こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

西部警察の事故について

自動車用品店でのロケで事故を起こして、結局、放映を中止にしてしまいましたね。楽しみにしていた方には気の毒です。

で、この事故の報道の中で、運転していた俳優は事故後、被害者の方に謝罪もなく、立ち去ったとのことです。が、いくら撮影関係者が対応したとしても、これは自動車を運転していた俳優の人身事故ですよね? これってひき逃げじゃないですか??

基本的には撮影関係者の責任どうのこうのじゃなく、交通事故で、運転していた俳優の過失だと思うのですが、違うんでしょうか???

気になってしょうがないので、教えて下さい。

投稿日時 - 2003-08-13 21:08:56

QNo.627083

g_g

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>人身事故ですよね
交通事故ではないでしょう。というのは.「道路」ではなく「駐車場」ですから。
しかも.撮影(という仕事)で.タレントの走る姿を見に来る人が撮影機材によって怪我したわけですから.それなりの「行事」です。

「本人の過失」を指摘するには次の用件が必要です。
「仕事中でないこと」又は.仕事上の指示に反した行為をしていたこと(技術が未熟てできなかったというのは.別。撮影しないで.食べ物を買出しに出かけていた等の撮影以外に常時していた事等です)
撮影の仕事に従事していて.たまたま.しこ゛とで動かしていた車が見物人に突っ込んでしまったわけですから.民事責任を本人にはほとんど追求できません。
ですから.
>撮影関係者の責任
がでてくるわけです。

例としては.
兵庫県の花火大会で押しつぶされて死んだ人がいますね。芯だ人の隣にいた人の過失は問われていません。問われたのは.通路を管理していた兵庫県等の責任が問われたのです。
札幌雪祭りの跡地の石像で遊んで死んだ子供がいましたね。あそばせていた人々の過失は問われませんでした。説像を放置した実行委員会の過失が成立しました。

投稿日時 - 2003-08-14 04:05:53

お礼

なるほど。
撮影者側の責任なのですね。

一方で過失の送検もある様なので、どちらかは今後の経緯を見ないと分からない様ですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-08-14 10:03:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

事故の映像をみましたが、あれはいったいなんでしょうか?
操作どうこうより、免許を持っていないのじゃないかな?という運転です。
過失ということで、ミスの起こった状況をはっきりさせてもらいたいと思います。
そう、人に怪我をさせていますので人身事故ですよね。
たまさか、車であっただけで、機材か何かで傷つけた場合と同じですよね。その時は「人」として普通謝るものですね。それが出来ないようでは、子供としか言えません。当然過失ですね。

投稿日時 - 2003-08-14 09:27:54

補足

みなさん、ありがとうございました。

初めは運転者の対応に、法的にも問題あり!と運転者のみの問題だと思いましたが、撮影状況的に運転者が誰であっても事故の起こり得る状況だった気がします。
そういう意味では撮影者側の過失の方が大きい気もします。
やはり、渡社長の対応はしかるべき対応であったのかもしれません。

見方を変えれば、俳優さんも被害者の一人かもしれませんもんね。

今後の成り行きを静観して、世間の判断を待ちたいと思います。

みなさん、ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-08-14 10:18:20

お礼

かなりお怒りの様ですね。(^_^;)

あの運転はありえると思いました。
慣れない大パワーの車で、曲がりながらダッシュするってのは、ああいう事故が起こる状況ですよね。
まして、迫力を出せ、と言われた、という状況から、ある意味、必然性があったのでは。

でも、それと、運転者自身が被害者を保護・謝罪することの意義は別ですよね。非難されることもしかたないかと思います。

おっしゃる通り、撮影中の器材による事故、とも言えますね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-08-14 10:18:08

ANo.7

>>で、この事故の報道の中で、運転していた俳優は事故後、被害者の方に謝罪もなく、立ち去ったとのことです。が、いくら撮影関係者が対応したとしても、これは自動車を運転していた俳優の人身事故ですよね? これってひき逃げじゃないですか??

謝罪もなく立ち去ったかという点については真偽のほどは確かではありませんが、法的には当該行為はひき逃げにはなりません。運転者には救護義務はありますが、俳優の使用者である所属プロダクションの撮影関係者が適切な措置を替わりに行っている以上、救護義務を怠ったとは考えづらいからです。

しかし法的に過失があることと道義的に過失があることとは別の問題です。例え俳優に法的過失がないとはいえ、質問者の方が過失があると考えるのは自由ですし、世間が俳優に過失があると評価したり、犯罪者であると罵られることについても仕方がないものだと思っています。テレビに出ている俳優というのは人から受けるイメージで食べているわけですから、仕事上で起こった事件事故についてとやかく言われてしまうのは職業の性格上仕方がないのかなと思っています。

なお、この件については被害者が処罰を望んではいないでしょうし、被害も軽微であったことなどを考えますと、せいぜい起訴猶予にしかなりませんので、俳優に容疑者という肩書きをつける必要も、そして呼び捨てにする必要すらも感じられませんね。

投稿日時 - 2003-08-14 09:03:15

お礼

なるほど。法的には問題ない、とも言える訳ですね。

法律にうといもので、直感的に問題では? と思ってしまいました。
本当に過失ではないのなら、世の中にはっきり分かる様にマスコミでも取り上げてほしいですね。俳優さんのためにも。

でも、被害者側が処罰を望んでいない、のは本当ですか? 骨折などは被害大だと思いますけど。私なら許せませんけどね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-08-14 10:09:08

ANo.5

法的なことは知らないけど、僕は俳優は全然悪くないと思いますけどね。通常と違う癖のある車をスタントマンではなく俳優に運転させて、導線付近に観客を入れていた事が馬鹿なんじゃないでしょうか?

投稿日時 - 2003-08-14 02:05:59

お礼

確かにロケという通常とは異なる状況から、撮影関係者の処置の問題も大きいとはいえますね。

でも、俳優が全然悪くない、というのは? そうなのでしょうか。
逆に言えば、この場合、俳優が免許を持ってなくてもOKということでしょうか。
全ては撮影側の問題と。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-08-14 10:01:19

業務上過失傷害であるのは明らか。
新聞でも被疑者の俳優をさん付けしてましたね。
どういうつもりなのでしょう。

投稿日時 - 2003-08-13 23:43:46

お礼

はっきりと業務上過失との送検がなされるか、新聞もわからなかったのでしょうか? でも、容疑者なら「さん」付けしないでしょうからね。マスコミもいい加減な対応と言いたくなりますね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-08-14 09:58:20

ANo.3

たった今、テレビのニュースで
「この俳優を業務上過失傷害の疑いで近く
書類送検する予定」とアナウンスしていましたよ。

また渡哲也社長とともに被害者の入院先に謝罪に
行ったようですね。

参考URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030813-00000513-yom-soci

投稿日時 - 2003-08-13 21:35:07

お礼

やはり、業務上過失ですか。

渡社長の対応は好感がもてますね。
でも、被害者の方がどの様な事を言ったのか興味あるところです。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-08-14 09:55:31

ANo.2

道徳的には許される事ではないでしょう。

ですが、撮影現場という事と、撮影現場は道路交通法が適用される場所ではなかったようですね。例えば、駐車場とかですね。

私有地では道路交通法は適用されません。今回の場合も適用はあいまいになるでしょうね。

ひき逃げにはなりませんが、道徳的には厳しく糾弾されるでしょう。

投稿日時 - 2003-08-13 21:29:49

お礼

駐車場は道交法が適用されないんでしたか。

確かに、状況から難しいところかもしれませんね。
でも、やっぱり、非難されますよね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-08-14 09:30:05

ANo.1

もちろん俳優の過失だと思います。
謝罪はしなかったのではなくて、できる状況ではなかったのだと思います。
スタッフは俳優と観客の安全を確保するために必死だっただろうし、俳優は驚いて余裕がなかったと思います。
渡哲也さんは、俳優の過失は石原プロ全体の過失だと考え製作を中止したのです。
残念に思う方も多いと思うのですが、そのまま撮影を続けていたら非難の声があがることは目に見えています。
賢明な決断だったと思います。
その損害は計り知れないものなので、俳優は身にしみて痛みを感じていると思います。
きっと俳優生命は絶望的でしょう。

投稿日時 - 2003-08-13 21:26:40

お礼

ありがとうございます。

確かに余裕がない状況だったのでしょうね。
しかし、個人の責任として、そのまま立ち去るってのはまずいですよね。

渡哲也さんの判断には、敬服するものがあります。中止による損害は多大でしょうから、勇気ある決断かと。

俳優生命が絶望かどうかはわかりませんが。その内、ひょっこり復帰する様な気も・・・。

投稿日時 - 2003-08-14 09:27:57

あなたにオススメの質問