました。
もし躾けをするとしたら、どれくらいからが良いのでしょうか。
また、どんな躾けをしたら効果的なのでしょうか。

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2010-11-07 10:27:25

QNo.6302547

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

「犬を見れば飼い主がわかる。」とも言われますが、犬との生活は人間の言葉や人間の
常識が通じない「動物」という認識で、日々を過ごして行く事が必要だと思います。
そういった意味では、躾けは割と早い時期からで良いのではないでしょうか。

躾けについてはこれに限らず、書籍などでもたくさん出ていますから御一読されてはい
かがでしょう。

投稿日時 - 2010-11-07 22:16:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

たくさんのおもちゃや高価なフードをあげることが「甘やかし」だとは思いません。
どちらもワンコのためを思ってのことでしょう?
いろんなおもちゃで遊ぶことは脳に刺激を与えて知能の発達を促しますし、ワンコの健康のためにはそりゃ良質なフードをあげるほうがいいです。
そういうのは「愛情」だと思います。
「甘やかし」なのか「愛情」なのかを計るポイントはそれが本当の意味で「ワンコのため」なのかそれとも「自分のため」なのかを考えることだと思います。
「ワンコが喜ぶからお菓子を与える」とかは間違った愛情の典型的な例ですね。
また世の中には犬でも子供でも心配だからとつい過保護というか囲い込むような育て方をする人もいますが、これも本当にワンコのことを思っていたら、あまりよくないんじゃないか思います。
よく言われる「転ばないよう小石をよけるのではなく歩き方(と転んだ時の立ち上がらせ方)を教えよ」あるいは「プールに柵を設けるより泳ぎ方を教えよ」もしくはことわざでいう「可愛い子には旅をさせよ」・・・まあ言い方はなんでもいいんですが、本当にワンコのためを思うんだったらそういう育て方をするべきなんじゃないかな、と思います。
子供が引きこもりになったり非行に走る原因の根底にはたいてい親の無理解無関心があるそうです。
犬の問題行動にも言えるんじゃないでしょうか。
愛の反対は無関心。
過保護は一見愛情のようにも見えるけど実は無関心。
関心を払わなくていいように過保護にしてるんです。
(「心配してる」というより「信頼してない」に近い)
ワンコは囲いこまずに家でもフリーにして、積極的に外にも出かけていろんな経験をさせること。
そうすると必ずいろいろ「困ったこと」が起きて「躾」が必要になってきます。
そしてその時その時で必要になった躾をしていけばいいんじゃないでしょうか。
電気コードかんじゃいけないとか、道に飛び出しちゃいけないとか、とか危ないことを止めるのは基本ですが、家庭でのルールはその家庭によりますので。
外でつないで飼われてる犬と、室内で飼われてる犬とじゃ当然必要な躾も変わってきますよね。
逆に何も「困ったこと」が起きてないならそれはそれでいいんですよ。
手のかからない子もいますので。

社会や家庭内でのルールを教えるのが躾。
一方、目的を持って何かを教えるのがトレーニング。
家庭犬なら「お座り」「伏せ」「待て(お預けではない)」「来い」「つけ」くらいでいいんじゃないでしょうか。
「お手」とかは芸のたぐいだと思いますので、必ずしも必要というわけではないです。

あとは「犬は飼い主を映す鏡」だからいいワンコになって欲しければ、必要以上に厳しくして教育ママになるより、等身大の自分を知って自分の人格を磨く努力をするほうがいいです。
よそのワンコに会って「すごくいい子ですね~」と言うと「特別なしつけはしてないんだけど・・」と返ってくることがあります。
そういう場合は飼い主が立派な人なんです。
(ある程度自然にしつけてるんだと思うけど。意識してないだけで)
自分を棚にあげて相手にばかり「完璧な犬」を求めるのはワガママですよね。
多少困った所があっても、「自分が育てたにしちゃ上出来かも」と思って認めてあげることも必要なんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2010-11-07 20:42:32

Q、もし躾けをするとしたら、どれくらいからが良いのでしょうか。
A、次の3つ。

1、犬と楽しく暮らすために必要な躾。
2、隣近所に迷惑をかけないための躾。
3、公園などで犬仲間と談笑するに必要な躾。

 質問者が、公園などで犬仲間と談笑しないのであれば3は不要。1は、これ人それぞれ。2は、住環境で異なります。要は、どれくらいかは、質問者が必要と思う範囲ということですよ。

投稿日時 - 2010-11-07 13:10:38

あなたにオススメの質問