こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語 言葉のキャッチボール

英語 言葉のキャッチボール

長年英語を勉強しています。最近どうしても越えたい壁が超えられずに困っています。
具体的に言うと、ネイティブスピーカーと一緒にいる空間の中で、うまいことを言ったり、
会話と会話の間を埋める際にちょうどいい言葉の選択ができず、ちょっと沈黙になったりすることです。
例えば下記のような状況があったして、日本語だったら' 'で言うような言葉を放つことによって、
相手が笑ったり、そこからまた別の会話が始まったり、または周りが’あっ、こいつこのテレビ楽しんでいるな’
というメッセージになったりすると思うんです。

状況1:
衝撃映像を見ていて、レース用ボートが粉々になる
’え、粉々じゃん!’

状況2:
自宅の犬が食事をする度に寄って来てねだるのを見て
’図々しい犬だなー’

状況3:
政治家のニュースを見ていて
’人の上に立つのって大変だね’

状況4:
面白い映像を見て
’いやー、マジあり得ねー’

状況5:
レストランである子供が、‘さっきガソリンスタンドで25度って言ってた‘というのを
聞いていたウェイターが’よく覚えていたね。’

状況6 :
’はぁー、ってかもう全くやる気ないんですけど。明日の試験’

状況7 :
目の前の犬を見て(冗談で) ‘こいつの腕切り落としてやろうかな。’

ある映像をYou tubeで見ていたときにネイティブの友達が
'it's amazing what money can do ' と言いました。
それはその映像が美容整形に関するものだったからです。
このような一言(つぶやきの様なもの)を自然と口にすることによって、
コミュニケーションというか、沈黙だけではない(映像だけみていて、何も言わないではない)
空間を想像できると思うのですが、どうやったらこんな風に、適当なフレーズが言えるようになるのでしょうか。

上記の発言に対する私の応答は ' yeah, I know ' くらいなものでした。

ネイティブと一緒にいると、そのspeakingを聞いていて、’そうそう!俺もそういう風に言いたいんだよなー。’
という状況ばかりで、’日本語だったら俺もそんな風に面白く言えるのに、ちぇっ’といつもどうすればーと
考えてしまいます。
私の場合、上に書いたように、もし必要な表現が最低日本語ででも出てくるようならそれを適当に意訳して口に出したりするんですが、
英語モードに入っている時って、なんと表現すればいいのでしょうか、頭の動きが鈍くなっていてさらっとうまい言葉が出てこないんです。で相手のうまい表現を聞いた後に’そうそう。そんな感じでいいたいんだよねー’ってなってしまいます。

それと似たような話なんですが、スーパーでレジ並びをしているときに、たまたま後ろの人の商品が私のものとして
カウントされそうになって、 ' maybe you can buy it for me ' といいながら、ちゃんと取りました。私としては
面白くともなんともないので’はぁ?’という感じでしたが、私の取った反応は、苦笑いしただけでした。これもなんか
うまいことを言うことによって、その後の変なawkwardnessみたいのを取り除けたかなーと思ったりしました。


ちょっとわかりにくい質問なのですが、どなたか知恵を貸して頂けないでしょうか。

投稿日時 - 2010-10-14 21:23:09

QNo.6250380

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

No.3です。補足がありましたので2つほど。

1.ボソっと独り言をつぶやけば言葉のキャッチボールに発展するようなイメージをお持ちかもしれませんが、それはちょっと違うかもしれません。

あなたがネイティブの友人のつぶやく"it's amazing what money can do"にいちいち感心するのは、あなたが外国人で英語を学んでいる身だからでしょう。

ネイティブからしたら、もしかするとこんな発言は全然面白くも何ともない発言で、もっというと、どうリアクションをとっていいのか分からないかも知れません。例えば、結婚後何年もたって夫婦仲も冷え切ってしまった夫婦では、夫がこんな独り言をぼやいても妻は無視するかも。

そんなもので無言の空間を埋められるとは思わない方がいいですよ。もちろん埋められる場合ももしかしたらあるでしょうけど。

やはり会話にしたいなら、ひとりごとではなくて、せめて付加疑問文にする必要があるでしょう。
It's amazing what money can do, isn't it?
Year, it is.
みたいな。

ここに一つの答えがありますね。つまりまず最低限あなたは付加疑問文を話さないと行けないのです。でも上記の会話もYeah, it is.で終わってしまうかもしれませんね。

話しはちょっとそれますが、あなたは相手の話しを聞くときにOh, you do.とかOh, you didのような受け答えをちゃんとしていますか?
例えば
(相手) I like to watch baseball games on TV. オレテレビで野球見るの好きなの。と言われたら
(あなた) Oh, you do. あーそうなの。
(相手) Yeah.
みたいな。たったこれだけでも結構難しいと思います。

2.結局、あなたの問題はぱっと感じたことがそのまま英語にならないことではないかなーと想像しました。
もしそうだとしたら、最初は喜怒哀楽と驚きをストレートに(日本語を介さないで)英語で表現することからスタートするしかないように思います。

いろいろ偉そうなことを書きましたけれど、かなり高いレベルの悩みだと思いますね。頑張ってください。

投稿日時 - 2010-10-15 19:46:59

お礼

またまたアドバイスありがとうございます!

>やはり会話にしたいなら、ひとりごとではなくて、せめて付加疑問文にする必要があるでしょう。
It's amazing what money can do, isn't it?
Year, it is.

これを見た瞬間、’あっ、そういえば、その友達は付加疑問文でそのフレーズを放った’ことを思い出しました。
確かに、このケースではせめて付加疑問文じゃないとなんか、conversationっぽくないないですね。(キャッチボールになってない。)

>話しはちょっとそれますが、あなたは相手の話しを聞くときにOh, you do.とかOh, you didのような受け答えをちゃんとしていますか?
例えば
(相手) I like to watch baseball games on TV. オレテレビで野球見るの好きなの。と言われたら
(あなた) Oh, you do. あーそうなの。
(相手) Yeah.

はい。しています。
が、really とかdo you ? とかの定例的な返しから、speaking of which, ブラブラブラーみたいにドドーっと会話に勢いをつけれるようになりたいなーと欲張っているところです。。。。

>2.結局、あなたの問題はぱっと感じたことがそのまま英語にならないことではないかなーと想像しました。

そうです!ここです!ご指摘どうもありがとうございます!
これはどんどん自分でテレビみたりネイティブみたり、表現学んだりして頭に回路作っていくしかないのですね。。。(意識して。)
きれいな川をみて、beautifulって形容詞が思い浮かんでも、’えっ、でもbeautifulってなんかつまんなくない?他の言葉を探そう’とかしてタイミング合わなくなったりしているんですが、結局、頭にパッと出てくるストックにその言葉しかないからそうなるんですよね。だからもっとinput増やすようにしていきたいと思います。(まあきれいな川見てbeautifulって言うことは全然普通だと思いますが。)

願わくは、ネイティブが3人くらい座っているテーブルで自分から会話作っていって、みんなにこっちから出したトピックで話し続けてもらったりしたりして、かつreally とかI c とかで聞いているだけ状態じゃなくて、がんがんこっちも参加できるような感じにしたいのですが、実際は二人以上のネイティブが同時にいるとビビってしまって口数少なくなってしまっている状態です。。。もっと努力と場数が必要ですね。。。

何度もアドバイス本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2010-10-15 21:28:06

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

ノンネイティブ but 英語圏在住です。
ボクは知らない人でもそこそこ笑わせられるし、知っている人なら普通にからかい合うこともできるようになってきました。

日本語って表現力豊かですよね。あなたの設例だけでも
・じゃん
・だなー
・いやー
・はぁー、ってか
・かな
なんて言い方ができる。これでなんとなく面白いことを言っている気になります。これらの表現をやめてみてください。あなたの言っていること全然面白くないですから(ずけずけ言ってごめんなさい)。

英語ではこんな言い方なかなかできません。

その代わりに別の観点で彼らは面白いことを言うわけです。よって英語で面白いことを言いたければ日本語で物事を受け止めることをやめなければいけません。

「じゃん」や「かな」なんて感じ方ではなく、英語なりの感じ方に慣れないと。

あなたの言う<英語モード>のままで24時間過ごしてみる。そうするとうまく言葉が見つからずもどかしい思いをするはず。そこから本当の勉強が始まるのだと思いますね。

ボクも最初のころはあれこれ考えては「こういうことを言いたいんだが近い表現はないものか」と会話表現集から借りてきてみたりインターネットを検索してみたり。そうやって見つけたうまい表現はメモって置きます。

あとはネイティブとの会話を実際にして自分の実力を試す一方で、相手のギャグやセンスを盗んでくる。そんなことをしばらくやっているうちにだんだんとセンスが身についてきます。

その繰り返しですね。一朝一夕ではとても解決しません。ボクも相手を笑わせられるようになるまで一年くらいはそんなことをやっていたことがありますし、今でも続けています。ただ単語を覚えたりする無味乾燥な作業と違って楽しいですよ。実際に相手にウケたりするとね。英語で考え続けるのも大して苦にならなくなりました。

質問者様も英語モードに入ることを身に着けているならその入り口には立っているのでしょう。
もうちょっとだと思いますので、頑張ってください。

投稿日時 - 2010-10-15 06:41:44

お礼

回答どうもあいがとうございます。

質問の際に’面白く’という言葉を連発してしまったので、まるで質問の内容が’英語で面白い人になるにはどうすればいいのか?’といっているようにみなさんに聞こえてしまったようです。全くの誤解です。例で上げた7つの状況ですが、見て頂ければわかるように別に受け狙いの回答例を出したのではなくて、言葉のキャッチボールをする上で、多分日本語だったらこんな風に’相手に反応を見せて’会話が続くと思うのですけど、その適当なフレーズが’っぽん’と出るプロセスっていうのはどんなものなんでしょうか?(もしそこで何も言わなかったら、沈黙の空気が怖い。)といったものでした。そういう意味ではNo2さんが回答して下さった際につけたリンクに近いような感じの(イメージの)質問で、わかりにくい質問になってしまいました。

アドバイスどうもありがとうございました。

投稿日時 - 2010-10-15 14:26:04

そういうのが全部スラスラできたら、それこそネイティブ並みでは。
ネイティブ並みまで行かないとしても上級レベルであって、しかも使い慣れてる場合でしょう。それが出来れば誰も苦労はしない。

' maybe you can buy it for me '

これを読んで、うまいこと言うな、と私は思いました。英語的ですよね。
とりあえず笑って受けるだけでも良さそうな気がしますが・・・・・・。
「面白くともなんともないので’はぁ?’」と感じたなら、英語力の問題より感覚の問題だったのかも。

相槌とか決まり文句的なものをストックしておいたらいいのではないでしょうか。
それと、適当に言う以前に、ゆっくり考えたら状況1-7は片付けられるのですか。
普段から頭の中で練習しておくとか。。。

人のことは全然言えないんですけど。たぶん私のほうが質問者さんより喋れないのかもしれません。
でもあんまり難しく考えなくてもいいような気もするのですが。

参考URL:http://www.hbs.ne.jp/home/saso/toeic%20item161.htm

投稿日時 - 2010-10-15 00:10:07

ANo.1

ああ、わかります、わかります! 私もビミョーに悩んだことがあります。で、私は自分のユーモアをそのまま英語に置き換えようとしているのが問題なのだと気づきました。

ユーモアほど文化と結びついているものも珍しいです。文章では、わかりやすく例を示すことがなかなかできないのですが、例えば、明石家さんまさんの面白さを関東弁で再現しようとしたり、DAIGOさんの面白さを東北弁で再現しようとしても、なかなかできるものではないんです。あのユーモアは、あのかたたちが、それまでの人生で培ってきたリズムや人となりからわきでているものであり、そこには、あのかたたちが若い頃から使っていた言葉遣いもしみ込んでいるのです。

ところで、私は子供の頃にアメリカで暮らしながら流暢な英語を身につけたのですが、当時は面白い人ではありませんでした。私が面白い人になったのは、のちに東京で日本語を使って暮らしながら社会人をやっていたころなんです。で、「私は面白い人なんだから、得意な英語でもこの面白さを出せるはずだ」と勝手に思い込んでいたのですが、そうはなかなかいきませんでした。

それはなぜか。英語の文化の中での面白さを培っていなかったからなのです。そこで私は、まずは「自分は英語でも面白いはずだ」という考えを捨てて、英語で面白いことを言う人たちを、いちから観察しながら、その面白さを吸収するようにしました。そして、ようやく少しは、英語でしゃべっていても、日本語でしゃべるときと同様程度には人を笑わせられるようになりました。

今回のご質問に対して、例えば、「状況1は"Wow, it's broken into pieces!"と言えばいいですよ」と言うのは簡単です。でもおそらくそれだけでは、ユーモアを醸し出すリズムといいますか、厳密には“心意気”を再現できないと思うんです。おっしゃるように、ネット映像でも生身の会話でも何でもいいからたくさん聴いて、あの“間合い”をものにするよう頑張るといいんじゃないかと思いますよ。

ちなみに、そのスーパーの一件などは、頭の回転が速くないとなかなか難しいと思います。今日も私は(日本の)八百屋で250円の買い物をするのに、「ごめんなさい、細かいのなくて」と1万円札と50円玉を出したら、店主に「こういうの集めてんだよ」と言われ、何も返せずに、ちょっと自分、マヌケだなと思っちゃいましたが、こういう“高度”なギャグを言われると、考えてるうちに機を逸してしまいますよね。質問者さんは、そこで笑ってあげられただけ素晴らしいです。

投稿日時 - 2010-10-14 22:20:45

お礼

ご回答どうもありがとうございます。

質問に’面白く’と連発してしまったので’英語で面白い人になるためにはどうすれば?’のように聞こえてしまったようです。ただメインの質問は会話を続けるため(キャッチボールするため)に間、間にうまくフレーズを入れて、会話を続けたり、また相手に聞いているよというのを伝えるために、うまーく言葉を紡ぐ能力が英語になると著しく低下するのにどうすればーといったものでした。

日本語では面白いのにという考えを捨てて、英語で面白い人バージョンを構築する必要があるのは全くその通りだと思います!日本語で考えた面白いことが、英語人にはつまらないという単純なものではなく、日本語で出たギャクを会話の時点で考え直したりした時点で、そのギャクの賞味期限みたいなもの切れますもんね。そもそも日本語で普段みんなが面白いことを言い合っているのも、とあるドラマから来ていたり、様は自分で開発したものじゃなくて誰かがいった面白い表現真似てたり、小さいころに誰もが見ていたコーマーシャルの変な言い方を日常会話で使ってみたりと、文化の中で生まれてくるものですから、やはり英語に関して面白い感じにするためには、彼らから学び真似るしかないですよね。

(最近Gleeに(アメリカのドラマです)にハマっていて、Stantana とかTerryみたいな毒舌の人を見ると笑いが止まりません。でもあれを日本語で言っても多分面白くない。。。。)

どうもご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-10-15 14:41:10

あなたにオススメの質問