こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本人は英語大好き?

日本人は英語大好き?

こんにちは。毎度くだらない質問です
よく、フランス人は英語が嫌いなので英語を話さないとか聞きますが、必ずしもそうではないようです。フランス人の場合、イギリス人でさえフランスに来ればなるべくフランス語で話そうそうとする人が多いのに、日本人の場合は互いに外国語である英語で、しかもフランス人にはことさら分かりにくい英語で話しかけるので困惑するのだそうです。ただ、日本人のが英語で話しかけられて、英語が話せないことに引け目を感じる場合が多いだけのようです。

日本人は英語が下手だと言われますが、その割には英語が巷に氾濫しています。コマーシャルとか必要以上に英語を乱用しています。

日本人が英語を熱心に学び始めたのは明治になってからですが、当時は世界レベルではまだフランス語の方が若干強かった時期でした。おそらく、100年後にたとえスペイン語の方が英語より優勢になったとしても 日本人は英語を最重要視し続けるでしょうね。


それと、日本人は英語の学習熱も高いですね。韓国の方が高いかもしれませんが、特に
幼児から英語を覚えさせようとする親御さんは 成果はどうであれ 日本の方がずっと多いでしょう。日本人が英語を熱心に学習するのは、単に必要性だけでのためではないように感じます。

一方で、英語が嫌いだという人も それは英語という教科が嫌いなのであって、
英語という言語が嫌いな人は少数です。

そこで質問です。どうして、日本人はそんなに英語が好きな人が多いと思いますか?

投稿日時 - 2010-10-27 10:50:48

QNo.6278474

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

英語教育ビジネスの広告に乗せられているということに尽きると思います。英語教育は巨大なマーケットですから、関連ビジネスは何としてでも顧客を増やそうとします。英語が苦手な日本人は、これに乗せられているのです。また、近年、幼児の英語教育の広告が盛んなのは、小学校での英語教育の導入など、将来性が見込めるからです。世のお母さんたちもやっぱり子供かわいさのあまり、これにうまく乗せられているのです。

また、戦後の欧米追従の教育も理由の一つでしょう。欧米のものは何でも良い、と錯覚していることもあると思います。欧米人と英語で会話できたらカッコイイ、とか。

さらに、英語ができればお金儲けや出世に有利に働くと知っているからです。No.1さんが仰っているように英語は世界で最も力を持つ言語ですから。ただ、英語を武器にするには、英語以外の得意分野と、英検1級程度の英語力が必要ですが、そこまで到達する人はまだ少数派です。それは日本で生活する分には英語が必要ないからです。日本では、日本語で大学で勉強ができて、日本語で給料の良い職場に就職することが可能です。海外には英語圏でなくても、英語ができないと大学で勉強できなかったり、就職できなかったりする国があります(途上国に多いでしょう)。そういう国で立身出世したい人たちは何としてでも英語を身に着けようとします。英語が上達しないのは日本人が幸せな証拠です。…蛇足ですね。

上達しないがゆえに、英語に執着してしまう…そして、英語ビジネスの餌食となってしまう…幸せで哀しい日本人の生態が見えてきます。

投稿日時 - 2010-10-27 15:41:18

お礼

Thank you for your answer.

Hmmm... I'm afraid to say that your opinion is too banal and mediocre to comment on.

投稿日時 - 2010-10-27 18:45:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

>>日本人が英語が好きか嫌いかというより、世界で覇権を握っている国の影響で学ぶ言語も変わると思います。
>この質問のミソはここなんです。日本はアメリカが世界で覇権を握る前から 英語を最重要視してきました。。

英語の人気は不動かな?最近、中国語、韓国語学習者が増えた理由は?



>ですから、もし 遠い将来アメリカが世界で覇権を手放したとしても 日本での英語の人気は不動でしょう


I don't think so. You know, Just Japan is a colony of USA...That's why...と思うのですが?

戦後60年以上、日本はアメリカに負けて以来、教育からすべてアメリカに変えられました。
内緒だけどアメリカの実験場だと思います。ある意味、実質的には植民地でしょう。表向きには独立国家だけど。

だからこの間の尖閣諸島問題も中国は日本を相手にしてません。
アメリカの出方を見ています。

アメリカが日米安保条約に基づいてシャシャリ出ないよとピッツアリー賞を2回受賞した米国ジャーナリストがコメントした翌日に日本は中国人船長を解放しています。
つまり、日本に主権はありません。w

日本の失われた10年の理由は日本を動かしてる主体がイギリス(方式)からアメリカ(方式)に移ったからだとイラン人の友達は言ってました。(本当かな?w)

つまり、現在の日本で英語が不動に見えるのも世界で大いに嫌われているアメリカとイギリスの植民地だからだと思いますよ。

EUへ行けばイギリス人とアメリカ人は各国で嫌われているのが判るでしょう。
彼らがドイツなどで道に迷って英語で聞いても英語喋れないと教えてくれないそうです。
でも典型的旅行者の格好した日本人が英語で聞くときちんと教えてくれます。

そういえば、電車で知り合ったドイツ人旅行者にベルサイユ宮殿を一部屋、一部屋、英語で案内してもらいました。 



>そこで質問です。どうして、日本人はそんなに英語が好きな人が多いと思いますか?

アメリカに動かされている日本のマスメディア、教育産業、政治経済があるからだと思いますよ。

昨今の韓流ブームも将来的に朝鮮半島と日本を合併する計画の準備をしてるそうです。日本が朝鮮半島を将来に喜んで受け入れられるようにと。

中国語が流行った?のは仕事の為でしょう。
ロス・オリンピック(1984)以降、オリンピック開催地は商業的に成功し、それ以降もオリンピック・バブルが続きます。
シドニー・オリンピック(2000)以降、Sydneyは今だにインフレが続いています。
そして中国は北京オリンピック(2008)を前後に多くの金持ちが増え、今でも急進しています。

多くの外国資本が安い労働力の中国に投資しています。
台湾と中国の関係も経済界では良いバランスを保っています。


取り合えず、英語は英国により多くの世界各国の植民地化によってより大衆一般化されたことで学びやすく身に付けやすい言語なりました。
その上(英語が喋れることが前提)で、他各国の言語が要求されているのではないでしょうか。

おそらく、今の言語では英語が一番簡単に身に付きやすい言語だと思いますよ。(日本に滞在していては駄目ですが。汗。)

投稿日時 - 2010-10-27 21:22:18

お礼

こんなくだらない質問にお付き合い戴き恐縮です。

>最近、中国語、韓国語学習者が増えた理由は?
昔は英語の次に学ぶ外国語と言えば、ドイツ語とフランス語が第2外国語の定番でしたが、今では中国語と韓国語にその座を奪われてしまっていますね。昔は中国語は今ではすっかり人気のないロシア語よりも軽視され、韓国語に至っては見向きもされなかっただけに大躍進と言えます。教えて goo!でも独立してカテゴリーが出来ましたからね。そう言えば、私の住んでいる地域では 英語圏よりも中国や韓国からの観光客が多く、中国語や韓国語の通訳が大幅に不足しています。でも、だからと言って、中国語や韓国語の人気が飛躍的に高まるわけでもないような気がします。やはり、中国語や韓国語が英語に取って代わることはないでしょう。↓の質問を参考ください。私自身、英語よりも中国語が得意ですが...

もし、中学で英語の代わりに中国語を教えたら... http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3308634.html


>つまり、現在の日本で英語が不動に見えるのも世界で大いに嫌われているアメリカとイギリスの植民地だからだと思いますよ。
これって結局私が既に質問で書いた、「おそらく、100年後にたとえスペイン語の方が英語より優勢になったとしても 日本人は英語を最重要視し続けるでしょうね。」とも関係してくると思います。現に現在でも 日本はアメリカやイギリスの寄りの偏った視点で世界情勢を見つめがちですね。

>おそらく、今の言語では英語が一番簡単に身に付きやすい言語だと思いますよ。
これは少し疑問です。中国語は 発音が英語よりも難しいし、文法こそ英語より簡単なものの、あの膨大な漢字を覚えるのは 日本人と一部の韓国人を除けば 非常に難しいと思います。スペイン語は文法が英語よりも煩雑な部分があります。しかし、外国語を耳から覚える場合は英語の方が発音も難しく、発音と綴りのズレも大きいので 英語の方が苦労するかもしれません。

投稿日時 - 2010-10-27 23:04:32

ANo.2

 二つ理由が考えられます。

1。輸入品を、大切にし、芸術にまで高める文化を持っていること。例えば唐代の料理を輸入して懐石料理を作る、がぶ飲みすれば渇を癒すに十分なのを、茶道に高める。

2。見栄を重視する文化を持っていること。例えば、○○大学の入試に通れば、周りは天才だと思う。高級車、高級カメラ、ブランド物は、必要がなくても、持つ。

 外国語は輸入品、その知識は、周りに自慢できる。

 だから中身はどうでもいい。例えば仲介業者に金を搾り取られて英語圏に行き、韓国や中国の友人を作り、英語はちっとも上手にならないで、ホームシックのノイローゼになったことには触れず、帰国すると、「ロンドンは」「ニューヨークは」とまわりに自慢話が出来る。

>>そこで質問です。どうして、日本人はそんなに英語が好きな人が多いと思いますか?

 まあ上のような理由じゃないですかね。多分、間違っているでしょうけど。

投稿日時 - 2010-10-27 11:44:27

お礼

回答ありがとうございます。

日本人が英語を好きなのは、実用性だけのためだけではないと思うんです。

For example French stuff is appreciated by the Japanese. One reason is that it makes a more elegant image than British and American ones. However in general the Japanese prefer British and American ones. This is not only because of the superior utility of English. Do you know the other reasons?
By the way Spanish is a more useful language than French, but Spanish is less popular than French in Japan.

投稿日時 - 2010-10-27 18:32:22

ANo.1

とは言っても、やはり日本人は英語がヘタクソです。友人にフランス人やスペイン人、サウジ人、アルバニア人、教授でベルギー人がいましたが、訛りはありますが、やはり日本人より格段うまいです。彼らの母国語の大半がヨーロッパ系の言語であり、英語もその内の一つですから、我々日本人に比べると、英語習得はとても早いです。日本人は下手なので引け目を感じてやっぱりちゃんと勉強したほうが良いと思います。

日本というのは時代によって、有力な外国語が違います。それはそのときの世界の状況によります。平安時代は貴族たちは漢文を習いましたね。ザビエルさんが来日した大航海時代はスペイン語とポルトガル語を日本の皆さん勉強しました。鎖国中は世界最強だったオランダ語を勉強しましたね。幕末から近代の間はフランス語、ドイツ語、英語を勉強しました。第二次大戦後は専ら英語ですね。近い将来日本人は今度は中国語を学ぶかもしれません。

日本人が英語が好きか嫌いかというより、世界で覇権を握っている国の影響で学ぶ言語も変わると思います。もしパプアニューギニアが世界を支配しているのであれば、日本人はパプアニューギニア語会話を一生懸命勉強しているかもしれません。今使ってるカタカナも英語ではなく、パプアニューギニア由来が多かったはずです。

投稿日時 - 2010-10-27 11:14:06

お礼

回答ありがとうございます。

>友人にフランス人やスペイン人、サウジ人、アルバニア人、教授でベルギー人がいましたが、訛りはありますが、やはり日本人より格段うまいです。
cressonazさんのそれらのご友人は一部のインテリ層でしょ。ですから、フランス人やスペイン人にしても庶民レベルでは日本人より下手の人も少なくないはずです。しかし、日本はインテリそうでも英語の上手な人が少ないと言えるでしょうね。

>日本人は下手なので引け目を感じてやっぱりちゃんと勉強したほうが良いと思います。
質問も書きましたが、引け目を感じたから英語が上達するわけではないように思います。
日本人の場合、文法的な間違いのない完璧な英語を話そうとするので、臆病になり、これが上達の足枷になるようです。

>平安時代は貴族たちは漢文を習いましたね。
漢文を習う人は多くても、中国語を話せる人は極めて少なかったですね。

>ザビエルさんが来日した大航海時代はスペイン語とポルトガル語を日本の皆さん勉強しました。
いや、スペイン語やポルトガル語は盛んに学ばれていませんでした。むしろ、宣教師たちが日本語を熱心に覚えていました。そのころの日葡辞典はポルトガル人によって編纂されました。

>鎖国中は世界最強だったオランダ語を勉強しましたね。
いや、日本が鎖国中にオランダを交易国として選んだのは、スペインやポルトガルのようにキリスト教の布教に乗じて日本を植民地化しようとしなかったからです。当時、オランダは海洋貿易国として栄えていましたが、世界最強だったわけではありません。

>幕末から近代の間はフランス語、ドイツ語、英語を勉強しました。
確かに 英語、ドイツ語、フランス語が盛んに学習されましたが、今のように英語が別格的な位置にはなかったものの、やはり英語が一番人気があったようです。

>日本人が英語が好きか嫌いかというより、世界で覇権を握っている国の影響で学ぶ言語も変わると思います。
この質問のミソはここなんです。日本はアメリカが世界で覇権を握る前から 英語を最重要視してきました。ですから、もし 遠い将来アメリカが世界で覇権を手放したとしても 日本での英語の人気は不動でしょう。

>もしパプアニューギニアが世界を支配しているのであれば、日本人はパプアニューギニア語会話を一生懸命勉強しているかもしれません。
面白い仮定ですね。日本が世界を支配するよりありえなさそうですが。

投稿日時 - 2010-10-27 16:35:00

あなたにオススメの質問